Begin wook vol3 配信


ずっと昔からあるけれど、当たり前すぎてイチイチ細かいことまで覚えてない&分かってない。定番ブランドの名作というのは、そんな幼馴染みのような存在です。意外や知ってみると面白い話もあったりして、また欲しくなったり。そう、これは定番ブランドのちょっとした魅力を3分で再発見する連載です! コンバース編第3回はスキッドグリップ。カワイイ見た目でじつは女子にも人気のスニーカーですよ!

名作の「ヒト」

伝説的テニスプレイヤー、ジャック・クレイマー

コンバースにはもう一人の「ジャック」がいた
スキッドグリップを愛した名プレーヤー

オールスター、ジャックパーセルに続く第三の定番コンバースといえば、1940年に誕生した「スキッドグリップ」でしょう。Vol.2で紹介したジャックパーセルとは異なり、最初からテニス用シューズとして開発されました。そのモデルの名前の通り、滑りにくく高グリップ性を発揮し、当時の国際大会で複数回優勝をした伝説的テニスプレーヤー「ジャック・クレーマー」に愛用されました。ジャック・クレーマーは1947年のプロ転向後、長らくコンバースと契約をしており、スニーカー通には“もう一人のジャック”として知られています。

名作の「コト」

タウンユースでも履き易く、柄やカラーリングも豊富に
競技スニーカーからファッションスニーカーへ

競技用シューズとして活躍した後、80年代にスキッドグリップはタウンユースを色濃くしたモデルへと移行していきました。履き口にパッドを入れることで長時間歩行を快適にしたり、カラーバリエーションを増やすことで、街でも映えるスニーカーとなったのです。なかでも、洒脱なプリントで80年代に北米でブームを巻き起こした「JAMS」とのコラボレーションモデルや、スケーターに愛用されたミッドカットモデル「コンラッド」など、コンバースのなかでも、今日までファッションアイテムとしても認知をされていきました。

スキッドグリップ

その特徴は内羽根のアッパーとヘリンボーンソール。非常にシンプルな顔で、クリーンなスタイルにも合わせやすい。2013年にラストが変更され、全体的にスマートな印象になった。

コンバース完全読本

コンバース完全読本

定価:本体926円+税 ISBN:978-4-418-18145-2 A4変判 100ページ

詳しくはこちら

特集・連載「人気ブランドのヒミツが丸分かり!! 名作の「ヒト」「コト」」の最新記事

3分で分かる コンバース編 スキッドグリップのヒミツ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ