string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  

皆さんご存じ、ヴァンズのスニーカー。全国チェーンのシューズショップなんかにも大概置いてありますし、「1度は履いたことがある」という人も多いのではないでしょうか。
だけど、あまりにも人気であるがゆえに、モノトーンなものとかは、他の人とカブっちゃった……なんて事態も起こりがち。とはいえ、いかにもストリートっぽいビビッドな色は、大人の着こなしには時にミスマッチだったり……。
そんなこんなで意外と難しいヴァンズ選びですが、この冬、ちょうどいいのが出てきたそうで。

派手すぎない「海の色」がちょうどいい!ヴァンズ×ピルグリム サーフ+サプライのスタイル36

こちらは、「ピルグリム サーフ+サプライ」とのコラボモデル。ヴァンズの大定番モデル「オールドスクール」の原型として、1977年に誕生した隠れ名作「スタイル36」をベースとしたものです。
なんといっても特徴的なのは、その青緑のカラーリング。サーフスタイルに端を発するここんちが、深さによって異なる海の色をイメージソースにしたんだそう。自然由来の色であることが手伝ってか、けばけばしさは皆無ながらも、ほどよく個性のある面持ちに仕上がっています。

細身シルエットや同系色でまとめたロゴも相まって、カラフルながらも大人っぽい、バランスのいい1足。
そんな注目モデルは、1/2(月)発売予定で、現在ビームスの公式オンラインショップにて予約受付中。数量限定につき、気になる人は早めにチェックすべし!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ