string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  

MACKINTOSH マッキントッシュ

ハイテク防水コートの元祖にして、およそ200年の歴史を誇る老舗、マッキントッシュ! ステンカラーの王様と称されるダンケルドをはじめ、世界中の紳士を魅了するコートの系譜とは?

MACKINTOSH マッキントッシュ
(MACKINTOSH/マッキントッシュ)

[1823年]
マッキントッシュ氏が革新的防水生地を発明

マッキントッシュ氏

防水布といえばオイルドキャンバスだった時代、化学者のマッキントッシュ氏は1823年、2枚の生地の間にゴムを流し込み、圧着することで完全防水を実現した「マッキントッシュクロス」を開発する。その後、この防水生地と同素材のコートを製造する会社を発足。ブランド名がそのままレインコートを指す英語になるほどの成功を収めた。

[~1980年]
英国の陸軍や国鉄にコートを納入

1945年製のバイカーズコート

第一次大戦や第二次大戦に際し、英国陸軍へコートを納入。写真左はバイクに乗り伝令を伝える兵士のために設計された、1945年製のバイカーズコートだ。また1920年〜80年代まで、マッキントッシュは英国国鉄へコートを納入。写真右は1980年代製のそれだ。

[1990s]ダンカン
ダンケルドの基となった、どクラシックコート

マッキントッシュ MACKINTOSH ダンカン

もちろん1990年代以前にも数々のモデルが製造されてきたが、現在のマッキントッシュの系譜を辿ると、このコートに行き着く。ダンケルドと同様、シンプルに徹したステンカラーコートである。なお、後にダンケルドの後継としてその名が復活することに。参考商品。

[2003年]ダンケルド
ステンカラーコートの“理想”を具現化したマッキントッシュの最高傑作

マッキントッシュ MACKINTOSH ダンケルド

ブランドの顔であるダンケルドは、装飾という装飾のない至極シンプルな顔立ち。それでいて威風堂々のオーラを備えているのは、それがいかに研ぎ澄まされたカタチかの証明といえる。とりわけ品格を感じさせるのは、やっぱりゴム引きクロスを用いたそれ。独特のハリが、そのシルエットをより立体的に浮かび上がらせるのだ。写真は2020年版。

[今なお職人たちがハンドメイドを貫く]
 

マッキントッシュ MACKINTOSH

 
今ではさまざまな素材を用いるマッキントッシュだが、原点にして頂点の存在は、やはりゴム引きのマッキントッシュクロス。これを用いたコートは、今なおスコットランドの工場にて、約200年前とほぼ変わらぬ製法で作られる。たとえば縫い目の裏に当てるテープは、職人が指に直接糊を取り、のばして貼る。正真正銘の手作りだ。

[2003年]ダヌーン
ダンケルドより10cmも短い!

マッキントッシュ MACKINTOSH ダヌーン

基本デザインはダンケルドと同じだが、着丈はダンケルドよりさらに10cm短くなっている。ショート丈ゆえ、カジュアルとの合わせやすさはいわずもがな。ジャケットのように羽織れる軽やかなコートだ。参考商品。

[2010年]ウェーヴァリー
怒濤の電話で回線パンク! 超お値打ちキルティングジャケット

 

マッキントッシュ MACKINTOSH ウェーヴァリー

 
歴史的円高の影響から税抜き3万円台の値付けで、ビギンが“円高マッキン”と名付けて推したところ大ブレイク。問い合わせが殺到した名作が、この円安時代に4万円台で再登場。しかも袖付けが前振りになるなどドレス進化を見せつつ、企業努力で英国製は死守!ってトコに涙ちょちょ切れるでしょ? 4万8400円。

[2008年]ダウンフィールド
色気をプラスできるベルト付きモデル

マッキントッシュ MACKINTOSH ダウンフィールド

腰のベルトを締めることで、シルエットに新鮮な変化がつけられる一着。生地に豊かなニュアンスが生まれるのもベルテッドならではの醍醐味で、ウールを用いたそれはとりわけ優雅なドレープを堪能できる。参考商品。

[2009年]モンクトン
ダウンフィールドのダブル仕様

マッキントッシュ MACKINTOSH モンクトン

ガンパッチやエポレットなどの装飾を省いた、都会的な印象のトレンチコート。これもダウンフィールドと同様、ベルトを締めたり垂らしたりすることで、洒脱なニュアンスづけができる。参考商品。

[2011年]ダンケルドNB
鬼に金棒なロロ・ピアーナ生地

マッキントッシュ MACKINTOSH ダンケルドNB

ブランドの裏定番素材が、伊のロロ・ピアーナ社の防水透湿生地「ストームシステム」。ウールの上質な風合いはそのままに防水透湿性が付与されているのがストームシステムの真骨頂で、ダンケルドと合わせればまさに鬼に金棒。品格と快適を兼備する。参考商品。

[クリストン]一世を風靡した“ウィザードコート”
 

マッキントッシュ MACKINTOSH ウィザードコート

 
魔法使いのローブのようなフード一体型の見た目から、ビギンはウィザードコートと命名。新鮮なルックスが受け、数多のフォロワーを生んだ伝説的モデルだ。まずレディスモデルとして大人気を博した後にメンズ版が登場したとあって、女子ウケもやはり抜群だった(笑)。参考商品。

[2013年]ダンケルド ショート
定番よりちょい短い軽快ver.

マッキントッシュ MACKINTOSH ダンケルド ショート

ダヌーンの着丈を5cm長くし、面持ちはダンケルドに近い。スーツにもデニムにも似合うのはオリジンのダンケルドと同様だが、こちらは軽快な印象の分、カジュアルな装いにより合わせやすくなっている。参考商品。

[2014年]スタンレー
意外と珍しいチェスターコート

マッキントッシュ MACKINTOSH スタンレー

マッキントッシュでは珍しいチェスターフィールドタイプ。身頃はダーツで絞られていて、正統派チェスターながら印象はモダン。構築的なフォルムに、テーラード技術の高さが表れている。参考商品。

[2018年]GMH-001
ダンカンを基にしたイーベント採用モデル

マッキントッシュ MACKINTOSH GMH-001

1823年に生まれたゴム引きクロスは、ハイテク防水生地の先駆け。現代の防水透湿生地であるイーベントを採用した本作は、その血脈の先端にある存在だ。スナップボタン&ジップ留めにするなど各所で機能性を高めながら、品格バッチリなのもさすが! 参考商品。

[2020年]Begin別注 デニムダンケルド
国産デニム採用で一気にくだけた顔立ちに

マッキントッシュ MACKINTOSH Begin別注 デニムダンケルド

ゴム引きクロスのあのハリを、別素材で表現できたら……。そんな発想の下に本誌が別注したのが、国産ライトオンスデニムを用いたこちら! 右ポケにコインポケットを忍ばせたのも肝で、最高にフランクなダンケルドが完成した。8万6900円(ビギンマーケット

[時代に合わせてシルエットを調整してきた]
 

マッキントッシュ MACKINTOSH シルエットの変化

 
ダンケルド=すっきりしたAラインシルエットのイメージが強いという人も多いかもしれない。しかし、実は時代に合わせてシンプルなIラインとなり、ゆったりしたAラインに変わるなど、そのシルエットはベーシックを逸脱しない範囲で少しずつ変化しているのだ。

[2021年]カークヒル
極厚コットンフランネルによるリッチなドレープ

マッキントッシュ MACKINTOSH カークヒル

ヴィンテージに着想した、極厚のコットンフランネルを用いたベルテッドコート。高密度の二重綾組織に織り上げた後に両面起毛を施したその生地は、柔らかさの中にハリを備えた独特の風合い。フレンドリーな価格にして、リッチなドレープが愉しめる。参考商品。

[2022年]ハルフォード
軽快なショート丈にして美しいAラインを描く新作

マッキントッシュ MACKINTOSH ハルフォード

片側にボタンホールの開いたやや大ぶりなバルカラー、ラグランスリーブがもたらす寛いだテイストが、今日の空気感にマッチ。ふんわりと広がるAラインシルエットの美しさも必見!だ。参考商品。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年11月号の表紙

Begin 2022年11月号

今こそ「欲しい」傑作モノ108

特別定価850円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「MACKINTOSH」の最新記事

英国アウターの名門マッキントッシュ。世界中の紳士を魅了するコートの系譜とは?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ