array(34) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/54596/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "Vs3O8sheUUkGa74WatVGz1OGarzm248VSDki2JT6Zpc8h3aSajuTmg=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 85fc1201a1918facbeb30836e7391661.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(13) "52.87.253.202"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.68"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "46202"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/54596/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1547837672"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
飛騨牛の革で作られるカバンはなぜ他よりエライのか!? vol.2 極秘の革なめし編|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

GANZOの超レア革製最高級鞄の製革現場をe-Beginが特別取材飛騨牛レザー鞄の“スゴイ!”を徹底検証〈後編〉

★★★★★
ガンゾ
7QS-Hシリーズ
リュック #57559

飛騨牛レザー採用の定番リュック。コンパートメントはレザーコード&フラップ付きメイン開口部のほか、胴サイドからもアクセス可。さらに前身頃にマチ付きのエキストラポケットを、サイドに縦ジップ付きポケットも搭載。W30×H42×D16cm。ブラックもあり。7万8000円。

 

食べたことがある人はおわかりでしょうが、飛騨牛の肉って、それはもう風味絶佳! しかも生産量少なめの希少な肉でもあるんです。が、その革となるとさらに希少。ガンゾ「7QS-H」シリーズを紹介する本企画では「前編」で製鞄工房を取材しましたが、この「後編」ではいよいよ同シリーズの本懐である飛騨牛レザーの魅力を検証! 飛騨地方では飼育~冷蔵処理までの各現場を、兵庫県姫路市ではなめし&加工工場を訪ね、風合い端正にして表情に“味”があり、深くエイジングする、この超レア革の誕生までをたどってみました!

 

そもそもなんで今まで飛騨牛の革ってなかったの?

考えてみれば、和牛の革ってあまり見ませんよね? 和牛の一種、飛騨牛も同様で、聞けば、以前、その原皮は他の飼育牛のものと区別せず、一緒に処理していたとか。が、肉のみならず原皮も極めて良質であるため、原皮に個体識別番号を付し、独自の保管法を編み出して新たな製革法も開発、2017年に本格的な製品化がスタートしたのです。なお、飛騨牛レザーにはいくつかのバリエーションがあり、ガンゾ「7QS-H」に使われているのは「飛騨牛グラサート」という最高級オイルドタンニンレザー。ということで、以下では「飛騨牛レザー=飛騨牛グラサート」を前提に解説します。

 

飛騨牛レザーの特長って何?

飛騨産黒毛和種の皮が原皮のオイルドタンニンレザーである飛騨牛レザーは、しなやかながらコシがあり、上品な色&ツヤ感も魅力的なエイジングレザー。このクオリティの高さに加え、個体識別番号で、飼育・生産履歴がトレースできる点も他の革と一線を画しています。

 

コレが飛騨牛レザーの5大特長だ!

①革本来の養分が生かされているので肌目がキレイ、かつ革質が引き締まっている。
②厳格な飼育管理により、虫喰いや傷が少ない。
③独自の製革システム&技術により、品質が安定している。
④100%タンニンなめしなので丈夫、かつエイジングする。
⑤製革時の仕上げ乾燥によって発生する戻りジワがなく、風合いが自然。

 

ということで飛騨まで行ってみた

e-Beginが訪れたのは岐阜県北部飛騨地方の中心地、高山市。この地は気温の年間差と日較差が大きく、冬は積雪量も多いのだとか。このような環境下では果物が甘みを増すとされますが、じつは家畜肉も同様で、その革も繊維がギュッと締まったものになるそうです。

こんなに豊かな環境で 牛たちはスクスクと育ってました!山々から注ぐ清流、清らかな湧水、澄んだ空気……と、飛騨の豊かな自然の中で飛騨牛たちは飼育されている。

東京都より広い高山市!

飛騨地方の中心である高山市は市町村のうちで最大面積を誇り、東京都を上回る広さ(島嶼部を除く)。

「飛騨の小京都」と呼ばれる高山市さんまち通りには、江戸末期~明治期に建てられた屋敷が並ぶ。

とココで、そもそも飛騨牛って何?

高山市を含む飛騨地方で14か月以上飼育された黒毛和種のうち、肉質等級で3等級以上に格付けされた牡の去勢牛、または牝牛のこと。他のブランド和牛では最高位5等級以上が40数%だが、飛騨牛では約55%を占め、神戸牛に次ぎ価格相場が高い。その肉はきめ細かくて柔らかく、赤身にまでサシが入り、とろけるような旨みがある。ルーツ牛は安福号(1980~’93年)で、子孫も全て5等級というスーパー種牛だった。

約2万7000頭の産子を残し、現在、飛騨牛の約7割がその子孫とされる安福号は牡牛ながら、まさに飛騨牛の“生みの親”だ。写真は飛騨農業管理センターの敷地内に立つ安福号像。

NEXT:牛たちは“厳しく”&“やさしく”育てられていた!

facebook facebook WEAR_ロゴ