wook vol.7

monthly dig タイトル

いつの時代も、まだ見ぬ良品を欲するはモノ好きの性。ここでは、毎月編集部が見つけた掘り出し物をゴールドラッシュ時代の採掘者さながらに深掘り! 好奇心と物欲のおもむくまま、ディグしていきます。

山ではもちろん、街での活躍にも期待大な進化版

MERRELL メレルのモアブ フライト
メレル
モアブ フライト

世界中で多数のリピーターを生んだ2007年発売の名品のアップデート版。足幅が広く、甲高な日本人の足にも自然にフィットする。ジャカード織のニットアッパーは70%がリサイクルポリエステルでできていて、足にだけでなく、環境にも優しいというのも粋だ。1万4300円。

編集部 スガ

日本人に合う傑作「モアブ」が厚底ランシューに!?
(編集部 スガ)

最近ちょっとサボりがちですが、私スガの趣味のひとつがランニング。トレランにもよく繰り出していました。で、そうすると「山でのシューズ、何履いたらイイ?」という質問をよく受けるんですが、そういう場合は大抵、メレルのモアブをオススメしてきました。

累計販売足数は2500万足以上と、キングオブハイキングシューズの異名をとる名作で、広めのワイズは日本人の足によく合うし、山歩きには不慣れな人の足にも間違いなし。

そんな傑作が、ラストはそのままに厚底ソールで生まれ変わったのがこの“モアブ フライト”です。独自素材、フロートプロをミッドソールに使った緩衝性最高な一足で、鈍ってる僕がファンランで復帰するならこれしかないかな~。

え? 本当に再開するのかって? ……まぁ軽くてラクだし、見た目も今の旬にハマるから、まずは街履きでそのよさを実感していこうかなと(笑)。

耐久性と軽量性を両立させたミッドソール「Float Pro™」を搭載

MERRELL メレルのモアブ フライト

反発弾性が長時間持続し、走り続けてもクッショニングのよさが損なわれないよう設計された軽量&高耐久ミッドソール、フロートプロ。カップインソールで安定感も申し分なし。

MERRELL メレルのモアブ フライト

ワイズの広さが特徴的な「モアブ」のラストを踏襲

MERRELL メレルのモアブ フライト

トウのラウンドがゆるやかで幅が広めのラストが履き心地のよさの秘密。ちなみにアウトソールはヴィブラム社に別注したエコデュラというオリジナルで、グリップ力も秀逸。

 
(問)丸紅フットウェア
☎ 03-3665-1789

メレル
https://merrell.jp/
 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年6月号の記事を再構成]写真/上野 敦 ダリウス・コプランド(以上、プルミエジュアン) 文/吉田 巌(十万馬力) 伊藤美玲 今野 壘 イラスト/TOMOYA

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ