コンバース

秋冬アウターって高額だし……って人に朗報!!

秋冬アウターって高額だし……って人に朗報!!

アウター類は総じて値段が高め(涙)。とくに、旬度が高くて着回しが利いてブランドバリューもある……なんて優等生ともなると、気軽に買える価格帯じゃありません。

が、名門ワークブランドのアウターならそれも別の話! ってのも、もともとワーカーたちの作業着を作るメーカーが手掛けてるだけあって、ワーク系アウターは総じて価格が控えめ。

そしてユニバーサルオーバーオールのカバーオールは、シックな色みで土臭さもなく上品&大人っぽく着こなせる、デザイン良しコストパフォーマンス良しのアウターなんです。

ユニバーサルオーバーオールのカバーオールジャケット

ビームス別注
ユニバーサルオーバーオールのカバーオールジャケット

ワークの代名詞であるカバーオールと、ストリートの代表格であるコーチジャケットをドッキング! 多目的に使える複数のポケットを配置した、カバーオールらしい顔立ちはそのままに、袖リブやドローコードを備えて、オンリーワンなデザインに。(ビームス 原宿)

シックな色みで土臭さもなく、上品&大人っぽく着こなせる

ユニバーサルオーバーオール×ビームスのブルゾン1万2000円、ミリタリーのフリース9800円(以上、ビームス 原宿) セラードアーのパンツ2万9000円(ユナイテッドアローズ 原宿本店) ルノアの眼鏡5万9000円(ザ・パークサイド・ルーム) オールデン×ビームス プラスの靴11万2000円(ビームス プラス 原宿)

 

コーデュロイ効果でワークに旬をプラス

ワークジャケット

ジャーナルスタンダード別注
ユニバーサルオーバーオールのワークジャケット

迫力のあるストレートシルエットのワークジャケットを、太畝コーデュロイを使うことで旬度の高いルックスに。ドーナツボタンをはじめとする、古きよきワークの意匠をしっかり踏襲しているので、通ウケも期待できるはず。1万2000円。(ジャーナル スタンダード 表参道)

 

旬のリラックスシルエットにアレンジ

カバーオール

417 エディフィス別注
ユニバーサルオーバーオールのカバーオール

型からオーダーした渾身別注。王道のカバーオールを旬のゆったりシルエットに変更しつつ、コーデュロイ地の衿やホワイトステッチなどを採用することで、品のある佇まいに。ドンズバのワークが苦手な人にももってこいだ。各1万2000円。(417 エディフィス 渋谷)

 

ちなみに、現存する最古参ブランドが“ユニバーサルオーバーオール”

ちなみに、現存する最古参ブランドが“ユニバーサルオーバーオール”

1924年にアメリカ・シカゴで創業した老舗ワークブランド。現在まで重労働者向けのリアルワークウェアを作り続ける数少ない名門で、頑強かつリーズナブルな製品作りでも有名。

最近では日本で改めて注目度が増し、セレクトショップからの別注依頼も相次いでいる。
 

ユニバーサルオーバーオールのロゴ
ユニバーサルオーバーオールのロゴ

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ