string(38) "https://www.e-begin.jp/article/373172/"
int(1)
int(1)
  

キャンプブームが叫ばれて久しい昨今。みなさん、薪、燃やしてますか? 火を眺めるだけでも良し、火を囲んで友人や家族と美味しいお酒や料理を楽しむのも良し、一人で読書に没頭するのも良しと、キャンプにはなくてはならないキャンプの醍醐味として定着していますよね。独立系メーカーによるギアも多くリリースされる近ごろでは、焚き火台も多種多様。本企画では、そんなよりどりみどりの選択肢の中から、今最も“映える”焚き火台をBegin編集部が厳選! インスタグラマーとしての顔も持つ若手女流フォトグラファー「もろんのん」氏を撮影担当に迎え、映え焚き火写真の撮影を敢行! 是非、映え焚き火台選びの参考にしてください。ちなみに、みなさんのSNSの投票で、栄えある映え焚き火台1位を決めちゃいます! 詳しくはページ下部をチェック!


フォトグラファー もろんのん
明るくポップな世界観を切り取るフォトグラファーとして、人物、トラベル、企業の広告撮影など多岐にわたって活躍。また、全国のセミナーや自身のYouTubeチャンネルを介して、写真の楽しさや撮影テクニックなどを伝える活動も積極的に実施し、Instagramでフォロワー9万人以上、YouTubeチャンネルでは約6万登録者数を持つインフルエンサーとしても注目を浴びているフォトグラファー界の新星。

厳選した映え焚き火台はコチラの7台!

①Wolf&Grizzly[ウルフアンドグリズリー] ファイヤーセーフ
②CAMP FREAKS × MURACAMP[キャンプフリークス × ムラキャンプ] Sato-c
③Petromax[ペトロマックス] ファイヤーボウルfs48
④sanzoku mountain[サンゾクマウンテン] マウンコル ワガラ
⑤detour life × FUJIKINKO[デトアーライフ × フジキンコウ] ハンギングボンファイヤースタンド2.0
⑥野良道具製作所[ノラドウグセイサクジョ] 焚灯籠 GEN2
⑦TOKYO CRAFTS[トウキョウクラフト] KUBERU

エントリーするのはこちらの7台。いくつかのメーカーを除いては、ベーシックなアウトドアギアを愛する古参の方々には、ちょっと聞き慣れないラインナップではないでしょうか。それもそのはず、これらの多くは、SNSで“バエる”キャンプ写真を投下しまくるお洒落キャンパーたちもこぞって愛用する、ニューエイジなガレージアウトドアブランドの焚き火台たち。遊びの効いたデザインや斬新なアイデア、採算度外視のクラフトマンシップなど、十人十色の特徴で、キャンプの夜をググっとお洒落に演出してくれる逸品たちなんです。

今回は、CAMP FREAKS × MURACAMP[キャンプフリークス × ムラキャンプ] Sato-cをご紹介! コチラは、キャンプ好きとしても有名なお笑い芸人トロサーモンの村田氏が監修した焚き火台。村田氏のこんな焚き火台が欲しい!という願いが詰まった注目の逸品なんです!

クラファン生まれの純国産コンパクトモデル
CAMP FREAKS Sato-c


日々さまざまなアイデア品を世に送り出すクラウドファンディングサイトMakuakeにて、目標金額を大幅に超える664%のサポート達成を記録した焚き火台、Tano-b。手掛けたのは、大阪の食品機械メーカーに務める3人のキャンプ好き技術者たち。食品機械製造の現場で培った技術力とキャンパーとしてのアイデアを融合させた、完全国内生産のブレイク必至の焚き火台です。そんな話題沸騰の1台に、キャンプ好きのお笑い芸人「とろサーモン」の村田さんのフィードバックを反映したコラボモデルが登場。それがこちらのSato-c。収納時には、A4サイズのバッグに厚さたった7mmで収まるというコンパクトデザインはそのままに、各所に特別仕様のアレンジを。どの角度から見ても話題性に事欠かない1台です。


パーツ構成は、大小4枚のパネルとロストル、そして五徳。すべて合わせて重量約1.7kg。少しでも荷物を軽くコンパクトにまとめたいソロキャンパーにとっては、これほど頼もしいものはないのでは。写真左上のパネルに施された“MURA CAMP”の文字抜きが、とろサーモン村田さんコラボの証し。


組み立てはそれぞれのパーツを差し込んでいくだけ。ネジや工具などを使う必要もなく、その設営時間はわずか15秒ほど。変な引っかかりなどもなく、すべてのパーツがススっとスリーブに差し込まれていく精巧さは、メイド・イン・ジャパンならでは。

完成時のサイズは、縦25×横28×高さ22.5cmのソロ仕様。大きな薪はバトニングして使う必要がありそうです。またサイドパネルに配した焚き炎柄の型抜きは、空気穴としても機能。ロストルの下にしっかりと空気を通してくれるため、燃焼性も◎。


五徳の差し込みスリーブは4箇所あり。写真のようなスキレットはもちろん、もう少し大きめの鍋でも乗せられそう。ちなみにロストルにあしらわれた鳥型の抜きも、とろサーモン村田さんとのコラボモデル特別仕様。

もろんのん×CAMP FREAKS Sato-c

 

もろんのん氏による”映え”ポイント&焚き火の感想

V字型の谷のフォルムや細部のデザインがかっこよかったので、ローアングルから撮影しました。火の迫力を意識しつつ、V字のフォルムをしっかり映してげるのがポイント。キャンプアイテムもローチェアなどの低いモノを選ぶのもキモ♪ コメント:五徳がついているので、調理も楽々。こっそり見える鳥のアイコンも可愛く、ソロキャンプの心強い相棒になってくれる存在です。

BeginのInstagramにて、もろんのん氏が撮影した”映え焚き火”写真コンテストを実施中! 是非、お気に入りの一枚に「いいね」をつけてください!! >>>BeginのInstagramはコチラ

V字型のフォルムが頼もしいソロキャンプの相棒!


クラウドファンディングサイトMakuakeにて、目標金額を大幅に超える664%のサポート達成を記録した焚き火台「Tano-b」が、キャンプ好きのお笑い芸人「とろサーモン」の村田さんとタッグを組み誕生したコラボモデルがコチラ。収納時には、A4サイズのバッグに厚さたった7mmで収まるというコンパクトデザイン。組み立ても簡単かつ、薪組みの簡易性や燃焼性も◎ということもあり、初心者キャンパーの初めての一台としてピッタリ! 縦25×横28×高さ22.5cm 8,500円(税込)

(問)
MURATUBE STORE
https://www.muratube.com/


写真 / もろんのん 文 / 山本サトシ モデル / 中川可菜

特集・連載「“映え焚き火台”コンテスト withもろんのん」の最新記事

人気お笑い芸人トロサーモン村田さん監修!ソロキャンパー必見の”映え”焚き火台

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ