Begin

Begin

定番の教科書

定番の教科書  | 2016.12.07

カーゴパンツのポケットは何のためにあるの? ‐「軍パン」の教科書

SHARE

HISTORY

穿くだけで着こなしに男らしいテイストを添えることができるアイテムとして、ファッションの世界ですっかり定番と化した感のある軍パン。しかし、元来それは“着る道具”ともいうべき軍用品。それだけにその実体はジャングルのごとく奥深いのだ。

軍パンとは何か、をひと言でいえば、フラップ付きの大型パッチポケットを備えたパンツということになろうか。このいわゆるカーゴポケット付きのパンツが、それだけで男らしく見えるのは、軍パンが元来、生粋の戦闘服だったからにほかならない。

すべての軍パンの機能は生き残るためにある

定番アイテムの基礎知識

【軍パン】

●野戦用のミリタリーパンツ。
●近年ファッションアイテムとして人気の、カーゴポケットを含む6ポケットのものが代表的。

 軍パンとは“軍用パンツ”の略称であり、広義では世界中の軍隊が軍用に開発したすべてのパンツが含まれる。だが、現在ファッションシーンで軍パンといえば、大半がカーゴポケットの付いたいわゆるカーゴパンツを指す。
カーゴポケットの起源は1942年、アメリカ陸軍の空挺部隊が採用した降下用戦闘服、通称“パラトルーパー”といわれている。空挺部隊はパラシュートを装備して航空機から降下するため、バックパックを背負うことができない。その代わりに考案されたのが、装備品を収める大容量を備えたカーゴポケットだった。つまりそれは戦場で生きるために必要な機能であり、実用性に特化したディテールだったのだ。
以降もカーゴポケットは多くの軍用パンツに採用されたが、その完成形と称されるのが1951年に登場した米陸軍のM-51である。大型のカーゴポケットを含む6ポケットデザインを確立したモデルであり、改良を重ねつつ長年採用され続けた傑作だ。その機能が集約された骨太なデザインは、1980年代後半よりファッションとして注目され、軍の放出品を採り入れるスタイルが登場。そんな6ポケットのカーゴパンツに加え、現在は世界中のブランドが多彩なモデルを基にした軍パンをリリースしており、ファッションに欠かせないアイテムとなっている。

写真/大嶽恵一 文/竹内虎之介、竹石安宏(シティライツ) スタイリング/小孫一希 取材協力/菊月俊之

本記事に掲載されている商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として雑誌Beginの連載に掲載された当時の情報となり、現在の仕様や価格、情報とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

カーゴパンツのポケットは何のためにあるの? ‐「軍パン」の教科書

  • HISTORY
    軍パンの歴史を見てみよう
    穿くだけで着こなしに男らしいテイストを添えることができるアイテムとして、ファッションの世界ですっかり定番と化した感のある軍パン。その歴史を辿ります。
  • MASTERPIECE
    ナイジェル・ケーボン
    大傑作であるヴィンテージのM-51をベースにアレンジを利かせた一本は、傑作軍パンへの愛と敬意が凝縮されている
  • Q&A
    アウターにも「M-??」があるのはなぜ?
    M-51やM-65なんて聞くと、なかには「それってミリタリージャケットの名称じゃなかったの?」と思う人も。もちろん間違いではない。じゃ、なんでパンツが同じ名前なの?
  • MODEL
    教科書に載せるべき街穿き軍パンの歴史的傑作モデル10選
    M-51をはじめ、多彩なモデルをベースにした軍パンを厳選してご紹介! ファッション的に要注目のモデルが目白押し!
  • COLUMN
    部隊によっても違う軍パンの仕様
    ヘリクルー、山岳部隊、海軍......部隊によっても軍パンの仕様はさまざま。部隊ごとの特徴を解説!

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 4226フォロー

  • 9454フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP