string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  


キャンプブームが叫ばれて久しい昨今。みなさん、薪、燃やしてますか? 火を眺めるだけでも良し、火を囲んで友人や家族と美味しいお酒や料理を楽しむのも良し、一人で読書に没頭するのも良しと、キャンプにはなくてはならないキャンプの醍醐味として定着していますよね。独立系メーカーによるギアも多くリリースされる近ごろでは、焚き火台も多種多様。本企画では、そんなよりどりみどりの選択肢の中から、今最も“映える”焚き火台をBegin編集部が厳選! インスタグラマーとしての顔も持つ若手女流フォトグラファー「もろんのん」氏を撮影担当に迎え、映え焚き火写真の撮影を敢行! 是非、映え焚き火台選びの参考にしてください。ちなみに、みなさんのSNSの投票で、栄えある映え焚き火台1位を決めちゃいます! 詳しくはページ下部をチェック!


フォトグラファー もろんのん
明るくポップな世界観を切り取るフォトグラファーとして、人物、トラベル、企業の広告撮影など多岐にわたって活躍。また、全国のセミナーや自身のYouTubeチャンネルを介して、写真の楽しさや撮影テクニックなどを伝える活動も積極的に実施し、Instagramでフォロワー9万人以上、YouTubeチャンネルでは約6万登録者数を持つインフルエンサーとしても注目を浴びているフォトグラファー界の新星。

厳選した映え焚き火台はコチラの7台!

①Wolf&Grizzly[ウルフアンドグリズリー] ファイヤーセーフ
②CAMP FREAKS × MURACAMP[キャンプフリークス × ムラキャンプ] Sato-c
③Petromax[ペトロマックス] ファイヤーボウルfs48
④sanzoku mountain[サンゾクマウンテン] マウンコル ワガラ
⑤detour life × FUJIKINKO[デトアーライフ × フジキンコウ] ハンギングボンファイヤースタンド2.0
⑥野良道具製作所[ノラドウグセイサクジョ] 焚灯籠 GEN2
⑦TOKYO CRAFTS[トウキョウクラフト] KUBERU

エントリーするのはこちらの7台。いくつかのメーカーを除いては、ベーシックなアウトドアギアを愛する古参の方々には、ちょっと聞き慣れないラインナップではないでしょうか。それもそのはず、これらの多くは、SNSで“バエる”キャンプ写真を投下しまくるお洒落キャンパーたちもこぞって愛用する、ニューエイジなガレージアウトドアブランドの焚き火台たち。遊びの効いたデザインや斬新なアイデア、上代度外視のクラフトマンシップなど、十人十色の特徴で、キャンプの夜をググっとお洒落に演出してくれる逸品たちなんです。

今回は、Petromax[ペトロマックス] ファイヤーボウルfs48をご紹介! キャンパーにはお馴染み深い、本ブランドによる焚き火台は、無骨で男心くすぐるデザインが魅力。加えて、一石二鳥の使い方ができる!と今話題沸騰中の焚き火台なんです。

ランタンだけじゃない! ドイツの老舗の一石二鳥な焚き火台
Petromax ファイヤーボウルfs48


1910年創業。ギア好きキャンパーにはお馴染みの、ドイツが生んだランタンブランド、ペトロマックス。ですが100年以上も続くジャーマンエンジニアリングの大老舗が、ランタンだけしか作ってない、なんてわけはありません。当然そのラインナップの中には、焚き火台もあるわけで。そんなブランドとアイテムの意外性で、ギアホリックたちのマニア心をくすぐるひと品がこちら。その名も見た目もどストレートな、ファイヤーボウルfs48。無骨なブラックスチールで仕立て、余分なパーツを削ぎ落としたソリッドルックスに、男心が刺激されること請け合い。男前方向の“映え”を狙うなら、まさにうってつけの1台です。

天板と脚だけの超シンプル仕様ながら、その重量は約5kgと、なかなかにヘビーウエイト。実際に手に入れる際には、別売りのキャリングケースも同時購入することがオススメです。大きくプリントされたペトロマックスのロゴグラフィックがカッコいい!

3本の脚はネジ式で、着脱も簡単。ちなみに焚き火台自体のラインナップは、こちらの直径48cmに、38cmと56cmを加えた3サイズ展開。脚高はすべて共通ですが、別売りで延長脚もあり。サイズ違い、脚長違いで買い揃えれば、夢の焚き火台2段組も可能です。

ボウルとは言いつつも、天板はほとんどフラット形状。だから薪の組み方も自由自在。今回は素人でもトライしやすい、定番の井桁型で組んでみました。長さ約45cmの大きな薪がスッポリ包まれるサイズ感も◎。焚き火メインで考えるなら、サイズはこちらの48がベスト。


ご覧のように本製品の下で焚き火を行えば、グリルプレートとしても使用可能。直火OKなサイト、あるいは下にもう1台設置する焚き火台があるならば、是非試してみたい活用術です。ワイルドな見た目は、まるでカウボーイさながら。これは“バエ”ますよ〜!

もろんのん×Petromax ファイヤーボウルfs48

もろんのん氏による”映え”ポイント&焚き火の感想

焚き火台が背が低く平面的で、面が大きかったので真上から、薪が分かるように撮影しました。焚き火台が平面的なため、火と薪のインパクトを意識して撮影するのがキモ。手提げバッグに入るコンパクトな収納で、ねじ式の脚をつけるだけのシンプルさが魅力でした。まぁるく存在感のあるファイヤーボウル48はソロキャンでもいいですが、友達と火を囲みながら焚き火を眺めるシチュエーションで使いたいですね!

BeginのInstagramにて、もろんのん氏が撮影した”映え焚き火”写真コンテストを実施中! 是非、お気に入りの一枚に「いいね」をつけてください!! >>>BeginのInstagramはコチラ

まぁるい鉄板が頼もしい! 2way仕様のファイヤーボウル


100年以上も続くジャーマンエンジニアリングの大老舗によるマニア心をくすぐる焚き火台がコチラ。男心にどストライクな、ブラックスチールを使用した無骨かつ余分なパーツを削ぎ落としたソリッドルックスデザインが特徴。焚き火台だけとしてではなく、グリルプレートとしても使用可能な嬉しい2way仕様。 サイズ:φ 48㎝ × 26cm 重量:5㎏ 13,200円


写真 / もろんのん 文 / 山本サトシ モデル / 中川可菜

特集・連載「“映え焚き火台”コンテスト withもろんのん」の最新記事

焚き火台で鉄板焼きも楽しめる!? 一石二鳥のま~るい映え焚き火台

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ