シップス×Begin

U-2万円の雨の日スニーカー8選

雨の日といえば昔は長靴かアウトドア系の靴を履くしかありませんでしたよね? でも近年ゲリラ豪雨も多いせいか、イマどきのドレカジに映えるベーシックな“黒短靴”でも雨に強いモデルが続々登場。ていうか、パッと見が似通ったものも多く、どれを選べばいいか迷うほどの状況です……。

そこでビギンの靴好きスタッフで各靴の実力をマニアックにチェックし、“差”をつまびらかにすることに。秋の長雨シーズン、ぜひご一読を!

特徴チャート図

水に強い度
防水性の高いアッパーや製法自体で水の浸入を防ぐものを高評価。最近はあのゴアを搭載したものも増えた。
 
オン⇔オフ度
カジュアル化が進む今の装いを考慮すると、いかにもなドレス顔より、オンオフ兼用できるデザインがベターだ。
 
コスパ度
あまり高価な靴だと、いくら雨に強いといっても土砂降りの日は履くのに躊躇してしまう。ここは大事なポイント。
 
走れる度
とっさのときに駅までダッシュできるかを評価。アクティブなビジネスマンはとくにここに注目してほしい。
 
滑らない度
編集部がツルっとした床で、一足一足チェック。雨の日に一番気にしたいのがじつはココ。

1.トレイルらしからぬ漆黒でビジネスにも対応
サロモン

SALOMON サロモンのXAプロ 3D V8 ゴアテックス

SALOMON サロモンのXAプロ 3D V8 ゴアテックス
¥18,700

SALOMON[サロモン]
XAプロ 3D V8 ゴアテックス

トレイルのみならずファッションでも人気を博す、サロモンの定番、XAプロ3Dの8代目。3Dとはミッドソールに組み込まれた、独自の3Dシャーシ。優れた安定感を生み出し、長時間歩いても疲れにくい。ゴアの防水性は言わずもがな、紐を結ばずに1タッチで着脱できるクイックレースも機能的。(サロモン コールセンター)

SALOMON サロモンのXAプロ 3D V8 ゴアテックス 特徴チャート図
 

あらゆる路面に対応する独自開発のコンタグリップ

SALOMON サロモンのXAプロ 3D V8 ゴアテックス

2.雨通勤にも難なく馴染むブラックカメレオン
メレル

MERRELL メレルのカメレオン 8 ストーム ゴアテックス

MERRELL メレルのカメレオン 8 ストーム ゴアテックス
¥18,480

MERRELL[メレル]
カメレオン 8 ストーム ゴアテックス

山から街まで、あらゆる環境に対応することからカメレオンの名が付けられた定番シューズ。最新の第8世代は、ゴアや抜群のグリップを誇るビブラムXSトレック エボを搭載。独自のミッドソール、フレックスプレートを継承して歩きやすさも文句なし。シンプルなブラックカメレオンなら通勤にも馴染みそう!(丸紅フットウェア)

MERRELL メレルのカメレオン 8 ストーム ゴアテックス 特徴チャート図
 

ラグ深5mmの新鋭ソールビブラムXSトレック エボ

MERRELL メレルのカメレオン 8 ストーム ゴアテックス

3.ローテク顔でも雨対策はバッチリ!
ザ・ノース・フェイス

THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイスのシャトル レース ウォータープルーフ

THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイスのシャトル レース ウォータープルーフ
¥17,600

THE NORTH FACE[ザ・ノース・フェイス]
シャトル レース ウォータープルーフ

雨も含めた天候下での快適な履き心地、長時間履いても疲れにくい安定感など、都市環境で高いパフォーマンスを発揮するために作られたシューズシリーズ。コーデュラナイロンに独自の防水メンブレンを加え、タフで雨にも強い。いちスニーカーとして欲しくなる洗練のデザインにも惚れ惚れする。(ザ・ノース・フェイス オルター)

THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイスのシャトル レース ウォータープルーフ 特徴チャート図
 

ドライ&ウェット不問のアンフィグリップラバーソール

THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイスのシャトル レース ウォータープルーフ

4.ロングセラーのジャスパーが防水仕様にアップデート
キーン

KEEN キーンのジャスパー ツー ウォータープルーフ

KEEN キーンのジャスパー ツー ウォータープルーフ
¥15,400

KEEN[キーン]
ジャスパー ツー ウォータープルーフ

クライミングスタイルとコンフォートシューズの履き心地を融合した定番で、防水仕様となったのがジャスパーツー。トウ付近まであるレースシステムはクライミングシューズに由来。ホールドに優れた履き心地にヤミツキになるユーザーも多い。水辺を歩いても平気な防水性能で、雨でも安心して出掛けられる。(キーン・ジャパン)

KEEN キーンのジャスパー ツー ウォータープルーフ 特徴チャート図
 

トラクションに優れた新開発のラグパターンを導入

KEEN キーンのジャスパー ツー ウォータープルーフ

5.街でも違和感のないミニマルハイスペック
コロンビア

Columbia コロンビアのホーソンレイン2 ロウ アドバンス オムニテック

Columbia コロンビアのホーソンレイン2 ロウ アドバンス オムニテック
¥12,100

Columbia[コロンビア]
ホーソンレイン2 ロウ アドバンス オムニテック

都市部と自然豊かなフィールドをつなぐ、地元ポートランドのホーソンブリッジに由来。つまり双方の環境で活躍するモデルとして、街に馴染むシンプルデザインに、防水透湿機能オムニテックを搭載。濡れた路面でも抜群のグリップを誇るビブラムメガグリップを使い、雨通勤も足取り軽快だ。(コロンビアスポーツウェアジャパン)

Columbia コロンビアのホーソンレイン2 ロウ アドバンス オムニテック 特徴チャート
 

ビブラム屈指のグリップを誇るメガグリップを装備

Columbia コロンビアのホーソンレイン2 ロウ アドバンス オムニテック

6.モカ靴とスニーカーのいいとこどりで雨にも強い
グラビス

gravis グラビスのルース

gravis グラビスのルース
¥11,000

gravis[グラビス]
ルース

モックアッパーにグラビスを代表する軽量ソール、クラウド ライトをプラス。クラシカルな顔でスポーティな履き心地を楽しめるハイブリッドモデルだ。インソールにはクッション、安定、耐久性に優れ、抗菌防臭機能を持つ独自のC9Lv2を使用。日々の歩きやすさから、ムレが気になる雨の通勤にも嬉しい装備だ。(グラビス)

gravis グラビスのルース 特徴チャート図
 

軽くクッションに優れたクラウド ライトソール

gravis グラビスのルース

7.ベンタイルを使った全天候型で8800円!
ハイテック

HI-TEC ハイテック アマクロ OX 2

HI-TEC ハイテック アマクロ OX 2
¥8,800

HI-TEC[ハイテック]
アマクロ OX 2

アッパーにはコットンを超高密度に織り込んだクラシカルな防水透湿素材、ベンタイルを使用。機能的かつ硬派なムードがあるうえ、独自開発の防滑ラバーソール・ガマヘクスを使い、グリップも文句なし。これで8800円というコスパの高さも特筆で、全天候スニーカー入門編としてもオススメ!(ムーンスター カスタマーセンター)

HI-TEC ハイテック アマクロ OX 2 特徴チャート図
 

カエルからヒントを得た防滑ソール、ガマヘクス

HI-TEC ハイテック アマクロ OX 2

8.仕事ぶりもコスパも◎な“職人エラ”
ヴァンズ

VANS ヴァンズのエラH/シールド

VANS ヴァンズのエラH/シールド
¥7,150

VANS[ヴァンズ]
エラH/シールド

忙しなく動き回って働く人のために作られた、その名も「職人」シリーズのエラ。アッパーは小松マテーレの撥水防汚キャンバスを使い、汚れにくく雨にも強い。インソールはクッション性に優れ、活性炭を混ぜ込んで消臭効果もあり。定番のワッフルパターンを反転したソールは、より滑りにくく耐久性も高い。(ヴァンズ ジャパン)

VANS ヴァンズのエラH/ シールド 特徴チャート図
 

凹凸を反転させ、より滑りにくいリバースワッフルソール

VANS ヴァンズのエラH/シールド
 

この人も推してます!

編集部オオウチ
編集部オオウチ

職人ヴァンズで誌面作りもゴン攻めします
ヨコノリから職人ヴァンズというイメチェンが最高! ガシガシ履いて動き回ることを想定した作りで、気兼ねなく履けそう。圧倒的なコスパも気概を感じますね。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ