第3回女子目線で選び抜いた
キング・オブ・スイーツベスト3

某通販サイトで「スイーツ」を検索すると、ヒット数なんと60万オーバー! もはや、どこから手をつけたらいいのかわからない膨大さ。このスイーツお取り寄せ砂漠から、キラリと光る3つのダイヤモンドを寺尾さんが女子目線でピックアップ。ホムパの仕上げに、女子をキュンキュンさせちゃいましょう!

 

第1位あかりや特製 おしるこ

 

あんこはもちろん
何しろお餅がウマい!

国産の最高級もち米を臼と杵でつく自家製杵つき餅は、お米の香ばしさと旨み、風味が口に広がるウマさ。厚釜でじっくり炊く自家製餡は、用途によって炊き分けるおしるこ専用で、北海道十勝産あずきのコクが感じられる。お取り寄せキング・秋元 康氏絶賛! 簡単な調理で本格的な味が再現できます(説明書付き)。

 

寺尾評論家のコメント
どんなにネタがいいお寿司でも、ご飯がよくなければおいしいお寿司とはいえません。おしるこも同様で、餡がおいしいのは当たり前。お餅がおいしいかどうか、話はそれからだ!というのが定説です。国産の最高級のもち米「みやこがね」を100%使用し、2mの高さから杵を自由落下させてついているあかりやのお餅は、コシと旨みが抜群。餡は、しっかり甘いけれどクドさはなく、お砂糖の加減が絶妙です。そして大切なのが、塩加減。これもバッチリです。

あかりや特製 おしるこ
480円(税込)
冷蔵便
http://kawagoe-akariya.shop-pro.jp

 

第2位ジェラートマスモ カリーナ6点

 

食べる前に撮れ!
絶品&映えなジェラートパフェ

酪農家の跡を継いだ女性が立ち上げた「升智」は、着色料や香料を加えず、完熟したフレッシュフルーツを使った手作りジェラートショップ。人気のいちごにブラウニーやピスタチオなどを組み合わせた2種類のジェラートにクッキーやパイ生地を加えたパフェ「カリーナ」は、女子の心を鷲つかみにして6種類すべてハズレなし! それもそのはず、升智のスタッフは全員女性。女子による、女子のためのスイーツです。

 

寺尾評論家のコメント
今は、空前のパフェブーム。ビストロでも、焼き肉屋さんでも、締めはパフェです。ホムパのデザートタイムにこれが出てきたら、ほぼすべての女子の気分はマックスまで上昇。どれにするかで盛り上がり、ジャンケン大会に発展します。「カンパ〜イ!」とパフェを掲げたシーンを撮影すれば、「あとで送って♡」という流れになること確実。ジェラートはミルクのおいしさが際立って口溶けがよく、「ひと口ちょうだい♡」もアリ。味はもちろんのこと、パーティフードとして完璧です。

ジェラートマスモ カリーナ6点
いちごミルク&はちみつヨーグルト
いちごソルベ&濃厚ミルク
いちごミルク&ブラウニーパフェ
いちごチーズ&濃厚チーズ
いちごチョコ&ピスタチオ
ダブルベリー&杏仁コーヒー
各160ml(6個セット)
3190円(税込)
冷凍便
https://www.masumogelato.com/オンラインショップ/

 

第3位むしやしない むしやしなべ

これぞサプライズ!
まるごと食べられるお鍋のケーキ

世界唯一の”豆乳パティシエ”鵜野友紀子氏が2006年、京都にオープンした「むしやしない」。名物「お鍋のケーキ」は、サプライズ感満点のルックス。食用の竹炭を使ったビスケットでできたお鍋に、洋梨、オレンジ、桃、リンゴ、各種ベリーなど、旬のフルーツがたっぷり使われたデコレーションケーキが入っている。フタにメッセージを入れることも可能で、切り分ける前に全員インスタアップ間違いナシ!

 

寺尾評論家のコメント
とにかく正真正銘のインスタ映えスイーツ。ひと目で「キャー♡」となりますが、このスイーツの実力は、見た目だけではありません。世界で唯一の豆乳スイーツ屋さん、しかも場所は京都、そしてデトックスが期待できる竹炭。女子が好きなキラーフレーズ3連発。さらにお味はナチュラルで、優しい甘さ。誰もがお食べ地獄をさまよう12月。そんなときにこの見栄えでお腹に優しいスイーツを出されたら、女ゴコロに沁みないわけがありません。鍋パーティのデザートとして取り寄せて、締めも鍋で、とするのがよろしい。おしゃれです。

 

むしやしない むしやしなべ
1万4688円(税込)
発送日の7日前に要予約。
冷蔵便(一日で届かない地域への配送や、希望がある場合は冷凍対応生クリームを使用した冷凍便)。
直径21.5cm(5〜10名分)
https://648471.com

 

寺尾妙子
料理ライター。石川県金沢市出身。名物企画BRUTUS「お取り寄せ」特集の初期メンバーとして、お取り寄せブームを牽引した一人。独自の今っぽい&艶っぽい目線でレストランを紹介し、男性誌・女性誌ともに活躍中。現在、Casa BRUTUSのウェブサイトにて「寺尾妙子のNewsなレストラン」を連載中。

写真/植野 淳 構成・文/安藤菜穂子 スタイリング/佐々木 誠

facebook facebook WEAR_ロゴ