MACKINTOSH LONDON マッキントッシュ ロンドンのソリッド シルク タイ

マッキントッシュ ロンドンのソリッド シルク タイ

今や数多の職場でノータイカルチャーが浸透中……でも、ビギンは訴えたい! ライバルを出し抜いて上司や商談相手に「こヤツ、デキるな」と思わせたいなら、頼みにすべきはやっぱりネクタイ。ビジネスでは今も“胸元は口よりモノを言う”が金言なんですね。

ただし、誰もがしているような普通のネイビータイじゃね……。ってことで持つべきは珠玉の一本。なにしろ、バチカンの偉~い司祭の皆さんが着ている法衣と同じ!最高品質のシルク生地でできているんです。

気品ある光沢といい、あふれ出る上質感といい、要するにオーラ出まくりってわけ。そもそも由緒正しき法衣と同生地ってだけで、御利益ありそうじゃん♪ 仕事運が激アップしたりして~!?
 

気品ある光沢。あふれ出る上質。まさに最高品質!

MACKINTOSH LONDON マッキントッシュ ロンドンのソリッド シルク タイ
 

織りネームの一文は「バチカンのための生地」という意味

MACKINTOSH LONDON マッキントッシュ ロンドンのソリッド シルク タイ
 

バチカン司祭の法衣と同じ♡

MACKINTOSH LONDON マッキントッシュ ロンドンのソリッド シルク タイ

バチカン司祭の法衣と同じシルク生地のタイ。たぶんコレが史上初、少なくとも日本初の快挙。高価だが、いかにも御利益がありそうだ。ネイビー、ブラウン、シルバー、ブラックの4色展開。各2万9700円。

(問)SANYO SHOKAI カスタマーサポート
☎ 0120-340-460
https://www.sanyo-shokai.co.jp/

マッキントッシュ ロンドン
https://www.mackintosh-london.com/
 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年9月号の記事を再構成]写真/工藤 恒(アルフォース) 文/星野勘太郎 スタイリング/佐々木 誠

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ