string(38) "https://www.e-begin.jp/article/360096/"
int(1)
int(2)
  

「ねえ、あの人なにしてるの?」「走ってんのさ」。そんな実際に街のランナーを鼻で笑うジョークのような話が’70年代にはあった。今では街を走るランニングは当たり前だが、当時、運動はトラックなど施設で行うもの。いわば奇行だったのだが、これを変えたのがEVA素材を搭載するスニーカーの進化だった。

スニーカーの進化がランニングブームを生んだ

The Complete Book of Runinngの表紙
1977年発行、ランニングブームを起こすきっかけとなった、「The Complete Book of Runinng」の表紙を飾ったオニツカタイガー。

’70年代に入る頃には、運動靴はより軽くクッション性が高まっていました。すると硬いオンロードを走る、市民ランナーが現れ始めます。

そして1970年からNYシティマラソンが始まりますが、まだまだ参加者は100人程度でした。しかし’70年代後半にブルックスが初めて、ゴムよりも軽く衝撃吸収に優れるEVAをソールに採用。

すると他のメーカーもこぞってEVAを採用し、つれて市民ランナーが急増。世にいう’70年代のランニングブームが沸騰し、ランニングシューズというカテゴリーが市民権を得たのです。
 

アシックスが北米で人気に

Asics Gel-kayano 25 アシックス ゲルカヤノ 25
Asics Gel-kayano 25
アシックス ゲルカヤノ 25

前身のオニツカタイガーは’50年代から世界のランニングシーンをリード。現在のアシックスブランドも非常に人気が高い。こちらは1993年から続く名作、ゲルカヤノの25代目モデル。1万6000円(アシックスジャパンお客様相談室)
 

ランニング専門雑誌「ランナーズ・ワールド」で評価された

Saucony サッカニー

Saucony
サッカニー

1898年創業の米国の老舗。1981年に登場したジャズが「ランナーズ・ワールド」誌で最高評価の5つ星を獲得。クッション豊かな履き心地が高評価を受ける。7900円(サッカニー ジャパン)
 

ランニング専門雑誌登場

「ランナーズ・ワールド」表紙

1966年に個人出版からスタートしたランニング専門雑誌。ランナーだけでなくメーカーの信頼も厚く、シューズレビューも権威がある。

特集・連載「大人が知るべきスニーカー列伝」の最新記事

ランニングブームの火付け役はスニーカーの進化だった?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ