ハイテクシェル×デニム

本来はギアのハイテクシェルを、デニムでオシャレにってやっぱりハードル高いですよね。なんとなくやり過ごしてたそこんとこ、コーディネート見本で解決します。ポイントを押さえれば、イマイチだったシェル×デニムコーデもカッコよくキマるはず!
 

ラガーシャツ×リジッドスリムで山感を払拭
ザ・ノース・フェイスのシェル×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

ザ・ノース・フェイスのシェル×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

街にも便利なハードシェル、まずは山っぽさを薄めるのが肝心。コーデの軸となるデニムはクリーンなリジッドスリムを。素材感あるボーダーのラガーシャツも街着化に有効だ。

モデル着用/アー・ペー・セーのプチニュースタンダード2万円(アー・ペー・セー カスタマーサービス) ザ・ノース・フェイスのシェル3万7000円(ザ・ノース・フェイス 原宿店) サイのラガーシャツ3万2000円(マスターピースショールーム) ホカ オネオネのスニーカー2万1000円(デッカーズ ジャパン)
 

渋色シェルは薄味デニムで力まずに!
パタゴニアのジャケット×ブルーブルーのブリーチアウトディキシージーンズ

パタゴニアのジャケット×ブルーブルーのブリーチアウトディキシージーンズ

落ち着きのあるアースカラーのシェルは、リラックス感漂うブルーワイドでヌケ感を出すのが正解。裾のドローコードを締めてバルーンなニュアンスを作ると、着こなし上手な印象を強められる。

モデル着用/ブルーブルーのブリーチアウトディキシージーンズ2万9000円 パタゴニアのジャケット4万5000円(パタゴニア日本支社 カスタマーサービス) ユニバーサル ワークスのスウェット2万4000円(ルート) スプリングコート×エディフィスのスニーカー1万6000円(エディフィス 新宿)

1UPテク!

シェル裾のドローコードはお洒落ニュアンスUPに効果大!
シェル裾のドローコードはお洒落ニュアンスUPに効果大!

 

黒シェルはジャケット感覚で着る!
アークテリクスのシェル×リーバイス ビンテージ クロージングの501ZXX 1954

アークテリクスのシェル×リーバイス ビンテージ クロージングの501ZXX 1954

ストイックな印象を活かし、ブラックのソリッドなシェルはジャケット代わりに着るのが◎。デニムは硬派なリジッドストレートを。さらにシェル以外をすべてネイビーで統一すると、至上最高にシックなコーデに!

ブラックのソリッドなシェルはジャケット代わりに着るのが◎

モデル着用/リーバイス ビンテージ クロージングの501ZXX 1954 3万円(リーバイ・ストラウスジャパン)アークテリクスのシェル10万円(ビームス 原宿) ジョン スメドレーのカーディガン3万4000円(リーミルズ エージェンシー) スリードッツのTシャツ1万1000円(スリードッツ青山店) ジェイエムウエストンのシューズ11万円(ジェイエムウエストン 青山店) アメリカン トテンチのマフラー7000円(ユーソニアン グッズ ストア)

1UPテク!

ネイビーのレイヤードで品よくマイルドに
ネイビーのレイヤードで品よくマイルドに

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「デニムスタイル コーディネートBOOK」の最新記事

ギア感強めのハイテクシェルをデニムと合わせるにはどうすればいいの?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ