WOOLMARK COMPANY

健康ブームやコロナウイルスの影響により、自転車乗りが増えている昨今。気温も暖かくなってきたし、「レッツ・チャリンコ♪」なマインドがオンオフ問わず、世の中に高まってきています。いざバックパックを背負い……ってところで頭に思い浮かぶのが、目的地に着いた時の汗でビッチョリに濡れた背中。これまでは宿命として、妥協するしかない問題でしたが……。

今回、そんな自転車乗りの救“背”主となる、ムレ知らずのバックパックを発見! 作っているのは、「ace.(エース)」×「narifuri(ナリフリ)」。好評だった1作目に続き、ビジネス顔にギアチェンジした2作目がリリースされました。週7でペダルを漕ぎたくなる!?その最高にCOOLな魅力を徹底分析しちゃいます♪

COOLなワケ①
ビジネスバッグのプロ×自転車のプロ

最初に押さえておきたいのが、作り手の2ブランドについて。「エース(ace.)」は世のビジネスマンからの信頼が厚い、日本を代表するバッグメーカー・エースが展開するブランド。持ち運びに最適化したスマートなバッグに定評があります。一方で「ナリフリ」は自転車ファッションの草分け的存在。自転車専門店「チャリフリ」も展開するなど、モノづくりの説得力も高い! 畑の違うプロ同士によるコラボ品だからこそ、両者の得意分野を活かしたCOOLなバッグに仕上がっているというワケ。早速、注目の機能面についてズームイン!

COOLなワケ②
どんなときでもムレ知らず

バックパックの一番の強みは、大容量の収納力と両手が自由に使えること。だからこそ、自転車通勤やサイクリング時の定番バッグとして浸透していますが、やっぱり気になるのが背中のムレ。バックパックを下ろした瞬間、ウェアが汗でびっしょりだと気持ち悪い&気分もダダ下がり。「自転車の最大の敵=ムレ」と言っても過言ではないでしょう。


しかし!その弱点を克服できるのが、「エース」×「ナリフリ」のバックパックなんですね。ポイントは背面に設置されたピアノ線のフレームとその上に張り巡らされたメッシュ素材。「エース」が独自開発した“エアベンチレーション”という構造で、バックパックとしての収納力をキープしつつ、放熱性も高めます。おまけに背中とバックパックの間に空間もできるため、風がスゥ〜っと吹き抜けて爽やか!

加えて、本コラボではムレを軽減するためのディテールをさらに2つ投入。接着面を減らす“3Dメッシュショルダーパッド”と“ランバーパッド”を組み合わせることで、背負い心地がグ~ンっとアップ! しかも前面にはリフレクタープリントが施されており、夜道の走行でも安心。「ナリフリ」ならではの視点が加わったおかげで、自転車ライフに絶好なスタイルに変貌を遂げました。

もちろん、背中とバックパックの接着面が減ったからといって、フィット感が失われるわけではありません。ペダルを思いっきり漕いでスピードを出しても、バックパックはゆさゆさ左右に揺れにくい。遅刻しそう!と急ぐ場面でも、その背負い心地の良さをきっと実感できるはず! 快調快調〜♪ってね。

COOLなワケ③
よりビジネス顔に進化

コラボの元になったモデルはコレ!

「エース」のインラインのビジネスバッグ「ラパックエアV2」シリーズがコラボのネタ元。ザ・シンプルなデザインでビジネス使いに良さそうですが、自転車仕様のディテールが加わったことで使い勝手の良さがさらにパワーアップしました。

1stモデルと比較してみよう!


ファーストモデルと比較してみると、違いは一目瞭然。基本的な構造やスペックはファーストモデルと同じですが、デザインがビジネス顔にチェンジされているのが特徴。例えば外ポケの赤ジップが黒色のコーティングファスナーに変更されていたり、側面に配置されたペットボトルホルダーもブランドロゴ入りの黒一色になっていたり。上の写真を見比べても、大人っぽくなっているのは一目瞭然かと。スタイリッシュに磨きがかかったビジネス顔。自転車通勤にもピッタリです。

また、ボディの素材はビギン読者の間ではおなじみリップストップ生地を採用。ポリエステルとナイロンの混紡タイプで、引き裂けに強くガシガシ使っても問題なし。そのうえ撥水加工も施されており、水濡れにも強い! 急な雨降りに出くわしても中身を雨から守れますのも嬉しいポイント。

収納力についても大容量。ビジネス使いにも対応可能で、クッションパッドを装備した15.6インチPC専用のスウィートルーム付き、資料はB4サイズまで入れられます。その他にも、小さいポケットが備わっており、ガジェット類やステーショナリーも仕分けて持ち運ぶことが可能。

COOLなワケ④
ON⇄OFF問わず◎な汎用性

スーツスタイルをよりスタイリッシュに

ビジネス顔に成長を遂げたことにより、オン・オフ兼用しやすくなった「エース」×「ナリフリ」のバックパック。ビジカジスタイルとの相性は言うまでもありませんが、スーツの上から背負っても全く浮かない! 特にスーツの定番色であるグレーとのマッチング率は100%です。バックパックによって、着こなしのスマートさがさらに上昇してると思いません!?

カジュアルスタイルは大人っぽく

カジュアルなスタイルでは引き締め役として効果を発揮。学生っぽくなりがちなシャツ&デニムの着こなしに、大人なワンポイントを追加してくれます。平日も休日も、まさに週7で頼れる自転車乗りの救“背”主と言えましょう!

自転車通勤の悩みを一気に解決!ラパックエア V2 NF2


歩き以上クルマ未満の活躍が、いまの時代にフィットするチャリ移動。自転車を生活に取り入れると「人生が変わった!」な~んて話もチラホラ聞きますが、「エース」×「ナリフリ」のバックパックは、その相棒としてエースを狙える存在です。

ファーストモデルは売れに売れて既に完売中。ビジネス顔になって汎用性が増した今作も、人気が出ること間違いなしでしょ! なんたって、よりビジネス顔に進化してオン⇔オフ問わず使えちゃいますからね。売り切れちゃう前に、ナリフリ構わずゲットしておかなくちゃ後悔しちゃいますよ〜♪

ace.×narifuri

ラパックエア V2 NF2

自転車通勤車用に開発されたバックパック。「エース」独自開発の「エアベンチレーション機能」と、コラボモデルならではの「3Dメッシュショルダーパッド」&腰部分の「ランバーパッド」によって、背中とバックパックの間の通気性を高めておりムレにくい。春夏でも快適に背負えるのが特徴だ。新作ではデザインをスタイリッシュにマイナーチェンジ。オンオフ兼用できる汎用性の高さがアップした。W30×H42×D14cm 31,900 円(税込)

(問)
ナリフリ 東京
☎03-3403-3007
https://www.narifuri.com/

エース
☎ 03-5843-0606
https://www.ace-dot.com/


写真 / 宮前一喜 スタイリング / 宮崎司 文 / 妹尾龍都

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ