Begin Market

ジャーマントレーナー ストーリー解説

じつは知るほどに楽しいストーリーが盛り沢山!

ジャーマントレーナーってなんとなく知ってるけど……という方のために、出自から人気の理由をおさらいしてみましょう。

ルーツは70年代からある西ドイツ軍の屋内用トレーニングシューズ。軍用ゆえのシンプルに機能を追求したデザインで、丈夫で屈曲性に優れるヴァルカナイズド製法×レザーアッパー、トウのスエードの補強、グリップに優れたガムソールが特徴です。

出自は西ドイツ軍の屋内用トレーニングシューズ
 
ヴィンテージのジャーマントレーナー
 
《余計なロゴなどがない超シンプルなデザインも特徴!》
こちらはヴィンテージのジャーマントレーナー。海外ではGermanArmy Trainerとも称され、頭文字を略してGATとも呼ばれる。軍用品らしく余剰なデザインはなく、タンにナンバリング刻印のみ。教官用の黒はヴィンテージ市場でもレアな存在だ。(スタッフ私物)
 
ヴィンテージのジャーマントレーナー

ちなみにヴィンテージでは色は白が圧倒的に多く、レアな黒もあります。これは白が訓練生、黒が教官用だったから。また当初はアディダスとプーマが生産を担い、デザインも双方が手掛けたといわれています。

プーマ アーミートレーナーOG アディダス オリジナルス for エディフィス 別注BW ARMY
当時、アディダスやプーマの工場で作られていた(写真は現行品)

ただ主な工場は東欧最大の靴の生産国、スロバキア。だから今日も、スロバキア製のジャーマントレーナーが王道と認識されてるんですね。

ところでジャーマントレーナーって、他の定番スニーカーと違っていろんなブランドから発売されてますよね? これはなぜなら、販売目的のない軍用品で、商標登録をしていないから。だからスニーカーとして大人気となってからは、さまざまなブランドのジャーマントレーナーがあるわけです。

そんな人気の立役者となったのが、日本のシューズメーカー、タナカユニバーサル(※1)。そして世界的デザイナー、マルタン・マルジェラ(※2)です。

ドイツ軍のジャーマントレーナーは1994年に支給が終了し、スロバキアの生産工場も閉鎖してしまいます。しかしタナカユニバーサルが工場を再稼働し、残っていた機械や型紙、ソールやナイフなどを使い、98年に復活させたのです。

するとパリの展示会でこれを見たマルタン・マルジェラがとっても気に入り、タナカユニバーサルに自分たちのジャーマントレーナーの生産を依頼します。

しかしタナカユニバーサルは「自由に作っていい」と回答。そして02年にマルジェラのコレクションで発表すると、ジャーマントレーナーはスニーカーとして世界的に人気が爆発したのです。

ちなみにマルジェラは自分たちのジャーマントレーナーを、「レプリカ」と称しています。これはタナカユニバーサルの「自由に作っていい」との回答に感銘を受けた、マルジェラの敬意の表れだともいわれているんですよ。

マルタン・マルジェラもゾッコン♡
 

メゾン マルジェラでも定番となったジャーマントレーナー
自身のジャーマントレーナーにはリスペクトの意が込められている

 
《メゾン マルジェラでも定番となったジャーマントレーナー》
ヴィンテージのジャーマントレーナーを愛用していたといわれるマルタン・マルジェラ。ちなみにレプリカタグはヴィンテージの価値観を大切にしたアイテムに使われる。タグのProvenance(起源)にはオーストリアとあるが、これはプーマのオーストリア工場で作られた、ヴィンテージをベースにしたことを意味している。

そして今となってはさまざまなシューズブランドからファッション業界も、ジャーマントレーナーにゾッコン♡ マルジェラに続いて数々のメゾンもジャーマントレーナーを手掛けたほか、リプロダクション オブ ファウンドのように忠実なスロバキア製と、上質な素材でアップデートを行うシューズブランド。

リプロダクション オブ ファウンド
リプロダクション オブ ファウンド

トレラン用のビブラムソールを使ったオルフィックや、レザーソールでドレスアップしたエンダースキーマフット・ザ・コーチャーなどのアレンジモデルも大豊作。

オルフィック エンダースキーマ フット・ザ・コーチャー
左/オルフィック 中/エンダースキーマ 右/フット・ザ・コーチャー

さらにMHL.(※3)といったファッションブランド、ビームスなどセレクトショップオリジナルにまでラインナップしているほど。

またシップスでは、大のジャーマントレーナー好きというバイヤーの瀬谷さんが、激レアなヴィンテージを買い付けてお店で販売していたりも。

シップス バイヤー 瀬谷俊法さん

シップス バイヤー
瀬谷俊法さん

洋服屋だった父の影響を受けてファッションに開眼。洋服、スニーカーから美容にも精通し、24歳にしてバイヤーに就任した敏腕だ。

業界人もジャーマン好き♡
「いま一番のスニーカーはアディダスのBWアーミー、ネイビー!」―瀬谷さん

 

アディダスのBWアーミー、ネイビー

 
《お気に入りの1足!》
「70~80年代のクラシカルなスニーカー、なかでもジャーマントレーナーが大好物♡ ヴィンテージのジャーマントレーナーを持っていましたが、ついに履き潰してしまい……。ただ心の穴を埋めてくれたのがBWアーミー。オリジナルにないネイビーも最高です!!」

ヴィンテージ ジャーマントレーナー
ジャーマントレーナー(ヴィンテージ)

「これは滅多に見られないグレーアッパーなんですよ! 白よりも色が濃いめなので、上達した訓練生に支給したのかな(笑)? レアな色を見つけるのもジャーマントレーナーの楽しみですね」

加えて最近では、ジャーマントレーナーだけでなく、世界各国のトレーニングシューズに人気が飛び火。クラシカルなブリティッシュトレーナーフレンチトレーナーをはじめ、近代の訓練用シューズを生産する、ダッドシューズライクなマグナムといったブランドも注目の的になっています。

ブリティッシュトレーナー フレンチトレーナー
左/ブリティッシュトレーナー 右/フレンチトレーナー

いわばスニーカーシーンのなかでも、とりわけ群雄割拠な熱いカテゴリー。次なる旬のキーワードは“トレーナー”。識者たちは、すでにそう見ています。

おせっかいな解説
 
【タナカユニバーサル】(※1)
1942年創業、シューズ企画や販売を行うメーカー。ジャーマントレーナーを復活させ、マカロニアンやセボといった自社ブランドのほか、メゾンとのコラボも多数手掛けている。
 
【マルタン・マルジェラ】(※2)
ベルギー出身のデザイナーで、メゾン マルジェラの創設者。ジャーマントレーナーをはじめ、仏陸軍M‐47トラウザーズの素晴らしさを世界に知らしめたことでも有名。
 
【MHL.】(※3)
英国を代表するデザイナー、マーガレット・ハウエルのカジュアルライン。女史が影響を受けたワークウェア、ユニフォームをもとにしたベーシックな服や、靴と鞄も支持が厚い。

特集・連載「スニーカー 新・レトロ主義」の最新記事

今季はとくに豊作ってことで「ジャーマントレーナー」ストーリー解説

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ