コンバース

進化系フリース ポーラーテック リバーシブル

進化系フリースで強風からリリース

触ればモコモコ、着たらポカポカ。秋冬のリラックススタイルには、やっぱりフリースが欠かせません。が、しかしひとつ大きな問題が。

ボアのツブ間に隙間の多いフリースは如何せん風を通しやすく、強風が吹き付けると一気に「寒っ!」なんてことがままあります。アウトドアフィールドではそもそもがミドルレイヤーなのでそれでよかったんですが、やっぱり普段の街中で着るなら、アウター感覚でさっと羽織れることが望ましい。

というワケで、台頭してきましたよ。風を通さない、スキのないヤツが。その性能もさることながら、各社から趣向を凝らしたデザインでリリースされていて、取り入れ方の選択肢が豊富なのも推しの理由。

スタンダードなブルゾン型からフード付き、レイヤーに便利なベストや家でもそのまま着ていたいパンツまで、実に多彩! もちろん、どれも着心地のよさは従来のフリースと遜色ナシ。唯一とも言える弱点を克服したフリースの真価、とくとお試しあれ!

ポーラーテックで防風

CHAMPION×NANO・UNIVERSE チャンピオン×ナノ・ユニバース ポーラーテック ブルゾン

CHAMPION×NANO・UNIVERSE[チャンピオン×ナノ・ユニバース]
ポーラーテック ブルゾン

防風性に特化したポーラーテック ウインド プロを採用のフリース。軍由来の素材に、ミリタリーライクなネイビーカラーが好相性だ。摩耗しやすい肘回りは別地で補強。1万6500円(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

WILD THINGS ワイルドシングス ポーラーテック ウインド イージーパンツ

WILD THINGS[ワイルドシングス]
ポーラーテック ウインド イージーパンツ

ポーラーテック ウインド プロを採用したフリース。ウエストはイージー仕様だが、シルエットはやや細めでルーズに見えすぎない。裾はコンシールジップで幅の調整が可能で、自転車などに乗るときにも便利だ。1万7600円(インス)

ポーラーテック ウインド プロ
 
ポーラーテック ウインド プロ
 
1970年代後半にアメリカのポーラテック社が開発したフリース素材。米軍戦闘服、ECWCSのlevel3に使用されるなどフリースの代名詞的存在だ。なかでも、ウインド プロは一般的な構造のフリース素材と比べて4倍の防風性を誇る。

リバーシブルで防風

Chums×GLR チャムス×グリーンレーベル リラクシング ゴアテックス リバーシブル ブルゾン

Chums×GLR[チャムス×グリーンレーベル リラクシング]
ゴアテックス リバーシブル ブルゾン

毛足の長いフリースと防風性の高いゴアテックス インフィニアムを組み合わせた設計。デザインはチャムスの名作、エルモフリースを踏襲。2万7500円(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)

Chums×GLR チャムス×グリーンレーベル リラクシング ゴアテックス リバーシブル ブルゾン
リバーシブル(裏側)

Patagonia パタゴニア メンズ・リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト

Patagonia[パタゴニア]
メンズ・リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト

フリースの裏面を表にしても着用できるベスト。耐水性を備えたダウンのインサレーション入りで、風抜けもしにくい。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。2万8600円(パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)

Patagonia パタゴニア メンズ・リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト
リバーシブル(裏側)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「モノすごい機能で選ぶ冬の服」の最新記事

もはや弱点なし! 街中アウターでも寒くない「風に強いフリース」

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ