wook vol.5 配信

Ambientec アンビエンテックのターンプラス

アンビエンテックの独自開発LED光源が上質な空間を演出します

写真上を見て「コレはなに?」と思った人も多いことでしょう。照明器具の企画・製作・販売を手がけているアンビエンテック(1999年創業。本社:神奈川県横浜市)がリリースしたコレは、じつはコードレスタイプのLEDランプなんです。

「ターンプラス(TURN+)」は、インダストリアルデザイナーの田村奈穂さんのデザインによるもの。日本生まれで、現在はニューヨークで活躍する田村さんは世界的なデザイン賞で数多くの受賞歴を持ち、イッセイミヤケの時計やパナソニック、レクサスなどの展示空間デザインなどを手がけてきた注目のデザイナーです。

姉妹製品のテーブルランプである「ターン(TURN)」が手元を照らすタスク照明であるのに対し、この「ターンプラス」は壁や天井などの周囲を穏やかに照らして空間の雰囲気作りを演出する環境照明、すなわちアンビエント照明となります。現在、照明器具はLED化が進んでいますが、それらの多くは電球色(2700K)から昼光色(6500K)の、広い範囲に対応したものが主流。いっぽう、本品はそれらよりも照度は低く(1900~2400K)、光色と明るさのバランスが絶妙な、アンビエンテック独自のLED「サニーサイドアップ」をクリスタルガラスシェードと組み合わせることで、日常の生活空間であっても簡単に上質な空間に変えてくれるのです。

また、ベース部分(台座)や充電台に削り出した金属を使い(購入時にステンレス、真鍮、アルニウムミブラックの3タイプから選べる)、クリスタルガラスシェードを取り囲むケージには亜鉛ダイキャストを採用。ずっしりとした重量が、その存在感を引き立ててもいます。

夜間の室内のムードアップに役立つのはもちろん、そのミニマムでモダンなデザインは日中でも部屋のオブジェとしてもかなりお洒落。しかもコードレスで、防水機能も搭載されているので、キャンプやベランピングなどでも大活躍してくれるのです!

Ambientec アンビエンテックのターンプラス アルミニウムブラック・タイプ

+形にデザインされたケージに取り囲まれたクリスタルガラスシェードと、新開発のオリジナル光源である「サニーサイドアップ」が作り出す、透明感と暖かみのある灯りが心を癒してくれる。写真はアルミニウムブラック・タイプ。

アンビエンテックの
「ターンプラス」3タイプ

ベース&充電台材質:(トップ写真左から)ステンレス、真鍮、アルミニウムブラック
ケージ材質:亜鉛ダイキャスト×メッキ(アルミニウムブラックは塗装)
ランプシェード材質:クリスタルガラス
光源:アンビエンテックオリジナル「サニーサイドアップLED」
連続点灯時間:LOW/500時間、MID/120時間、HIGH/30時間、EX-HIGH/12時間
充電時間:6時間
電源:充電式リチウムイオンバッテリー
防水性能:本体IP66相当 ※粉塵が内部に侵入しない、あらゆる方向からの強い噴流水による影響がない保護の程度。
本体サイズ:約Φ8.9×H16.5cm
充電台サイズ:約Φ8.9×H1.2cm
本体重量:ステンレス/約1350g、ブラス/約1390g、アルミニウムブラック/約1030g
充電台重量:ステンレス/約180g、ブラス/約190g、アルミニウムブラック/約80g
価格:ステンレス/4万9500円、ブラス/4万9500円、アルミニウムブラック/3万9600円

問い合わせ先/アンビエンテック ☎ 045-441-0083
https://ambientec.co.jp
 
※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ