アーバンリサーチ

定番モデルと似ているのにワケあって破格。そんな大穴モデルが人気ブランドにもあるんです。そこで大穴と定番との価格差を調査! 今、狙うべきはこの3モデルですよ。

 

定番顔はキープして軽量性アップ!
定番より26%ダウンの5800円

スペルガの「2950」

新モデルながら、定番モデルの「2750」と同じくコットンアッパーにラバーソールを組み合わせた、いかにも「スペルガ」らしいデザインを継承。

ただし、テープやステッチを省いたりと、全体のボリュームはやや抑えめ。定番モデルよりシャープな印象に仕上がっています。EVA素材のインソールを採用するなど機能性にも配慮!

スペルガの「2950」

今年3月にリリースされた新モデル。定番に比べると価格を含め随所に減量化の跡が見える。軽量にしてクッション性に優れたEVA素材のインソールを採用。5800円(プロスペール)

 

【比較】スペルガの定番モデル

スペルガキャンバスモデルの定番「2750」

スペルガキャンバスモデルの「2750」

デビューは1925年。今から93年も前だが、ベーシックながら洗練された雰囲気が支持されて、誕生以来、不動の人気を誇るのがこのクラシックモデルだ。7800円(プロスペール)

 

80年代レトロランモデルを復刻!
定番より23%ダウンの6900円

ニューバランスの「U220」

’70年代のランニングシューズを復刻した「U420」と、’80年代のランニングシューズを復刻した「U220」。年代も違えば品番も異なりますが、どちらもレトロランニングモデルであることは一緒。

「U420」より2000円安い「U220」には、赤や青、白といった明るい色が多く、いかにも夏に相応しい印象です。軽快に着こなしたい夏コーデにも◎。

ニューバランスの「U220」

1980年代に開発されたエントリー向けランニングシューズを復刻。季節にマッチした爽快なカラーリングはどれも新色だ。白いNがよく映える。6900円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

 

【比較】ニューバランスの定番モデル

ニューバランス レトロランニングの定番「U420」

NBレトロランニングの「U420」

NBの1970年代ランニングシューズの代表格「420」をベースに、春夏らしくアッパーにスエードとキャンバスを使用してアップデート。8900円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

 

チープシック顔はウィメンズモノ! なのに29cmまで!
定番より23%ダウンの5000円

ナイキ スポーツウェアのトキ
オートクレーブで軽量かつ高耐久性

定番はスケートボードシリーズだからスリッポンでもそこそこのお値段。お洒落目線で選ぶなら、もっとシンプルで洒脱なこのスリッポンが狙い目なんです!

じつはこのスリッポン、なんとウィメンズ。なのにサイズが29cmまであるから男でも問題なく履けちゃう。これぞまさに大穴ですね。

ナイキ スポーツウェアのトキ

ウィメンズのスリッポン。オートクレーブ構造だから軽量なのに耐久性に富み、履き心地も快適。伸縮性のあるインセット付きで脱ぎ履きも楽チン。5000円(ナイキ カスタマーサービス)

 

【比較】ナイキの定番モデル

ナイキ SBの定番 SBポートモア2 ソーラーソフト スリップオン

ナイキ SBの SBポートモア2 ソーラーソフト スリップオン

定番のスケートボードシューズをスリッポンスタイルにアレンジ。クッション性が高く疲れにくい。ローカットのシルエットで接地感がさらに向上。6500円(ナイキ カスタマーサービス)

 

※表示価格は税抜き

 


[ビギン2018年8月号の記事を再構成]
写真/上野 敦(プルミエジュアン) 植野 淳 藤沢徳彦 武蔵俊介 中島里小梨 文/礒村真介 秦 大輔 桐田政隆 黒澤正人 星野勘太郎 宮嶋将良(POW-DER) 名知正登 スタイリング/武内雅英、飯塚 俊(CODE) 佐々木 誠 ヘアメイク/HACHI(Bello)イラスト/ウシオダヒロアキ 田中 斉

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ