Begin Market

New Balance ニューバランス

心地よさの根底であるソールの技術で選ぶべし

ニューバランスが心地いいってのは、もはや世界の共通認識。なかでもグレーのニューバランスは、言わば赤いフェラーリやジェダイカラーのファイヤーキングなんかと同じ、不朽の定番。物好きが足と心、双方の心地よさを考える時には外せない存在です。

……が、いかんせん選択肢が多すぎる! 名作ニューバランスのほとんどがグレーを軸にしてるから、どれを選ぶか迷いに迷っちゃうんですよね。

ってことで、このあるあるな悩みを解決する一助として提案したいのが、“ニューバランス=雲上”の根底とも言える、ソールのテクノロジーでセレクトするって方法です。

New Balance ニューバランス

上の一覧をご覧あれ。同社がこれまで開発してきた独自テクノロジーと、各々の技術を搭載した現行機、初搭載したレジェンドモデルをズラリと並べてみました。こうして眺めてみると、同じグレーニューバランスでも微妙にキャラが異なって見えてくるはず。

例えば、とにかくニューバランスらしさを重視したい!って人は、クラシカルなC-CAPやENCAPを搭載したモデルを。ルックス面で適度なハイテク感を求めるなら、ABZORBやN-ERGYの採用モデルを。

とにかく軽さ重視♪って場合は、REVLITE X搭載機を。存在感こそ正義!というトレンド重視派は、ダッドソールやフレアソール(ともにビギン命名)採用機を。と、求めるニューバランス像に応じて、ソールから逆引きするという奇策も、意外と選びの決め手になるんです。

もちろんクッション性や反発性をはじめとする、心地よさの源となる性能は、どのテクノロジーも高水準で外れ知らず。ニューバランスの底力を余すとこなく味わいたいなら、底にこそスポットを当てるべし!
 

たくさんあるニューバランスのグレー、どう選べばいいかわからないから比べてみた

New Balance ニューバランス

クラシックなニューバランスが好きなら……
[C-CAP][ENCAP]

New Balance ニューバランス クラシックなニューバランス

1980年代[C-CAP]
代表的テクノロジーは実は日本と縁が深い!?

New Balance ニューバランス C-CAP
C-CAP

EVA素材を圧縮形成することで、クッション性と耐久性を向上させたミッドソール技術。当時蜜月だった月星化成の主導によって開発されたという、日本人には誇らしい逸話も。
 

900番台王道クラシック

New Balance ニューバランス CM996

New Balance[ニューバランス]
CM996

’88年に登場したオリジナル996のシルエットを精緻に再現した人気モデル。C-CAPとENCAPを同時搭載した2層構造のミッドソールと、ポリウレタンインソールが極上の“心地いい”を確約してくれる。1万5180円。
 

初搭載[M670]

New Balance ニューバランス M670

1985年[ENCAP]
雲の上を……という名言を生んだレジェンドソール

New Balance ニューバランス ENCAP
ENCAP

内側にクッション性に秀でたEVA素材を、外側に耐久性に富むポリウレタンを組み合わせた技術。某御大が「雲の上を歩いてるよう」と述べたという都市伝説も、この技術が源。
 

世界で一番のクラシック

New Balance ニューバランス ML574

New Balance[ニューバランス]
ML574

’90年代後半に登場した、現状世界で一番多く売れている名品番。2018年にアッパーの構造をイチから見直して、パーツ数や作業工程を削減し、足あたりやフィット感を向上させるよう、リニューアルされている。1万890円。
 

ザ・ニューバランス フラッグシップ

New Balance ニューバランス M990v5

NEW BALANCE[ニューバランス]
M990v5

永世定番990の最新バージョン。ENCAPとABZORBを組み合わせた先端ミッドソールを採用して、もとより定評のあった“雲上”を更新。デザイン面でもクリーンな印象にアップデートされている。3万800円。
 

初搭載[M1300]

New Balance ニューバランス M1300

ハイテクなニューバランスが好きなら……
[ABZORB][N-ERGY]

New Balance ニューバランス ハイテクなニューバランス

1993年[ABZORB]
列車の衝撃を吸収するハイテク材が開発のヒントに

New Balance ニューバランス ABZORB
ABZORB

均一に発砲するクッションフォームを採用したハイテク素材。着地時の衝撃を、なんとほぼ100%吸収してくれるうえ、反発弾性にも優れ、極めて優秀な走行安定性能を誇る。
 

1000番台の代表ハイテク

New Balance ニューバランス M1700JP

New Balance[ニューバランス]
M1700JP

’99年に登場した傑作M1700を米国製で復刻。しかも特徴だった上質ヌバック×メッシュアッパーを、かの1300を想わせる青みがかったグレーで彩った、愛好家垂涎の話題作だ。ニューバランス公式ストア限定モデル。3万9600円。
 

初搭載[M998]

New Balance ニューバランス M998

2000年[N-ERGY]
世紀の節目に登場した革新的テクノロジー

New Balance ニューバランス N-ERGY
N-ERGY

優れた衝撃吸収性とエナジーリターンをもたらすだけでなく、耐久性にまで秀でた革新的弾性素材。M2000に初搭載され、ニューバランスラバーを驚嘆させた。以後、派生も登場し人気を博す。
 

2000番台はハイテクの雄

New Balance ニューバランス M2002

New Balance[ニューバランス]
M2002

2010年に当時のフラッグシップモデルとして登場したMR2002に着想を得たアッパーデザインと、ハイスペックソールを融合。参考商品。グレー以外のカラーは発売あり、1万6280円~。グレーは今後の復刻に期待!
 

初搭載[M2000]

New Balance ニューバランス M2000

軽さ重視なら……
[REVLITE]

New Balance ニューバランス 軽さ重視

2011年[REVLITE]
“走る”ために開発された軽さナンバー1素材

New Balance ニューバランス REVLITE
REVLITE

軽さと耐久&クッション性に優れるミッドソール素材「REVLITE」。本格的なランニングシューズや、ウォーキングシューズにも採用されている。本作は進化版の「REVLITE X」。
 

ウォーキング品番の代表

New Balance ニューバランス MW880

New Balance[ニューバランス]
MW880

ハイテクソールにクラシカルなアッパーを組み合わせた、ニューバランス定番のウォーキングシューズ。ヒール部分にCRカウンターを設けることで、安定性も高められているので、長時間歩き倒しても心地いいまんま♪ 1万2100円。
 

初搭載[M890]

New Balance ニューバランス M890

より強い存在感を求めるなら……
[ダッドソール][フレアソール]

New Balance ニューバランス 存在感

2021年[ダッドソール]
デコラティブな2層構造でパンチ力あるルックスに

New Balance ニューバランス ダッドソール
ダッドソール

’90年代に展開していたモデルに着想を得た波型のソールを上層に、名機574にインスパイアされたシンプルソールを下層に配した2層構造。クッション性とダッドな見た目に萌え。
 

初搭載

New Balance ニューバランス M57/40

574がより存在感抜群に
New Balance[ニューバランス]
M57/40

世界で一番売れている574をベースに、流線的なデザインやビッグNロゴをはじめとする、’90年代の名機のエッセンスを注入。存在感重視!な今の気分に合致したデザインへとブラッシュアップされている。1万5400円。

2020年[フレアソール]
トレイルラン用の隠れ名機が元ネタ

New Balance ニューバランス フレアソール
フレアソール

’70年代にトレランカテゴリーの初号機としてデビューした̏355̋に着想を得た、かかとまで巻き上げたデザインが特徴。台形状に広げることで安定性もアップさせている。
 

初搭載

New Balance ニューバランス MS327

アウトドアテイストも◎
New Balance[ニューバランス]
MS327

320、355、スーパーコンプという、’70年代を席巻したニューバランスのレーシングシューズのデザインをミックス。ニューバランス史上最大級Nロゴを外側だけに配したユニークなルックスで、新定番モデルへと成り上がった。1万3090円。

ちなみに……“はじまりのグレー”はM620

New Balance ニューバランス M620

’80年に初めてグレーが採用されたM620。その理由は、ジム・デービス会長が70年代半ばにアウトドアギアの展示会で、グレーのスキーウェアを見て感動したから、という説が有力。

New Balance ニューバランス

 
今、こんなにグレーがあるって知ってた?
New Balance[ニューバランス]
Since 1906 アメリカ

矯正靴やアーチサポート・インソールを開発するニューバランス・アーチ社を前身として、100年以上の長きに渡って“心地いい”を追求。グレーを定番色へ浸透させた功績も特大だ。

 
※年代、モデル等、編集部調べ
※表示価格は税込み


[ビギン2022年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年6月号

Begin 2022年6月号

靴&鞄ブランド大研究

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ