wook vol.8

ぷっくりベルトループ ファション 代表ブランド ウエアハウス

糸の擦り切れを防ぐ当時のアイデアから誕生

1950年代頃のデニムに採用されていた仕様であり、堅牢度の低い綿糸を使っていた時代に、糸の切れを防ぐために生み出されたもの。また膨らみにより中央部がキレイに色落ちするという効果も得られる。

そんな時代背景を考察し、「ウエアハウス」では当時と同じような山高ベルトループを再現。古きよき雰囲気を感じさせる仕様なだけに、ヴィンテージ好きなら要注目。

1209g_ha07_img01
1209g_ha07_img02

糸の切れを防ぐためのぷっくりした膨らみは、穿き込んでいくと中央部のみ強く色落ちして、絶妙なアタリが出る。

当時と同じ折り返しと縫製で、ループ中央の凸部を再現。

※本記事に掲載されている商品の仕様などの情報は、原則として2012年Begin9月号の特集に掲載された当時の情報となります。現在の仕様や情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

  • 前のページへ
  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ