Begin wook vol3 配信

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

再脚光を浴びる“白スニの起源”は今の時代こそ、持つべき一足だ!!

大人っぽいクリーンなカジュアルから、最近はビジネスにもいいよね!ってことで、改めて注目が高まるレザーの白スニ。その起源とされるのが、1966年に誕生したケースイスの「クラシック」です。

世界で初めて天然皮革を使ったテニスシューズといわれる本作。いわばオンオフ使える大人の定番、クリーンな白スニーカーの元祖といえるわけです!

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

そこで実際に1週間使ってみると……。平日のビジネスタイムから休日カジュアルまでパーフェクトな使い勝手! わかっちゃいたけど、さすがの元祖。クラシックさえあれば、大人の1・WEEKコーデが毎日、簡単スマートに仕上がります♪
 

1・WEEKコレでOK!

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

K・SWISS[ケースイス]
Classic 66 JPN

名品と謳われるチェコスロバキア製のクラシックを、日本の優れた技術で忠実に再現。汎用性はもちろん、クオリティの高さも満足度十分! クッション性に優れたポロンのインソールも健在だ。シックなオールブラックもオンオフ使いやすい。各1万8000円。

Mon.
いつものグレースーツにあれ!? ぴったりじゃん!!

まずはビジネスの基本中の基本、グレースーツに合わせてみると……。見ての通り違和感がないどころか、ニューノーマルな軽快なこなれ感が漂う雰囲気に!

SUIT style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

上の写真のように、グレースーツとの相性はバッチリ。また、仮にネイビースーツに替えてもスマートにマッチ♪ ユニバーサルランゲージのジャケット2万3000円、同パンツ9800円(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) スティル バイ ハンドのシャツ1万6000円(スタイルデパートメント)

1・WEEKコーデに使っているクラシック66は、上質でクリーンな白レザーのアッパーに加え、くびれの利いた品のあるフォルムが特徴。だから、シックな装いにもすんなりと合わせやす〜い。都会的なモノトーンルックも好印象です♡
 

Tue.〜Wed.
スーツのみにあらず。ビジネススタイルでめっちゃ使える!!

ほんのりドレスダウンしたジャケパンに、難なくハマっちゃうのは予想の範疇。いや、相性のよさは予想以上かも! ドレスの革靴とはひと味違う品よく漂うリラックス感は、クラシックならではの巧みなハズシとなりましょう。

JACKET & PANTS style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

上品スポーティなニットポロと白スニの相性もいい。ヴァルディターロ ペル シップスのジャケット11万3000円、ジョン スメドレーのポロシャツ2万7000円、ピーティー トリノのパンツ3万6000円(シップス 渋谷店) モノリスのバッグ2万円(ムロフィス)

通勤や外出時のコートスタイルには、足元に軽快なアクセントが加えられ、これまたうまいことバランスがとれて好都合。歩きやすいのも気分◎だし、仕事がはかどる!

COAT style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

硬派なコートスタイルが、軽快&ナチュラルに仕上がる。休日のコートコーデでも同様のメリットが。ハバノスのコート5万3000円(HEMT PR) シップス エニィのスーツ2万900円(シップス エニィ 渋谷店) バブアーのシャツ1万7000円(バブアー 渋谷店)

Thu.〜Fri.
在宅ワーク時に着られる大人カジュアルにも◎

近頃増えた在宅テレワーク。服装は畏まる必要はないけど、オンラインで打ち合わせもあるし、キレイめカジュアルは最低限のマナー。でもディスプレイに映らないパンツは、力の抜けたチノでいいよね。

SIMPLE KNIT style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

ユニバーサルランゲージのベスト1万1000円(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) バンブーシュートのシャツ1万6000円(バンブーシュート) カウデンのパンツ7900円(エンデバー) パシフィックファニチャーサービスのバッグ1500円(P.F.S.パーツセンター)

そんな上品トップス×カジュアルボトムのテレコなテレワークコーデにもスマートなクラシックが鉄板。ちょっとした買い物や気分転換の散歩でも、だらしなさとは無縁、すんなり出掛けられます♪

CASUAL JACKET style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

カジュアルなジャケットとも相性がよく、品のよさを底上げしてくれる。バブアーのジャケット3万円(バブアー 渋谷店) アイスブレーカーのニット1万8000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター) ボレリオのパンツ2万8000円(シップス 渋谷店)

Sat.〜Sun.
休日オシャレのアイビールックには問答無用にマッチ♪

平日のオンタイムを見ての通り、懐が深~いクラシック。カジュアルにおいてもその実力は遺憾なく発揮され、じつは我々の大好物・アイビーな着こなしにもってこい! 白スニの起源というクラシック顔ゆえ、アイビールックにもばっちりハマり、なおかつ新鮮なんです♪

RUGBY JERSEY & DENIM style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

帽子やシャツでスニーカーの白を拾うと、よりお洒落。サバイのブルゾン4万6000円、同帽子5000円(HEMT PR) フレッシュサービスのラガーシャツ2万円(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ) ブラスバンドのデニム2万800円(リアルスタイル)

クラシカルなスイングトップ、ボリュームある軍パンとも相性がよく……と、休日オシャレでの効能も看過できません!

NAVY BLAZER style

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN

ユニバーサルランゲージのジャケット2万9000円(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) ケイスのパーカ1万9000円(ケイス) ナナミカのシャツ2万2000円(ナナミカ 東京) フレッシュサービスのパンツ1万8000円(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ)

「55周年」の「5本ライン」はいつの時代も休日の“GO”サイン

K・SWISS ケースイス Classic 66 JPN
《2021》

1966年の設立と同時に、ケースイスの名刺代わりとして登場したクラシックは今年で55周年。数多のテニスの名選手が愛用すると世界的な支持を獲得し、’80年代にはスニーカーとしても人気が浸透。テニスシューズの補強だった5本のストライプが、ファッションでも馴染みのアイコンとなりました。

K・SWISS ケースイス クラシック88
《1980’s》

1988年にマイナーチェンジされたクラシック88も象徴的な存在。誰もが街履きしやすい丸みを帯びたフォルムを採用し、豊富なカラバリをラインナップ。クラシック66とともにスタイルを問わずに履ける、安心感ある定番となっています。

 

よりカラー展開の多い“88”から選ぶもあり!

K・SWISS ケースイス Classic 88

K・SWISS[ケースイス]
Classic 88

クラシック66のスポーティなくびれの利いたフォルムから、よりタウンユースしやすい丸みを帯びたラストでアレンジされたクラシック88。ケースイスのアイコンカラーであるトリコロールや、根強い支持を得るガムソールモデルなど、ツウなカラバリも魅力。リーズナブルな良心プライスで、入門編としてもオススメだ。各9800円。

 
商品の問い合わせ先/K・SWISS カスタマーセンター
☎0120-152-592
https://www.k-swiss.jp/

※表示価格は税抜き


写真/若林武志 文/桐田政隆 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/北村達彦

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ