ユンハンスのマックス・ビル メガ

品がよく嫌みのない傑作時計が、超正確なハイテクムーブメントを搭載!

長く愛用したいなら、機械式時計の名作は確かに鉄板です。でも、年相応でないと似合わなかったり、価格に上乗せして維持コストがかかるといった問題があるのも確か。

ならば、精緻な作りの非機械式時計を狙うのもアリじゃない?というわけでビギンが薦めるのが、独・ユンハンスの新作。時計好きならマックス・ビルのシリーズと一目でわかると思いますが、じつはコチラ、電波時計なんです!

基地局からの標準電波を元に時間を自動で補正する電波式時計は、最も正確性に優れる時計の一つ。反面、ゴツくなりがちなのですが、本作は新開発のムーブメントで信頼性を高めつつ、こうも洗練の顔つきにまとめた点が素晴らしい。

なお、海外で基地局が近くにない場合には、スマホアプリを通じて時刻を同期する機能もあり。電波時計の元祖はユンハンス、という事実もブツ欲を刺激するでしょ?
 

バウハウスの傑作デザインが電波の常識を変える

JUNGHANS ユンハンスのマックス・ビル メガ

JUNGHANS
ユンハンスのマックス・ビル メガ

1990年発表の世界初の電波式腕時計「メガ」の名を冠した、「マックス・ビル」シリーズの最新作だ。バウハウス直系の無駄のないルックスはそのままに、セイコーエプソンの協力を得て開発した、薄身かつ高性能な電波時計ムーブメントを搭載する。径38mm。SSケース。3気圧防水。12万8000円。(ユーロパッション)
 

ユンハンスのマックス・ビル メガモデル着用 ユンハンスの掛け時計

洗練の顔つきは脱力したスタイルにも嫌みなくハマり、格上げしてくれる。スーパーサンクスのニット9000円(バンプロ) マニュアル アルファベットのシャツ9200円(エムケースクエア) サン フランシスコのパンツ1万3500円(ハリウッド ランチ マーケット) ザ スペクタクルの眼鏡14万5000円(グローブスペックス エージェント) ユンハンスの掛け時計5万4000円(ユーロパッション)
 

バウハウスを代表する巨匠マックス・ビルのデザイン


左/マックス・ビル 右/マックス・ビルデザインのユンハンスの掛け時計

故マックス・ビルは、バウハウスで学んだスイス生まれの芸術家。画家や彫刻家、建築家など多彩な顔を持ち、造形大学の設立にも尽力。バウハウスの理念を後世へと伝えた。
 
バウハウス

バウハウスは失われた芸術を再び産業に融合すべく、1919年に設立された独の美術学校。政治的問題からたった14年間で閉校したが、その革新思想は、今なお強い影響力を誇る。
 
裏蓋の図

裏蓋の図は電波の基地局を表している。なお電波の届かない場所では、スマホアプリを通じて時刻を同期することが可能。クォーツモードでも年差±8秒という高精度を誇る。
 

※表示価格は税抜き


[ビギン2019年3月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「常識を変える<新>一生モノ」の最新記事

腕に優雅な佇まい。この顔でスマホのようにいつでも正確。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ