wook vol.7

革製品

突然ですが、目の肥えた皆さまに問題です。
写真の革製品いくらに見えるでSHOW?

値段の張る高級レザーはもちろんいいけど、毎日ガシガシ使いたい実用的な革モノは見栄えファーストでいいじゃん! とお考えのアナタに問題です。どれも高級然とした上の5品、さて、いくらに見えるでしょう?
 

実はぜんぶ1万円ちょい以下でした!

革製品

見た目リッチでお値打ち価格が今っぽい

ライターの山田純貴  Begin編集部ナカシマ
(左)解説:[革モノ博士]ライター 山田純貴さん (右)実況:編集部 ナカシマ

ナカシマ 革モノは何より見た目第一! という人のために、今回は「お値段以上に見える」逸品を選りすぐってみました。

山田 いや~、こうして見ると、全然わからない(笑)。最近は、お手頃価格でも見た目だけでなく、ヨク出来なのも増えたからね。

ナカシマ 革モノ博士の山田さん、ご教示お願いします! まず、ビットローファーはどうですか?

HERISSON エリソンのビットローファー

山田 モカのギャザーが手縫い風で味があるね。木型もスマートだし、高級モカシンさながら!

ナカシマ メッシュベルトは?

山田 目が細かく編まれててキレイだし、革が上質だよね。ネックポーチも上品な雰囲気。この2つはとにかく革がイイ!

ナカシマ どっちも日本製です。ネックポーチの革は某メゾンブランドでも使われるディアスキンだそうで、手触りも最高です。

山田 ディアスキンは、伸縮性に富んでて、摩耗にも強いんだよね。

ナカシマ バッグ2つはフェイクレザー。そうは見えませんね……。

山田 今の合皮の製造技術はスゴいよ。本革と見分けがつかないもん。それにお手入れも簡単でずっとキレイに使えるのもイイ。もっと評価されるべき素材だと思うよ。

ナカシマ どっちもオンオフ使えてお得感があります。

山田 今どきの風潮は実用本位。毎日使うなら、それなりの見栄えで気後れなく使えるリーズナブルなモノがいいって人も増えたよね。どれも買って損はないでしょう。

①モカシンのシワ感がエレガントなビットローファー
11,000円

HERISSON エリソンのビットローファー

HERISSON[エリソン]
ビットローファー

モカ外周のギャザーが手縫いモカシン風味を醸し出し、極薄ラバーソールもエレガント。柔らかレザーアッパ ー&高クッション性中敷きにより、履き心地はスニーカーライクで超楽チン!(417エディフィス渋谷店)

②スーツに似合う上品シュリンクデイパ
10,780円

THE SUIT COMPANY ザ・スーツカンパニーのシュリンク型押しバックパック

THE SUIT COMPANY[ザ・スーツカンパニー]
シュリンク型押しバックパック

フェイクレザーなのに、見た目リッチ感&しなやかタッチ感がシュリンクレザーそのもの! PCも収まるクッション入りポケット搭載でON使いにも対応する。W30×H42×D13cm。(ザ・スーツカンパニー銀座本店)

③目を細かく編んだ洗練メッシュベルト
5,940円

SHIPS any シップス エニィのWYNYベジタブルタンニン メッシュベルト

SHIPS any[シップス エニィ]
WYNYベジタブルタンニン メッシュベルト

皮革関連産業の国際機関から環境評価で金賞を授与されたメキシコ・ウィニー社のベジタンレザーを使い、日本の職人が美しく編み上げたお値打ち良品だ。ベルト幅2cm。2サイズ展開。(シップス エニィ 渋谷店)

④高品質ディアスキンのネックポーチ
9,790円

TOKYO LEATHER CLUB×JOURNAL STANDARD トーキョー レザー クラブ×ジャーナル スタンダードのネックポーチ

TOKYO LEATHER CLUB×JOURNAL STANDARD
[トーキョー レザー クラブ×ジャーナル スタンダード]
ネックポーチ

財布代わりにも使えるネックポーチ。某メゾンも御用達の上質ディアスキンは、ナデナデしたくなるやさしい質感が心地よし。ネックストラップは長さ調節可能。W9×H13cm。(ジャーナル スタンダード 表参道)

⑤オン⇔オフ使えるミニマルシュリンクトート
3,190円

GLOBAL WORK グローバルワークのアーバンキャリートート

GLOBAL WORK[グローバルワーク]
アーバンキャリートート

ラグジュアリー感特濃なシュリンクレザー風フェイクレザー製。ペットボトルや折り畳み傘が収まるインポケットなどを搭載し、仕分け収納が楽勝だ! W41×H40×D8cm。(アダストリア カスタマーサービス)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年8月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「安くていいモノ暮らし」の最新記事

コレ、いくらに見える? 高級に見えて実はリーズナブルな「革モノ」5選

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ