会員限定セール


近年、通勤やちょっとした移動に便利!と愛用者が増えているEバイク。
人気の高まりを示すように、国内外のブランドからロードバイクやマウンテンバイクなど、さまざまなモデルが登場しています。なかでも使い勝手がいいタイプといえば、折りたたみモデル。というのも限られたスペースでも保管しやすいし、持ち運びも可能。だから普段使いから、旅先や車での移動先などでも、いろんな楽しみ方ができるってわけ。しかも近頃のモデルは折りたたみもラクラクできて、走行性も抜かりなし♪ そこでe-Begin編集部厳選、買って間違いなしの折りたたみEバイクをご紹介していきま~す!
第1号車はこちら、日本が誇る自転車の雄、パナソニックの「オフタイム」でいってみましょう!

さすがパナソニック!と納得の一台!
パナソニック オフタイム


じつは世界で初めて電動アシスト自転車を発売したのは、我が日本。1993年に発売したヤマハのPASです。それからさまざまなメーカーから発売されますが、信頼の3大メーカーがパナソニック、ヤマハ、ブリヂストン。そのなかで唯一の折りたたみEバイクが、パナソニックのオフタイムなんです。
前回#1の「代官山モトベロ回」でも触れましたが、Eバイクは従来のシティサイクルタイプ(いわゆるママチャリ型の電動アシスト自転車)と異なり、漕ぎ出しが一段とスムーズで、よりスピーディにスポーティな走行が可能です。オフタイムもそうしたEバイクにあたります。小径タイヤのミニベロタイプで、とってもコンパクトに折りたためることから、スピーディな通勤や街のちょっとした移動にちょうどいいモデル。さらに非常に滑らかな電動のアシスト感に加え、細部まで抜かりのない機能を装備。折りたたみEバイクのなかでも、間違いなしのスタンダードとオススメできます!


コンパクトなミニベロ、折りたたみモデルながら、最長50㎞の長距離走行が可能な大容量バッテリーを搭載。最長約50㎞走行が可能なロングモード、約38㎞走行可能なオートマチックモード、約30㎞走行可能なパワーモード、3種の電動アシストを選ぶこともできます。ハンドル中央の液晶ナビで、アシストのモードを簡単に切り替えることが可能なのも嬉しいポイント。
また、3つのアシストモードに加え、折りたたみモデルでは珍しい、変速ギアを搭載。平地から坂道までどんな道でも最適なギアに調整できる外装7段変速で、走行性は抜群、スポーティな走りも楽しむことができます!


イタリアの世界最大のサドルメーカー、セラロイヤルのサドルを使用。アナトミカルな構造の145㎜幅、クッション性にも優れ、長時間乗っていてもお尻が痛くなりにくいのも◎。また簡単にサドルを抜き取ることができない構造、サドルガードマンを採用。折りたたみ自転車にはサドル盗難が多いため、これまた細部に手の行き届いた機能です。


高さ67㎝、長さ88㎝、幅49㎝と、折りたたんだときのサイズもとってもコンパクト。しかも3ステップで簡単に折りたためるのが初心者にも嬉しいポイント。軽量フレームを採用しているため、車に積みやすいのもメリットです。

編集部も乗ってみた結果…


普段から子供の送り迎えや、買い物に出掛ける際に自転車を活用していますが、やはりEバイクに乗ると楽チンさは一目瞭然。急な加速が怖くて、今までは敬遠していましたが、パナソニックのオフタイムは自然な加速のため恐怖心なく、乗りこなすことができました! 手元のモニターでアシストの強さや、充電残量を見れるので。また、Eバイクの弱点充電切れにも対応しているのも◎。試しに、アシストをオフにし、ギアのみで走行してみましたが、通常の自転車のようにスイスイ進むことができました! ママチャリ型とは一線を画すシンプルかつスタリッシュなデザインで世代を問わず万人にオススメ! Eバイクデビューの1台として最適です!

万人にオススメできるスタンダードな乗り心地が◎

たしかな走行性能と機能を揃え、万人にオススメできる折りたたみEバイク。加速の仕方、乗り味が通常の自転車に似ているのも魅力。車体の安全をしっかり考慮した、折りたたみ式の構造もさすがのパナソニックだ。最長走行距離約50㎏。全長1520㎜。全幅565㎜。ハンドル高さ945㎜。総車両質量(バッテリーを含む)20.6㎏。バッテリー容量8.0Ah。14万580円

(問)
パナソニック サイクルテック
☎0120-781-603
https://cycle.panasonic.com/


写真 / 宮前一喜 文 / 桐田政隆

特集・連載「折りたたみEバイク大研究!」の最新記事

買って間違いなしの折りたたみEバイク6選 #01パナソニック オフタイム

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ