wook vol.11

東のHIPHOP×エアフォースワン VS 西のグランジ×オールスター

1995年~ハイテクブームの陰でローテクが根強く支持される
人気を二分!【東のHIPHOP×エアフォースワン】VS【西のグランジ×オールスター】

ハイテク人気が高まる一方、そのカウンターカルチャーとして台頭したのがローテクです。当時から根強い人気を誇っていたものの、ブームとなるまでに至ったのは’90年代のミュージックシーンの影響が大きかった。と話すのは当時を知るコンバースの田中さん。

東のHIPHOP
東のHIPHOP×エアフォースワン

「’95年頃から米国では東海岸のヒップホップが勢いを増していました。日本でのブームも重なって、スタイルも注目されていましたね」。

日本のバイヤーは彼らがPVやジャケットで着用していたエア フォース 1に着目。リーズナブルで着こなしに合わせやすい点も人気を後押しし、’90年代後半には大人気モデルとなります。

西のグランジ
西のグランジ×オールスター

一方で、時は遡り’91年。ニルヴァーナが「ネバーマインド」を発表すると、グランジ人気が爆発。ニルヴァーナのカート・コバーンのように、彼らはデニムにオールスターをはじめとするクラシカルなスニーカーを愛用。ファッションアイコンとしても支持されます。

「’95年頃の日本は洋楽ブームの全盛期。なかでも音楽性とファッションが一致したカート・コバーンの人気は圧倒的で、その後メロディックハードコアやスカパンクといったジャンルの音楽性やファッションにも影響を与えた印象があります」。

そうしたカート・コバーンの影響からか、各メーカーはクラシカルなスニーカーを続々と復刻。ヴィンテージでなければ買えない名作を手頃に入手できるようになったのです。こうした2つの流れが交錯し、’90年代後半にはすっかり、ローテクが“気分”となり、復権していったのです。

コンバースジャパン マーケティング課 課長 田中周平さん

コンバースジャパン マーケティング課 課長
田中周平さん

高校時代に、スニーカーブームとグランジを筆頭とする洋楽ブームを経験し、同社に入社。トレンドとスニーカーの両面に造詣が深い同社のマーケティング課のキーマンだ。

HIPHOP×エアフォースワン

NIKE ナイキのエア フォース 1

NIKE[ナイキ]
エア フォース 1

1982年発売、初めてエアを搭載したバスケットボールシューズ。ヒップホップアーティストは、クリーンなエア フォース 1を履く=サクセスの象徴として、オール白を愛用することが多い。1万1000円(ナイキ カスタマーサービス)
 

ダンサーは赤いスウッシュが目印

NIKE ナイキのエア フォース 1

ダンサーも御用達のエア フォース 1。’90年代のNYでは、赤スウッシュや赤ベルトを備えたエア フォース 1がダンサーのユニフォーム的なモデルで、足元で判別できたとか。
 

スニーカーを買い付ける情報源はジャケット!?

D.I.T.C. 2ndアルバムのジャケット

“ブロンクスの最高機密”ことD.I.T.C.のリーダー、ロード・フィネスが2ndアルバムの足元をエア フォース 1で飾った。日本のバイヤーはこうしたジャケットをヒントに、アイテムをセレクトしていた人もいるそう。

グランジ×オールスター

CONVERSE コンバースのオールスター

CONVERSE[コンバース]
オールスター

さまざまなロックミュージシャンに愛用されてきたオールスター。プリミティブなロックのビート、リフが融合したグランジの足元にもローテクの定番はピッタリだった。各8250円(コンバースインフォメーションセンター)
 

カート・コバーンがレアスニーカーを入手しやすくした!?

カート・コバーンの影響か、入手困難なモデルが次々と復刻。ローテク人気を後押しした。

NIKE ナイキのコルテッツ

NIKE[ナイキ]
コルテッツ

ヴィンテージも人気の的だったナイキのデビュー作。当時のナイキは復刻モデルには消極的で、コルテッツの復刻は意外性も高かった。

CONVERSE コンバースのワンスター

CONVERSE[コンバース]
ワンスター

 
’74~’75年にしか生産されなかったが、日本で復刻されて人気が本格化した。2万4200円(コンバースインフォメーションセンター)

PUMA プーマのスウェード

PUMA[プーマ]
スウェード VTG

 
名作スウェードも’90年代からアジア生産を開始した。本作は旧ユーゴ製モデルの復刻版。1万1000円(プーマお客様サービス)

ADIDAS アディダスのキャンパス

ADIDAS[アディダス]
キャンパス

復刻以前は仏製ヴィンテージを探すしかなかったキャンパス。ビースティボーイズの足元でも有名。1万989円(アディダスお客様窓口)

日本のアーティストもローテクブームを牽引!

’90年代は日本の著名なアーティストもローテクスニーカーを愛用し、人気を博した。
 

PUFFYが着用

NORTH WAVE ノースウェーブのエスプレッソ

NORTH WAVE[ノースウェーブ]
エスプレッソ

’96年から人気が爆発したイタリアのスノーボードブランドのスニーカー。藤原ヒロシが火つけ役となり、パフィー、広末涼子らの足元を飾った。2万1780円(ディプトリクス)
 

藤原ヒロシが着用

ADIDAS アディダスのスーパースター

ADIDAS[アディダス]
スーパースター

藤原ヒロシが愛用したことで大人気となったスーパースターの黒白。バウンティーハンターのヒカルも愛用した。写真は当時の類似モデル。1万5400円(アディダスお客様窓口)
 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年2月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年2月号 表紙

Begin 2022年2月号

ビギンベスト100

特別定価730円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「傑作スニーカーの超現代ヒストリー ’90s~2010年代編」の最新記事

エアフォースワンVSオールスター。’90sミュージックがローテク人気の黒幕だ!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ