WOOLMARK COMPANY

サロモンのスピードクロス アークテリクスのウインドシェル

ハイテクの“黒”とクラシック服の蜜月

サロモンの代表作、スピードクロス。ウインドシェルの最高峰、アークテリクスのスコーミッシュ フーディ。真価を発揮するフィールドはトレイルランですが、ミニマルな黒は着こなしでも超一流です。

サロモンのスピードクロス アークテリクスのウインドシェル

鍵となるのは、超ハイテクなギア感を和らげるクラシック服との調和。フィールドではレトロなブルーショーツが、ソリッドな黒の両作をシックに見せます。

街で使うならスピードクロスは白のワークパンツでハイテク感を和らげつつ、無骨なアイテム同士で馴染みがいい。

スコーミッシュフーディは玉虫色のステンカラーコートを羽織るとハイテク×クラシックのコントラストが新鮮! ハイテクギアがクラシック服の男臭さをフレッシュに見せる効果もあり、互いが引き立て合う関係も蜜月です。

ストリートでも大人気の傑作トレランシューズ

SALOMON サロモン スピードクロス 5

SALOMON[サロモン]
スピードクロス 5

初代が2006年に登場するとトレランシーンを席巻。優れたグリップ、ワンタッチでアッパーをホールドするクイックレースが支持され、欧州だけでもシリーズ100万足以上を販売している。1万6500円(サロモン コールセンター)

ハードシェルに引けをとらないレジェンド

ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ

ARC’TERYX[アークテリクス]
スコーミッシュ フーディ

アークテリクスが自らレジェンドアイテムと位置付ける名品。非常にしなやかで軽量ながら丈夫、防風性と透湿性を備え、幅広いアクティビティやコンディションに対応する。2万4200円(オッシュマンズ 原宿店)
 

[TRAIL RUNNING]あらゆるトレイルを難なく滑走できるミニマルスタイル

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ

スマートな印象にしたいなら、ブラックとブルーのクールなカラーリングでまとめるのが吉。ブラックで挟まれたブルーのショーツはアクセントにも。サロモンのショーツ4290円、同バックパック1万8700円、同キャップ4180円(サロモン コールセンター) ソックスはスタイリスト私物。

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ
ハイテクなランニングパックも黒で揃えるとスタイリッシュ

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ
レトロなブルーが黒と相性のいい差し色に

[TOWN]極薄シェルと玉虫コートの好コントラスト!

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ

スコーミッシュは薄手のソフトシェルでレイヤードがスマートに決まる! キャプテンサンシャインのコート9万9000円(キャプテン サンシャイン) ゴールドウインのパンツ2万4200円(ゴールドウイン 丸の内) オールデンのシューズ10万3400円(ラコタ) ソックスはスタイリスト私物。

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ
コートレイヤードが新鮮かつスマートに

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ
パンツもクラシックなミリタリーテイストで

[TOWN]ハイクッション靴とローテクパンツの好コントラスト!

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ

インナーで黒を拾えば◎。ビューティ&ユースのジャケット1万5950円、同ベスト8800円、ディッキーズ×ビューティ&ユースのパンツ1万1000円(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) サロモンのキャップ3630円(サロモン コールセンター) Tシャツはスタイリスト私物。

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ
爽やかな白のパンツとも好相性な淡色ブルーのワークジャケット

SALOMON サロモン スピードクロス 5 ARC'TERYX アークテリクス スコーミッシュ フーディ
無骨かつ爽やかな白のワークパンツでハイテク感を中和

 
※表示価格は税込み。


[ビギン2021年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「アウトドア服 タウン⇔フィールド着こなし見本帳」の最新記事

トレランシューズとウインドシェルを街で使うなら、クラシック服との調和が鍵

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ