次は30年分の“定番スニーカー”ヒットの変遷を、当時のビギン誌面と一緒にギュッと凝縮して振り返ります。スニーカーだってこんなにトレンドが変わってきたんです。

 

1990~ 
「王道ローテク」

1997年5月号画像
1997年5月号

ハイテクはほどほどに ローテク回帰の楔を打つ!

’90年代といったら、社会現象にもなったスニーカーブーム。主役はハイテクスニーカーです。ただベーシックを愛するビギンではそれほどフィーチャーすることもなく、異常なハイテクブームのカウンターがくると確信していました。

して’97年、ハイテクに飽きが見えてきたところで「ローテク・スニーカー大噴火!」と銘打って特集。その後は世の中も一様に、ローテク回帰でしたよね!

 

2000~
「白スニ復権」

2006年7月号画像
2006年7月号

プレッピートレンドが後押しして大復権!

ローテク回帰に続いて押し寄せたアメトラプレッピートレンド。ビギンは嬉々として提案します。

30代には懐かしのクラシック顔、20代には新鮮なコンバースに続くローテクチョイス。スプリングコート、スペルガ、ヴァンズ、トレトンなどなど、ビギン界隈の足元は白スニで決まり!

モデルカットも白スニ率が格段に上がってたっけな~。その後のノームコアにも一役買ってたかも!?

 

2010~
「NB旋風」

2017年1月号画像
2017年1月号

旬の短丈パンツにもハマり世間では女子まで履き始めてた!

まあビギンは根っからのニューバランス好きですが、2000年代後半から990三部作に心酔。2009年のBB100では993が第1位に。

流れは止まらず、2010年代に入って1400の復活劇にフィーバーし、英国工場の取材に飽き足らず、創業110周年目がけてボストン本社&工場へ取材を敢行。「もっとニューバランス中毒」とまるまるNBの特集を組んで、ますますアディクトしちゃいました。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ