シップス×Begin

中縫い ファッション 代表ブランド ループウィラー

1209g_na01_img01

フードがピーン!と立って首回りの表情が俄然豊かに

2枚の生地それぞれをへり返しして側線を揃えたうえで、縫い代を内合わせにした状態で縫合する仕立てのこと。縫い糸が隠されるため、品のよい表情になるうえ、その中縫いの部分が芯となり、生地に張りをもたらしてくれる。

旧式の吊り編み素材を採用した「ループウィラー」のこのスウェットパーカでは、フードに中縫いを導入。これが衿先まで伸びたハイジップと相まって、フードに立ちのよさをもたらしている。結果、首回りを立体的にでき、後ろ姿もダラ~っとならない上品スタイルが完成するのだ。

1209g_na01_img02

フードのエッジは2つ折り(左)が一般的だが、「LW190」では中縫いを採用(右)。ハイジップとの相乗効果もあり、これが立ちのよさをもたらす。
旧式吊り編みスウェット「LWライト」採用モデル「LW190ハイジップパーカ」。

※本記事に掲載されている商品の仕様などの情報は、原則として2012年Begin9月号の特集に掲載された当時の情報となります。現在の仕様や情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 前のページへ
  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ