RICARDO リカルド エルロン スーツケース THULE スーリー レボルブ

もはやハードケース&4輪トロリーは当たり前。空港で「オレのケース!」とすぐわかるのは……?

プレミアムトロリー=グローブ・トロッター、の図式は誰もが認めるところ。それだけに避けられないのが他人とのカブリ。バゲージクレームでの“おてつき”を避けたければ、米欧の2大候補「RICARDO(リカルド)」と「THULE(スーリー)」を検討すべし。両ブランドとも確たる歴史があり、佇まいは負けず劣らず!

アメリカの本格派

RICARDO リカルド エルロン 24インチ スピナー スーツケース

RICARDO[リカルド]
エルロン 24インチ スピナー スーツケース

1978年、米・ビバリーヒルズで創業。2018年末の日本上陸以来、西海岸独特の雰囲気に虜となる人が続出。その中心を担うのが、アルミの光沢感が美しいこの「エルロン」コレクションだ。W46.9×H66×D30.4cm。6kg。容量58リットル。7万円。(リカルドビバリーヒルズ)

ヨーロッパの技巧派

THULE スーリー レボルブ スピナー

THULE[スーリー]
レボルブ スピナー68cm/27”

1942年、スウェーデンで創業。日本では車のルーフキャリア・ケースでお馴染み。そのケースを想起させるような、やや曲線を帯びたボディは軽量なポリカーボネート製だ。W45×H68×D27.7cm。5.3kg。容量63リットル。7万6000円。(ゼット株式会社お客様相談センター)
 

開閉システム対決

リカルドは長辺の持ち手側に3か所のロックを備え、うち2つがTSA対応のダイヤルキー付き。スーリーはジッパーによる開閉だが、プル部がTSA対応のダイヤルキーでロックされる。
 

ホイール対決

双方ともスイスイ移動を叶える4輪トロリーで、リカルドは清音のダブルホイール仕様。スーリーは前後で大小差のあるホイールで、フロント側は小型に留め収納スペースを確保している。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ