蕎麦スス流 SOBA Su Su Ryu

Vol.94

センター北(横浜市港北区)つけ天味奈登庵

つけ天+海鮮かき揚げ天丼
890円+770円

つけ天味奈登庵 つけ天と海鮮かき揚げ天丼

立ち食いそば屋の立地といったら、駅前の路地、商店街の一角、あるいはロードサイドといったところだが、近年ではこれに加えてショッピングモールなどのフードコートに新規の出店がみられるようになってきた。今回は、横浜市港北区にある阪急百貨店モザイクモールに2023年7月にオープンしたばかりの「グランドフードパーク」にやってきた。

阪急百貨店モザイクモール

デパ地下ならぬデパート1階のフロア大半を使った巨大なフードコート。このフロア、そもそもは化粧品・アクセサリ・紳士服などの専門店の並ぶいわばデパートの顔的な、どちらかといえばオシャレな位置づけであったのだが、改修で大きく様変わりした。

身につけるものよりも腹にたまるものが好まれる世の中、ということなのだろう。改修以前とはうってかわってお客の入りは好調で、文字通り老若男女、あらゆる世代の人で賑わっている。フロアには和洋中さまざまなお店が並び、その中に今回訪問する「つけ天味奈登庵」はある。

グランドフードパーク

つけ天味奈登庵

「つけ天」とは聞き慣れない食べ物だが、これは横浜ローカルのご当地名物で、そもそもは横浜駅西の「角平(かどへい)」で考案されたもの。(過去記事「八角」の記事はこちら)

もりそばのつけつゆを猪口ではなくやや小ぶりな鉢に満たし、そこに海老の天ぷらをどぼんと入れ、もりそばと供したもので、いわば冷たいタネモノの元祖的存在とでもいうべきもの。横浜の蕎麦屋ではつけ天の載ったメニューを目にすることは少なくない。

つけ天味奈登庵 つけ天

そしてこの「つけ天」を店名のサブタイトルにしたのが、横浜市の東部・北部に展開する中規模チェーン店「味奈登庵」。自家製麺であろうそばをふんだんに使ったボリュームが売り。ゆうに4〜5人前はある蕎麦を”山”形に盛り上げた「富士山盛り」を始めたことでも有名だ。

「つけ天」は当初からメニューに存在したものであるが、この文字を屋号の先頭に加えたのは最近のこと。たしかにこのほうがインパクトあり、つけ天とはなんぞや?と記憶に残る。

つけ天味奈登庵 つけ天

■そば:細くてツルツルした機械打ち。茹で加減よく、長くてうまい。
■つゆ:しっかりしたダシにやや甘めで濃いめのカエシ。そばだけでなく、天ぷらとも相性が良い。
■天ぷら:海老、イカ、カボチャ、オクラ。サクッと香ばしく揚がっていてうまい。

他の支店の例にもれず、蕎麦の量はやや多め、追加120円で大盛りにできるが、普通盛りでも十分な量だ。ちなみに追加260円で例の富士山盛りにもできる。ざるの上に富士山のようにこんもりと盛られた姿は写真にとって拡散すれば話題になること間違いない。大食いのひとなら1度は試してみたいと思うはず。

本来のつけ天をセルフで再現

本来の「つけ天」はこのような姿で供されるものと理解しているので、ひとつセルフで再現してみた。こうやって尻尾を鉢の縁にかけてつゆに浸したものが正当なもの。とはいえそれでは海老以外のタネの置き場所がない。悩んだ末にふつうの天盛りそばの形態に落ち着く、といったお店の工夫のあとが感じられる。ちなみに当店では「つけ天そば」ではなく、全体を称して「つけ天」と呼ぶ。

つけ天味奈登庵 海鮮かき揚げ天丼

海鮮かき揚げ天丼も食べてみた。ミニサイズは提供されないためフルサイズ。厚みのあるかき揚げの載った丼は威圧感があり見ただけで満腹になりそうな迫力がある。とはいえ、食べてみると見た目よりもあっさりしている。

揚げ油がよいのだろう、もたれることもなくスルスルと食べ進む。小エビ、小柱、イカの海鮮と玉ねぎ主体のかき揚げで、サクサクに揚がった食感。丼つゆのやや濃い目の甘辛さは食欲を更新してくれる。

茹でたての長い蕎麦と格闘する姿は微笑ましい。この近辺には住宅用のマンションが多く立ち並び、駅・商業施設・住環境の隣接した複合形態のニュータウンとなっている。そういう意味ではデパートのモールはご近所の食堂でもあるのだ。

おそらくこのかたも近隣にお住まいとお見受けした。スニーカーをお召しのところをみると散歩がてら蕎麦をたぐりにきたといったところか。うまい蕎麦屋が家の近くにあるとは羨ましい。お店としても近隣住民の胃袋をがっちりつかまえ、いっそう繁盛することを願う。

■DATA
住所:横浜市都筑区中川中央1-31-1-2 モザイクモール港北 1Fフードコート内
アクセス:横浜市営地下鉄(ブルーライン・グリーンライン)センター北駅下車すぐ
営業時間:10:00~21:00(最終オーダー20:30)
定休日:なし
評価:3点 ☆☆☆

※本記事は取材当時の情報です(取材日:2023/8/5)

アプリ「蕎麦道なび」でも配信中! 「蕎麦道なび」のアプリはこちらからダウンロード!
※Google Android/iOS対応


写真・文/ケビン(平林啓一)
オートバイに乗って900軒の立ち食いそば店を探訪。最盛期には年間300軒を食べ歩く。立ち食いそばチェーン店・個人経営店にかかわらず食す。また、生めん・茹でめん・冷凍めんにこだわらず、どれも大好き。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ