蕎麦スス流 SOBA Su Su Ryu
世界の蕎麦好きのみなさん、コンニチハ!
ラーメンと比べて世界的には地味な存在ですが、移動中にサッと寄れて、お腹もコスパも大満足。そんな立ち食い蕎麦は江戸時代からあるニッポンが誇るべきカルチャーなんです。2020年を控えて“東京”も注目されることですしね。ってことで、日頃のランチに観光に、世界中の人にぜひ立ち寄ってほしい蕎麦店を厳選しました。恥ずかしがらないで音を立ててソバをススろう!

Hello fellow SOBA (Noodle) Lovers!!
Soba is not yet famous like “Ramen”, but Soba is very reasonable and fast & easy to eat.
Stand-in Soba is a Japanese culture which has long history since the Edo era (1603-1867).
Since everyone will be watching Tokyo in year 2020, so I have selected many Soba-Ya which are great places to eat and enjoy the history of Japanese Soba.Don’t be shy to make noise/sound by slurping soba (Noodles)!

Vol.25

秋葉原 Akihabara二葉
“Futaba”

あさりかき揚げそば
430円+100円(きくらげ)

Asari Kakiage(※1) Soba – 430 Yen + 100 Yen for topping of Jew’s ear mushroom

二葉のあさりかき揚げそば

秋葉原駅から昭和通りを上野方面、三井記念病院に向かう途中。

On the way to Mitsui Kinen Hospital, on Showa street towards Ueno from Akihabara station.

とても有名なお店。東京路麺黎明期から存在し絶大なる人気を誇る。店に入れば、中央の棚に縦横20個くらいであろうか、秋田の竿灯のように見事に高々と並べられたドンブリが目に入る。

Very famous Sobaya with very high popularity from the dawn of Tokyo street noodle age. When you enter, you can find about 20 bowls lined up like light ornaments.

それぞれには既に茹でめんが収まっていて、店に入った客はまっさきに「蕎麦で……」と注文すると、タネの注文を受ける前、わずかコンマ秒の早業、おばちゃんはこの棚の丼を手に取り、中の茹でめんをテポざるに投入する。

Each bowls contains noodle. When customers order the type of noodle, in a split second, the noodle is moved to boiling basket.

「青菜で…」と次の発声の瞬間には早や蕎麦は熱湯の中にあるという具合。おもわず溜息がもれる見事な技。この演出をささえる段取りが二葉の丼棚だ。

When customers order type of toppings, the noodle is already in the boiling water, very fascinating technique supported by the line of the bowls.

■蕎麦:茹で麺。山田製麺所本店の蕎麦は、いつ食べてもニチャリ感のある独特の歯ごたえなのだがこれが癖になる。
■つゆ:ダシ良し、しょっぱめで美味しい。
■あさりかき揚げ:これが楽しみでした。あさりがごろごろとたくさん入っている。噛みしめるとジュワーと旨さがひろがる。うーんサイコー。貝類大好きだ。

■Soba: Boiled noodle, with little stickiness made by Yamada-Seimen. Very addictive.
■Soup: Nice Dashi(※2), little salty with great taste.
■Tempura: Kakiage with Asari clams. Many chunks of clams are mixed. When chewed, rich taste spreads inside your mouth. Very delicious.

あさりかき揚げは、貝柱かき揚げとならんで二葉ならではのオリジナル。火の通り加減絶妙でジューシーなあさりがネギ主体の天ぷら生地の台座の上にゴロゴロ並ぶのは壮観だ。

Asari kakiage and Scallop kakiage are the two original tempuras at Futaba. They are cooked perfectly, making the clams very juicy. Chunky clams are mixed with green onions, and they are spectacular.

あさりをかじると旨味がじわ〜と広がる。これ考案したご主人天才だなあと毎度ながら敬服。そしてもうひとつ、この台座がうまい。あさりだけだと物足りない糖質を補ってくれるのだ。素晴らしい味のハーモニー。

When you chew on the clam kakiage, rich flavor spreads in you mouth. Each time I chew, I admire the master’s genius. Also, the batter is very delicious too.

このお店の常連さんはたいてい、青菜もしくはキクラゲをトッピングに追加する。ちょっと野菜の雰囲気が足りないなあと思う路麺にあって、小さくちょんもりと丼の横に積まれた青菜やキクラゲは、オヤジの健康を気遣うお店の優しさのようにも感じられるのだ。

Regulars of Futaba usually orders with topping of leaf vegetables or Jew’s ear mushrooms. The lack of vegetable in noodle is covered by small chunk of green vegetable or mushrooms. Feels like the master’s kindness for your health.

お店は清潔で風通しよく、明るくきさくなよい気が漂う。二葉に行くと、なんとも清々しい気持ちになるのは不思議なものだ。ファンが多いのもうなずける。

Clean, smooth, bright and frank Sobaya. When you eat at Futaba, it is very refreshing. No wonder there are many regulars.

二葉の店の暖簾

レアなネタを扱わせたらここが一番ですよ、と訴えているようではありませんか。

The menu screams of their talent of unique tasty toppings.

二葉のメニュー

二葉の外観

■DATA
東京都千代田区神田和泉町1-4-6 西川ビル
日比谷線・秋葉原駅 徒歩6分
営 7:30〜17:00
休 土日祝
評価は3点 ☆☆☆

■DATA
Tokyo-to Chiyoda-ku Kanda Izumi-cho 1-4-6 Nishikawa Building
6min walk from Hibiya-line Akihabara station
Open from 7:30 to 17:00
Closed on Saturday, Sunday, and holidays.
A three-star Sobaya

アプリ「蕎麦道なび」でも配信中! 「蕎麦道なび」のアプリはこちらからダウンロード!
※Google Android/iOS対応


(※1)Deep-fried battered mixture of vegetable and seafood
(※2)Seafood broth mainly made with Katsuobushi (Bonito Flakes)
Katsuobushi is fried, fermented, and smoked skipjack tuna

情報提供・監修/ケビン(平林啓一)
オートバイに乗って900軒の立ち食い蕎麦店を探訪。最盛期には年間300軒を食べ歩く。立ち食い蕎麦チェーン店・個人経営店にかかわらず食す。また、生めん・茹でめん・冷凍めんにこだわらず、どれも大好き。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ