街のお洒落玄人たちへの取材の結果、Tイチがサマになるテクはズバリ“プラスIN”。太パンとコンバINするだけ。これなら即実践できそうでしょ?

+ビッグTに太パンコンバINが今ドキ新鮮!

ビッグT×細パンが王道ですが、差をつけたいなら太パンとのコンバインがオススメ。Tイチに立体感が生まれ新鮮に! 鍵は足元のメリハリにあり。

「パラシュートパンツならコーデが立体的に」

ボナムのTシャツ J.S.ホームステッドのパンツ モデル着用

ボナムのTシャツ5800円。(ボナム表参道) J.S.ホームステッドのパンツ1万5000円。(ジャーナル スタンダード表参道)

ジャーナル スタンダード プレス
青木志門さん

「汗っかきなので、肌に張り付かないオーバーサイズのTシャツは夏の必須アイテム。ボトムスもボリューム感のあるものを選べば、Tイチでも立体感のあるスタイリングが可能に。その際ルーズになりすぎない丈感のものを選ぶのが、バランスよく着こなすカギです!」

J.S.ホームステッドのパンツ モデル着用
ルーズになりすぎない丈感のものを選ぶのがカギ!

「裾のシャーリングでメリハリが利く!」

MXPのTシャツ  ザ・ノース・フェイスのパンツ モデル着用

MXPのTシャツ8800円。(ザ・ノース・フェイススタンダード) ザ・ノース・フェイスのパンツ1万1000円。(ザ・ノース・フェイス オルター) 

ザ・ノース・フェイス プレス
鰐渕 航さん

「上下ともにワイドシルエットを好んで着ていますが、パンツは裾にシャーリング入りのものを選ぶのが、だらしなく見えないコツ。靴下や足首を覗かせることで、シルエットにメリハリがつけられます。綿Tシャツ×ナイロンパンツと異素材で合わせるのもポイントです。」

ザ・ノース・フェイスのパンツ モデル着用
裾にシャーリング入りのパンツを選ぶのがコツ

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年9月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ