ワンポールタイプ テント チャムス

ワンポールタイプのテントとは?

フロアシートをペグダウンし、中央にポールを1本突っ張るタイプ。天井を高く設定できるのが特徴で、圧迫感の少ない居住空間も魅力的♪ 独特なトンガリフォルムは、キャンプサイトでの存在感も抜群なのだ!

COLEMAN[コールマン]
エクスカーションティピー 325+

コールマン エクスカーションティピー 325+

暑さを緩和してくれるブラックな内装デザイン

日光を90%ブロックするダークルームテクノロジーで、テント内の過度な温度上昇を抑えてくれる。エントランスフレームを備えた前室付きで、雨天時の出入りや荷物置きに便利だ。3~4人用。スタートパッケージ3万4364円(コールマン ジャパン カスタマーサービス)

【設営解説】
①インナーテントを広げ、ペグダウンする。
②室内にメインポールを立て、フロントポールをセットする。
③フライシートを被せ、ペグダウンして完成。
 
編集部員1人で設置し12分53秒で完了。

日光を遮断してくれて暑い日でも結構涼しい♪
日光を遮断してくれて暑い日でも結構涼しい♪

エクスカーションティピー 325+
収納時サイズ

CHUMS[チャムス]
ブービーティピー

チャムス ブービーティピー

フィールドで目立てるらしさ満点のポップカラー

パーツやペグの数が少ないため、手間が少なく設営時間も短いチャムスのテント。構造がシンプルゆえに壊れにくく、子どもでも運べる軽量性も魅力だ。フィールドに映えるカラーリングは、キャンプサイトで見つけやすく雰囲気もアップ! 1~2人用。2万3000円(チャムス 表参道店)

【設営解説】
①インナーテントを広げ、ペグダウンする。
②室内にポールを立てる。
③アウターテントを被せ、所定の位置をペグダウンして完成。
 
編集部員1人で設置し5分26秒で完了。


最初のペグが4か所だけだからめっちゃ時短に!

ブービーティピー
収納時サイズ

NEMO[ニーモ]
ロケット2P

ニーモ ロケット2P

超軽量&ミニマルなデザインは通ウケ必至!!

四隅にカーボン製の細い柱を設けてテントの裾を直立させ、ポールをT字にすることでコンパクトな見た目とは裏腹に十分な空間を確保。620gという驚異的な軽さは、持ち運びはもちろん設営の楽チンさにも大きく貢献している。1~2人用。4万8000円(イワタニ・プリムス)

【設営解説】
①テントを広げ、コーナーのフレームが起きるようにペグダウンする。
②室内にポールを立てる。
③所定の位置をペグダウンして完成。
 
編集部員1人で設置し5分20秒で完了。

指1本で持てる軽さ!620gで作業も楽チン
指1本で持てる軽さ! 620gで作業も楽チン

ロケット2P
収納時サイズ

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「アウトドアはじめる!! パーフェクトBOOK」の最新記事

キャンプサイトで存在感◎ ワンポールタイプテントのおすすめ3選

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ