フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

丸コバ仕上げ 革小物 代表ブランド ラストクロップス

1209g_ma01_img01

通常の平コバよりも手間と熟練の技が必要

革小物のコバを丸みのある形に仕上げる技術。一般的に革小物のコバは、革を裁断した際に切り目がフラットになり、その切り目を直線的に整える平コバがほとんど。だがこの丸コバ仕上げは、カンナがけの段階である程度丸みをつけ、さらに丸溝のあるバフマシンで研磨する。そして染料を塗り、乾燥後に木製のヘラで磨く作業を繰り返してキレイなアールができ上がる。当然手間もかかるうえ、美しい丸みを作るための熟練した技術を要する、まさに職人魂を感じるディテールなのだ。

この丸コバ仕上げといえば、男らしいインパクトのある革小物や鞄を手掛けるブランド「ラストクロップス」のお家芸。写真の財布を見てもわかるように、肉厚で曲線的な革のパターンを丸コバで仕上げ、他にはない曲線美を楽しむことができる。

1209g_ma01_img02

ラストクロップスの代名詞ともいえるこの肉厚な曲線美。直線的な平コバ仕上げの革小物とは、まったく別の魅力がある。写真はラストクロップスの革小物職人、鴻野敏之氏の丸コバ仕上げの様子。

1209g_ma01_img03

肉厚なオイルドコードバンを使用した3つ折り財布「アンカーS」。W13×H9.5cm。

※本記事に掲載されている商品の仕様などの情報は、原則として2012年Begin9月号の特集に掲載された当時の情報となります。現在の仕様や情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 前のページへ
  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ