Begin wook vol3 配信

大人っぽいクリーンなカジュアルから、最近はビジネスにだって◎。ってことで、改めてその価値と注目度が再確認されているレザーの白スニ。その起源とされるのが、1966年に誕生したケースイスの「クラシック」です。なにしろ“世界で初めて天然皮革を使ったテニスシューズ”といわれる本作。モノとしての背景もあり、上品で汎用性も激高! 1足持っておいて損はない白スニとして推薦いたします。

シンプルな単色のスニーカーこそ、こだわり満載がいい ケースイス CLASSIC 66 JPN

どんな着こなしにもマッチする汎用性の高いワンカラーのスニーカー。ほぼすべてのブランドが展開しているものですが、強いこだわりを持つなら、「ケースイス」のこちらがおすすめです。ブランドが創業した1966年に誕生し、80年代に一世を風靡したモデルで、当時のスニーカーシーンを語る上では外せない人気作。

そんな玄人の食指も動くこちらは、人気を確立した1970〜80年代に、チェコスロバキアで生産されていた貴重なデッドストックをベースに、シルエットから各パーツにいたるまでを忠実に再現しているんです。しかも、安心と信頼の日本製というところも嬉しいポイント。

シンプルなスニーカーこそ、語れる要素が多ければ多いほど履きたくなりますよね。春の本命カラーはやはり白ですが、オールブラックも捨てがたい。コーデに合わせて2色を使い分けるってのもアリかと思います。>>>詳しくはこちら

愛され続けている理由がわかるブランドの定番 ケースイス CLASSIC 88

オールレザーのテニスシューズとして発売され、今となってはブランドの顔と言えるほど愛され続けている名作モデル。アッパーの伸びを防ぐサイドの5本ラインや登山靴からヒントを得たDリングなど、機能性とデザインを両立させているのが特徴です。


どんなスタイルにも合うスタンダードなルックスは、一足持っておくとスタイリングに困りません! オールホワイトのほか、アクセントの効いたカラバリも展開されています。

クッション性の高い高機能のポロンインソールを採用しているので、履き心地も抜群。その安定している汎用性の高さこそ、長く支持されている理由です。>>>詳しくはこちら

ケースイスいいじゃん!と思ったアナタは、e-Beginで紹介している「週7使える!実証コーディネート」も要チェック。こちらを読めば、ケースイスの白スニを迷わず取り入れられるでしょう!

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ