Begin Market リニューアル記念キャンペーン

ミズノのウエーブスカイライズ
※写真上でランナーが着用している靴は、以下で紹介する「ウエーブスカイライズ」です。

緊急事態宣言で“巣籠もり”が続くと、運動不足になりがちです。ということでリモートワークなどの合間、近所を走る人たちが急増中。それにともない、ランニングシューズも改めて注目されています。この数年のスニーカーブームで老若男女問わずにスニーカーがより身近になった状況に、今回の健康ランニングの盛り上がりが加わり、ランニングシューズへの興味がますます高まったのです。が、入門ランナーは悩むのです。「どの靴を選ぶべき?」って。巷にはたくさんの製品が出回っていて、自分にふさわしいのがどれなのかが見当もつかないからです。

と、そんなお困りの人に向け、おせっかいなe-Beginがバイヤーズガイドを公開!

「入手しやすい定番品」
「不慣れな走りをフォローする機能がある」
「ブランド靴を履いているという満足感がある」
「比較的買いやすい価格」

を4条件に、人気ブランドの各担当者に「入門ランナーにベストな3モデル」を推挙してもらいました!

独自技術「ミズノウエーブ」搭載モデルなら入門ランナーにもやさしい

5回に分けて、毎回1ブランドを紹介するこの特集企画。その“第2走者”は大阪で1906(明治39)年に創業した老舗ミズノです。同社は幅広い種目のスポーツ用品やウェアを展開しており、ランニングシューズの分野でも独自のテクノロジーで確固とした地位を築き上げています。

そのテクノロジーは多岐に及びますが、ことに注目すべきが「ミズノウエーブ」。

宅間圭秀さん

今回、オススメ3モデルの選者、ミズノ コンペティションスポーツ事業部の宅間圭秀さん曰く「ランニング中における身体への負担を軽減するには、接地時の足への衝撃を減らすと同時に、足の横方向へのグラつきを抑えることが重要」なんだとか。要はクッション性と安定性の両方が大事なのですが、じつはこの両立が難しい。というのも、ソールのクッション性を高めると足はグラつきやすく、安定性を高めすぎるとソールは硬いモノにせざるを得ないからです。

そこでミズノでは、クッション性は確保しつつ、ミッドソールに当たる部分に波形プレートを導入。これが縦方向の衝撃を吸収しつつ、横方向のズレに安定性をもたらし、相反する2つの条件を高いレベルで両立させるのです。そして、この画期的構造が「ミズノウエーブ」(あるいはそのバリエーションの「フォームウエーブ」)というワケ。

ミズノの全ランニングモデルが、これを搭載しているのではありませんが、走りに不慣れで、特別なトレーニングを受けていないランナーにとって、快適で安心&安全な走りをもたらす「ミズノウエーブ」はとくに有用との見地から、この構造を搭載するモデルに絞り、それらからオススメの3モデルが選ばれました!

選ぶべきモデル(1) WAVE RIDER 23 MEN’S

ミズノのWAVE RIDER 23 MEN’S
 
履き心地快適&走り心地スムーズ

ミズノのランニングシューズの中で最も人気の高いシリーズの「ウエーブライダー」は、1997年発売の初代から波形構造「ミズノウエーブ」が採用されてきました。それはシリーズ23代目の本品も同様。これにより、ランニングシューズに求められるクッション性と安定性がバランスよく両立したモデルになっています。「アッパーに、通気孔が効果的に配置されたメッシュが使われているので蒸れにくく、これに足を包み込むようなフィット感が相まって、とてもスムーズで快適な走り心地が体感できます」と宅間さん。さらにアッパーのパーツを減らすことで実現した、シャープですっきりしたデザインも秀逸。「サイズとカラーのバリエーションが豊富なので、お好みの1足を楽しみながら選べるのも、このモデルならではです」(宅間さん)

ミズノのWAVE RIDER 23 MEN’S

アウトソールに、通常のラバーに比して耐摩耗性が高い素材「エックステン(X10)」を採用。また、屈曲溝を従来よりも増やしたことで、屈曲性がさらに向上。結果、着地から蹴り出しまでの体重移動がスムーズに。

品番:J1GC1903
アッパー素材:合成繊維
ソール:合成底
カラー:ブラック×レインボー、グレー×ホワイト×ブラック、ワインレッド×オレンジ、レッド×レッド、ネイビー×ブルー(写真)、ブルー×シルバー×ネイビー ※サイズ展開はカラーごとに異なる。
価格:1万2900円

※「ウエーブライダー 23」には、他に足幅がワイド、スーパーワイドのタイプ、ウィメンズタイプ、ゴアテックス®搭載タイプなどもあります。

選ぶべきモデル(2) WAVE SKY 3 MEN’S

ミズノのWAVE SKY 3 MEN’S
 
浮遊感のある軽快な走りが体感できる

「ミズノウエーブ」の発展形で、2層の硬度の異なるフォームが波形状に重ね合わされた「フォームウエーブ」構造の採用により、クッション性と安定性を高い次元で両立させたモデルです。さらに、ソールの踵(かかと)から中足部にいたる部分に極めてソフトで、かつ高い反発性を持つ新ミッドソール「エックスポップ(XPOP)」が仕込まれているため、宅間さん曰く「接地の瞬間に柔らかく沈み込んで、それが跳ね返ってくるような感覚を得ることができます」とのこと。その走り心地は、まるで浮遊しているかのよう。「ランニングを楽しむことが第一の目的という人のうち、とくにクッション性を重視したい人や、柔らかい履き心地をお求めの人にオススメしたいモデルです」(宅間さん)

ミズノのWAVE SKY 3 MEN’S

耐摩耗性素材「エックステン(X10)」採用のアウトソールが、高い耐久性を発揮。ポリウレタン素材をポップコーンのように発泡させた素材からなるミッドソール「エックスポップ」は、その一部分を中足部でじかに見ることができる(黄色い部分)。

品番:J1GC1902
アッパー素材:合成繊維×人工皮革
ソール:合成底
カラー:グレー×ホワイト×ブラック、ネイビー×ブルー(写真)、ブルー×ホワイト×イエロー
サイズ:25.0~29.0cm(グレー×ホワイト×ブラックのみ25.0~28.0cm)
価格:1万5500円

※「ウエーブスカイ 3」には、他にスーパーワイドタイプ、ウィメンズタイプもあります。

選ぶべきモデル(3) WAVE SKYRISE UNISEX

ミズノのWAVE SKYRISE MEN’S
 
安定性を発揮しながらも、履き心地はソフトで快適

「『普段の距離をもっと長く』『快適に』『安全に』を考えて開発したランニングシューズです」と宅間さん。上記で紹介した「ウエーブスカイ 3」と同様、2層フォームの波形構造ミッドソール「フォームウエーブ」と、踵から中足部に至る部分に仕込まれたミッドソール素材「エックスポップ」を搭載することで、クッション性と安定性の両立を実現。そのうえで「アッパー前足部のパーツを極力減らすなどして柔らかい足入れを目指したのが、このモデルの特長です」(宅間さん)。ランニング中の足蒸れ軽減にも貢献するメッシュは柔らかく、履き口でも足当たりをソフトなものに。スポンジ素材が仕込まれたヒールカップは踵に無理なくフィットし、ソックライナー(中敷き)は足裏に心地よく……と、まさに「快適」と「安全」に徹したモデルになっています!

ミズノのWAVE SKYRISE MEN’S

摩擦に強く、靴の耐久性も高めるアウトソールラバー「エックステン」を採用。ヒールの中央に設けられた小窓から黄色いパーツがのぞいているが、これは発泡ポリウレタン素材のミッドソール「エックスポップ」の一部分だ。

品番:J1GC2009
アッパー素材:合成繊維×人工皮革
ソール:合成底
カラー:ブラック×ブラック×イエロー、ブルー×シルバー(写真)
サイズ:25.0~29.0cm(ブラック×ブラック×イエローは25.0~28.0cm)
価格:1万1800円

※「ウエーブスカイライズ」には、他にワイドタイプ、ウィメンズタイプもあります。

結論!

以上3モデルは、いずれも1万円台前半~半ばと比較的買いやすいプライスです。ミズノにはアンダー1万円のモデルもあるのですが、ここでは「ミズノウエーブ」や「フォームウエーブ」の履き心地&走り心地をしっかり体感できる、これら3モデルが選ばれた次第。ちなみに、ランニングを習慣化させたい人にはベーシックな「ウエーブライダー 23」が、なにより「ランニングを楽しみたい!」という人には浮遊感が心地よい「ウエーブスカイ 3」が、クッション性や安定性はもちろん、快適性と通気性も重視したい人には「ウエーブスカイライズ」がイイと思います。

問い合わせ先/ミズノお客様相談センター ☎ 0120-320-799
https://www.mizuno.jp/running/

※表示価格は税抜き


文/山田純貴

関連記事
入門ランナーが選ぶべき【ニューバランス】のランニングシューズはこちら

特集・連載「人気ブランド別ランニングシューズ入門」の最新記事

リモートワークの今だから知りたい!! 入門ランナーが選ぶべき【ミズノ】のランニングシューズ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ