string(38) "https://www.e-begin.jp/article/355692/"
int(1)
int(1)
  


キャンプブームが叫ばれて久しい昨今。みなさん、薪、燃やしてますか? 火を眺めるだけでも良し、火を囲んで友人や家族と美味しいお酒や料理を楽しむのも良し、一人で読書に没頭するのも良しと、キャンプにはなくてはならないキャンプの醍醐味として定着していますよね。独立系メーカーによるギアも多くリリースされる近ごろでは、焚き火台も多種多様。本企画では、そんなよりどりみどりの選択肢の中から、今最も“映える”焚き火台をBegin編集部が厳選! インスタグラマーとしての顔も持つ若手女流フォトグラファー「もろんのん」氏を撮影担当に迎え、映え焚き火写真の撮影を敢行! 是非、映え焚き火台選びの参考にしてください。ちなみに、みなさんのSNSの投票で、栄えある映え焚き火台1位を決めちゃいます! 詳しくはページ下部をチェック!


フォトグラファー もろんのん
明るくポップな世界観を切り取るフォトグラファーとして、人物、トラベル、企業の広告撮影などを担う。また、全国のセミナーや自身のYouTubeチャンネルを介して、写真の楽しさや撮影テクニックなどを伝える活動も積極的に行う。Instagramでフォロワー9万人以上、YouTubeチャンネルでは約6万登録者数を持つインフルエンサーとしても注目を浴びている。

厳選した映え焚き火台はコチラの7台!

①Wolf&Grizzly[ウルフアンドグリズリー] ファイヤーセーフ
②CAMP FREAKS × MURACAMP[キャンプフリークス × ムラキャンプ] Sato-c
③Petromax[ペトロマックス] ファイヤーボウルfs48
④sanzoku mountain[サンゾクマウンテン] mouncol wagara
⑤detour life × FUJIKINKO[デトアーライフ × フジキンコウ] ハンギングボンファイヤースタンド2.0
⑥野良道具製作所[ノラドウグセイサクジョ] 焚灯籠 GEN2
⑦TOKYO CRAFTS[トウキョウクラフト] KUBERU

エントリーするのはこちらの7台。いくつかのメーカーを除いては、ベーシックなアウトドアギアを愛する古参の方々には、ちょっと聞き慣れないラインナップではないでしょうか。それもそのはず、これらの多くは、SNSで“バエる”キャンプ写真を投下しまくるお洒落キャンパーたちもこぞって愛用する、ニューエイジなガレージアウトドアブランドの焚き火台たち。遊びの効いたデザインや斬新なアイデア、上代度外視のクラフトマンシップなど、十人十色の特徴で、キャンプの夜をググっとお洒落に演出してくれる逸品たちなんです。

今回は、sanzoku mountain[サンゾクマウンテン] マウンコル ワガラをご紹介! 軽量・コンパクトが吉とされるアウトドアギアの流れとは真逆を行く、重くてデカいブラックアイアンを使ったその男前なプロダクトが魅力。SNSから大ブレイクを果たし、映え最有力候補カモ!?

SNSから大ブレイクした“映える”焚き火の真打ち!
sanzoku mountain  mouncol wagara


2017年、あくまで自分たちだけで楽しむために、2人のキャンパーがDIYでギアを作り始めたところからスタートしたサンゾクマウンテン。軽量・コンパクトが善とされるアウトドア業界の常識とは真逆を行く、重くてデカいブラックアイアンを使ったその男前なプロダクトは、SNSから大ブレイク。今や“映え”にこだわるお洒落キャンパーたちの必須アイテムとして、どのアイテムも軒並み売り切れ状態が続く大注目のガレージブランドです。そんな同ブランドのラインナップの中でも看板商品として人気を博す焚き火台から、和柄の抜きが施されたLサイズモデル、マウンコル ワガラをチョイス。ゴリッとしてるのに情緒豊かな光の演出が楽しめる、まさに“映える”焚き火台です。


3サイズで展開される同ブランドの焚き火台シリーズの中でも、最大サイズのマウンコル。直径45cmというグループキャンプにも対応する余裕の設計は、大人が持ってもこんな具合。ホームセンターなどで売られている一般的な薪であれば、そのまま横に倒してもはみ出ることなく焚べられます。


組み立て不要の完全一体成型ながら、脚だけは着脱可能。キャンプスタイルによって高さが使い分けられる、10cmと17cmの2セットが付属します。脚高10cmで使用する場合は、グラウンドダメージを考え、土や砂利の上で使用するのが吉。

広い面積とフラットな火床で、さまざまな薪の組み方が楽しめるマウンコル。それはつまり、テキトーに組んでもうまく火が着いてくれないということの裏返し。ある程度のスキルが必要になってくるだけに、しっかりと焚き火道を学びたい人に特にオススメ。今回は、合掌型で試してみましたが、勢いの良い炎を得ることができ、和柄がドラマチックに映える様を楽しむことができました。見て楽しむ火もできれば、調理用の火にもなれる!まさにオールラウンダーと言えるでしょう!

もろんのん×sanzoku mountain  mouncol wagara

 

もろんのん氏による”映え”ポイント&焚き火の感想

焚き火を灯すと、和柄がシルエットになってキャンプ空間がドラマチックに演出してくれるため、柄が見えるように撮影するのがポイント。ネジ式で取り付けることができる脚をつけるだけのため、設営が簡単でした。車などでキャンプに行く際にはさっと取り出すことができますし、キャンプだけではなく、和柄が奥ゆかしいためお家やベランダでインテリアとしても可愛いですね。

BeginのInstagramにて、もろんのん氏が撮影した”映え焚き火”写真コンテストを実施中! 是非、お気に入りの一枚に「いいね」をつけてください!! >>>BeginのInstagramはコチラ

奥ゆかしさ漂う実力派焚き火台


本体の直径は約45cm。豪快に焚き火をするにはピッタリなサイズ感。工具不要な付属する2種類の長さの鉄脚で高さ調整が可能なのも◎。特徴的な柄は全3種類展開。柄の隙間から溢れる焚き火の光が何とも言えぬ美しい明かりを作り出し、バエること間違いなしです! 直径45cm、高さ33cm(最大高さ) 35,800円(税込)

(問)
sanzoku mountain
https://sanzokumountain-takibi.com/


写真 / もろんのん 文 / 山本サトシ モデル / 中川可菜

特集・連載「“映え焚き火台”コンテスト withもろんのん」の最新記事

お洒落キャンパー必見! 男前&和の奥ゆかしさを両得する”映え焚き火台”

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ