コンバース

ジャーナル スタンダード×クロックス クラシック クロッグのタン

秋冬なら厚手ソックスと組み合わせて、カジュアルな主張ある足元に!

セレクトショップのジャーナル スタンダードがカジュアルフットウェアブランドのクロックス(Crocs/2002年、米・コロラド州ボルダーにて創業)と初コラボを実現。1モデル・計3色をリリースします! いずれもクロックスの定番モデル「クラシック クロッグ(Classic Clog)」をベースに、そこにジャーナル スタンダードのフィルターを通すことで、イマドキなボヘミアンテイストの個性的なアイテムに仕上がりました。

とりわけ写真上のタイプ(ブラックとタンの2色展開)は、スエード調素材が張られたアッパーの側面、およびストラップに縫い付けられた合皮の編み革飾りがインパクト特大。これにストラップ両端に取り付けられたフリンジが相まって、ボヘミアン特濃な佇まいを見せております。

ちなみに、メイン素材にはクロックスが独自開発した「クロスライト™」を採用。これにより、軽量で柔らかく、快適な履き心地を実現し、1日中履いていても疲れにくい1足になっています。

見てのとおり、温もりを感じさせるボヘミアン顔ゆえ、秋冬のフットウェアとして大活躍してくれること請け合い。暑さが残るうちならハーフパンツ&素足にインパクトを添える有効アイテムにできますし、もちろんイージーパンツやワークパンツなどとも絶妙相性。秋以降なら、たとえばアーガイル柄やネイティブ柄、チェーン編みといった厚手ソックスと組み合わせてスタイルのアクセントに、ってな履きこなしもアリだと思います!

ジャーナル スタンダード×クロックス クラシック クロッグのブラック×ブラック

ブラック×ブラックのカラーは、よりシンプルなデザイン。アッパーにスエード調素材が使われ、フリンジも付いているものの編み革飾りはなく、代わりにホワイトステッチを見た目のアクセントとし、よりコーディネートの汎用性を高めたタイプだ。サイズは22.0~28.0cm。7900円(2020年8月21日発売予定)。

ジャーナル スタンダード × クロックスの「クラシック クロッグ」
アッパー素材:合成皮革(スエード調×スムース調)×合成樹脂
ソール素材:特殊合成樹脂「クロスライト™」
カラー:ブラック、タン、ブラック×ブラック
サイズ:22.0~28.0cm
価格:7900円(数量限定。ジャーナル スタンダード各店にて2020年8月21日発売予定)
※現在、公式オンラインショップBAYCREW’S STORE(下記URL.)にて予約受付中。

問い合わせ先/クロックス カスタマーサポート ☎ 0120-55-9694
http://www.crocs.co.jp/
BAYCREW’S STORE(web予約受付.)
https://baycrews.jp/item/list?q_mtype=0&q_skeywd=crocs&q_mshop=0494
 
※表示価格は税抜き


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ