array(34) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/60076/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "Q7A_lWQhVmw8u-pwhQd9BQaAeHJyVLSJFS-neSoKEq_I44tZeKSoMQ=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 d19e64e406af1f88f7f96d9dcb2393ca.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(13) "52.87.253.202"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(12) "34.195.252.9"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(4) "7326"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/60076/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1547834567"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
シャツイチに合わせるデニム、なにを選ぶ?|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

シャツ×デニム

レイヤードに向かないシャツコーデは、アウターなどに比べてごまかしが利きません。とはいえ無作為に手を加えるのではなく、たったひと手間が十分な味付けになるんです。シャツのタイプ別に、いま合わせるべきデニムとポイントを伝授します。

ワークは奇をてらわず王道で!
アナトミカ バイ ビッグヤンクのシャツ×オアスロウの101ダッドジーンズ

アナトミカ バイ ビッグヤンクのシャツ×オアスロウの101ダッドジーンズ

シャンブレーシャツといえばワークの大定番。考えすぎずに、デニムもリジッドワイドが相性抜群。ただし、足元はブーツではなくスニーカーで軽快さを添えることをお忘れなく。

モデル着用/オアスロウの101ダッドジーンズ1万3000円(ベースデニムプロダクツ) アナトミカ バイ ビッグヤンクのシャツ2万2000円(アナトミカ 東京) ユニバーサル ワークスの帽子9000円(メイデン・カンパニー) ニューバランスのスニーカー2万5000円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

1UPテク!

ボタンを上まで留めてAラインを強調しよう
ボタンを上まで留めてAラインを強調しよう

 

Iラインを作り足元でハズす
インディビジュアライズド シャツのシャツ×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

インディビジュアライズド シャツのシャツ×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

トラッドの定番アイテムBDシャツは、リジッドスリムでスタイリッシュにIラインのシルエットを演出しよう。足元はローファーをセレクトしがちだが、スニーカーでハズすのが肝心。

モデル着用/アー・ペー・セーのプチニュースタンダード2万円(アー・ペー・セー カスタマーサービス) インディビジュアライズド シャツのシャツ2万3000円(メイデン・カンパニー) ホカ オネオネのスニーカー2万1000円(デッカーズ ジャパン) スーパー バイ レトロスーパーフューチャーの眼鏡2万7000円(ブリンク・ベース)

1UPテク!

ボリューミィなスニーカーで足元のみ変化をつける
ボリューミィなスニーカーで足元のみ変化をつける

 

バンドカラーは色落ちデニムでサラッと♪
ナナミカのシャツ×ウエアハウスのセコハン1100

ナナミカのシャツ×ウエアハウスのセコハン1100<

シャツの正統、バンドカラー。気品あふれるシャツはブルーストレートでカジュアルダウンするのが正解だ。シャツの品を損ないすぎないよう、足元は洒脱なローファーで締める。

モデル着用/ウエアハウスのセコハン1100 2万4000円(ウエアハウス東京店) ナナミカのシャツ1万4000円(ナナミカ 代官山) パラブーツの靴6万5000円(パラブーツ青山店) ルノアの眼鏡3万7000円(ザ パークサイド ルーム)

1UPテク!

スエードのローファーで程よい上品さをプラス
スエードのローファーで程よい上品さをプラス

 

ネルシャツはブラックデニムで都会的に
インディビジュアライズド シャツのシャツ×ヒステリックグラマーのSデニム スリムパンツ

インディビジュアライズド シャツのシャツ×ヒステリックグラマーのSデニム スリムパンツ

アメカジベーシックなネルシャツはブラックデニムと合わせることで、ソリッドな印象を醸し出すことができる。足元も黒にすれば、アメカジものばかりでもさらに都会的な雰囲気を演出できる。

モデル着用/ヒステリックグラマーのSデニム スリムパンツ1万7800円(ヒステリックグラマー) インディビジュアライズド シャツのシャツ2万6000円(メイデン・カンパニー) コンバースのスニーカー1万2000円(コンバースインフォメーションセンター) ノースワークスの太バンクル1万5000円、細バンクル1万3000円(以上、HEMTPR) Tシャツはスタイリスト私物。

1UPテク!

ボックスシルエットはTシャツの裾で緩急をつける
ボックスシルエットはTシャツの裾で緩急をつける

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

facebook facebook WEAR_ロゴ