wook vol.11

monthly dig タイトル

いつの時代も、まだ見ぬ良品を欲するはモノ好きの性。ここでは、20代の編集部員がフレッシュな視点で見つけてきた掘り出し物を深掘り! 好奇心と物欲のおもむくまま、ディグしていきます。

創業から愛されるブランドの定番をコーポレートカラーで大胆アレンジ!

SPINGLE MOVE スピングルムーヴのSPM-1006
SPINGLE MOVE[スピングルムーヴ]
SPM-1006

アッパーのクラッキング(ひび割れ)レザーは、履き込むほどに下地が露出し味が出る。ヴァルカナイズド製法の釜のイラストをプリントしたスペシャルボックス入りで、今シーズンのテーマ「Re;sort/リゾート」になぞらえた旅客機をプリントした特製シューズバッグ付き。2万900円。
 

同じくコーポレートカラーのグリーンも気になる!

SPINGLE MOVE スピングルムーヴのSPM-1006

 

満を持して繰り出す、20年目の味とワザに釘付け

編集部 カギモト
編集部 カギモト
見た目はガテン系のじゃけん系男子。自称編集部でも随一のオレンジ好きだが、もちろん生粋のカープファン。

生まれも育ちも広島の自分にとって、地元でお馴染みのブランドといったら「スピングルムーヴ」。なんとこのたび創業20周年を迎え(拍手!)、とっておきの限定モデルが登場したんですって! 

創業以来不動の人気を誇る定番モデル「SPM‐115」を、瀬戸内のみかんをイメージしたコーポレートカラーで大胆アレンジ! オレンジ×緑のカラーリングは、色スニ全盛の今の気分にもぴったりですが、もちろんこの程度の色仕掛けじゃ終わりません。

アッパーに使用した特殊なレザーは履き込むほどに味わい深いエイジングが楽しめるだけでなく、もともとは老舗のゴムメーカーからスタートしたブランドだから、ゴムソールに至るまでフレッシュなビタミンカラーを再現! 同ブランドの技術がこれでもかと詰め込まれ、アニバーサリーにふさわしい語れる仕上がりとなっています。 

20年の節目に、満を持して繰り出した新生スピングル。同じフレッシュな同世代として、これからのムーヴから目が離せません! (文/編集部カギモト)

ここでしか味わえないスペシャルな仕様がてんこ盛り!

SPINGLE MOVE スピングルムーヴのSPM-1006
味わい深いエイジングを楽しめるクラッキングレザーが◎

SPINGLE MOVE スピングルムーヴのSPM-1006
インソールには20周年記念ロゴをプリント

 
(問)スピングルカンパニー東京企画室
☎ 03-3871-2171
https://www.spingle.jp/

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年9月号の記事を再構成]写真/伏見早織 文/鍵本大河 イラスト/TOMOYA

Begin 2022年9月号

Begin 2022年9月号

結局得する一生モノ

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「今月のマンスリーDig」の最新記事

祝20周年! 同世代の地元ブランドからフレッシュなビタミンカラーが登場!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ