コンバース

VANS ヴァンズのオーセンティック

ローテク界にハイテクの波が来た!
ソールがSB仕様に!

スケートボードが東京五輪の競技になったこともあり、メーカーはスケートモデルに注力。レトロ顔でもタフ、グリップ、クッション性に優れるハイスペックなモデルがイカしてた!

2002年:ナイキSB登場
2010年代:西海岸ファッションの再ブームによりヴァンズ人気高まる
2022年:人気ブランドのSBモデルが定番に

 

元々はスケート用ではなかった!?

VANS ヴァンズのオーセンティック

VANS[ヴァンズ]
オーセンティック

スケシューの代名詞、オーセンティックは、もとはラバーソール自慢のスニーカーをオーダーメイドで作る「The Van Doren Rubber Company」のベースモデル#44。これが優れたグリップでスケーターたちに人気となり、のちにオーセンティックの名でリリースされることになった。8800円(ヴァンズ ジャパン)

スケーティング用に進化したのがエラ
 

ZET BOYS
ZET BOYS

’66年にヴァンズが創業し、スケーターに人気となったオーセンティック。’76年にはトニー・アルバらによるスケートチーム、Z-BOYSがオーセンティックの履き口に衝撃を吸収するパッドを加え、コンビカラーでデザインしたエラを発表。これがスケートモデルのルーツだ。

プロ愛用♡ 老舗のSB戦力チャート

プロのスケーターも愛用する老舗SBシューズの戦力を、編集部が独断と偏見で分析しました!

アシックス

ASICS アシックスのクラシック・テンポ・プロ

ASICS[アシックス]
クラシック・テンポ・プロ

コンボトリックを得意とする日本の実力派ライダー、カイキも愛用するスケートシューズ。「クラシック・テンポ」の後継モデルで、デッキとコンタクトするアイレットのステッチを隠すなど、細部にスケート仕様が盛り込まれている。1万450円(アシックスジャパン)

ASICS アシックスのクラシック・テンポ・プロのチャート
 

注目を集める日本の若きライダー

カイキ
カイキ

ナイキ

NIKE SB ナイキ SBのアイショッド・ウェア ナイキ SB ウィート

NIKE SB[ナイキ SB]
アイショッド・ウェア ナイキ SB“ウィート”

S.O.T.Y. 受賞、アイショッド・ウェアのシグネチャーモデル。ウィート1トーン、サイドに通気性を高めるウェーブパネルを配するなど、デザイン性の高さはさすが。ミッドソールにはクッション性に優れたリアクトを採用。1万1000円(NIKE カスタマーサービス)

NIKE SB ナイキ SBのアイショッド・ウェア ナイキ SB ウィートのチャート

[アイショッド・ウェア]
’13年スケートオブザイヤーに選ばれたスケーター。

ニューバランス ヌメリック

NEW BALANCE NUMERIC ニューバランス ヌメリックの272 NGM

NEW BALANCE NUMERIC[ニューバランス ヌメリック]
272 NGM

世界最高峰の大会「Red Bull Souls」にも出場した、ロニー・ケスナーが着用。レトロな’70sコートシューズをベースに耐摩耗性に優れたトウ、安定性を高めるラバーヒールカウンターなど最新スペックを搭載する。9790円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

NEW BALANCE NUMERIC ニューバランス ヌメリックの272 NGMのチャート

コンバース スケートボーディング

CONVERSE SKATEBOARDING コンバース スケートボーディングのCS スリップオン SK

CONVERSE SKATEBOARDING[コンバース スケートボーディング]
CS スリップオン SK

ヒールにシェブロン&スターをあしらった、シンプルなスリッポン。街履きもしやすいが優れた安定性を実現するラスト、タフでホールド感とクッション性に優れる作りで、しっかりデッキ上でもゴン攻めできる。8800円(コンバースインフォメーションセンター)

CONVERSE SKATEBOARDING コンバース スケートボーディングのCS スリップオン SKのチャート

日本発のスケートブランドも出現

ARETH アースのモデル“I(レース)”

ARETH[アース]
モデル“I(レース)”

プロスノーボーダー、デザイナーなど多彩な顔を持つ永坂光寛氏が2001年に設立したアース。こちらは今もなお高い人気を誇る、1stモデルのⅠベルクロをレースアップにしたもの。インソールには衝撃吸収に優れたポロンを搭載。1万4780円(モータル トウキョウ)

ARETH アースのモデル“I(レース)”のチャート画像
 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年3月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年3月号 表紙

Begin 2022年3月号

未来予想図鑑

特別定価730円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「傑作スニーカーの超現代ヒストリー ’90s~2010年代編」の最新記事

プロのスケーターも愛用! 老舗SBシューズの戦力を分析

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ