string(38) "https://www.e-begin.jp/article/370013/"
int(1)
int(1)
  

お値打ちモノグラム20年1月号 アヴィレックス

作り手の熱い思いが詰まることで生まれた、価格以上の価値があるいいもの、つまり「お値打ちモノ」。ここでは編集部が足と口コミで見つけてきた「お値打ちモノ」の数々をシェアします!
 

AVIREX アヴィレックスのN-3B MOD“HALO”

アヴィレックス
N-3B MOD“HALO”

「グリーンベレー」と、パラシュート降下の高等技術「High Altitude Low Opening(HALO。通称ヘイロージャンプ)」をモチーフにしたデザインをあしらった一着。エコファーは毛足が長いタイプでリッチな雰囲気だ。黒、白のほかオレンジ、カモ。各3万9000円。

AVIREX アヴィレックスのN-3B MOD“HALO” 白

ビギン編集部 スガ

ベーシックが好まれる今こそ個性的かつ本格派由来のN-3Bが気になる!
(ビギン編集部 スガ)

正統派ミリタリー×ラグジュアリーストリートという新鮮力!

今さらながらおさらいしとくと、N-3Bは数々の名アウターの元ネタとなった男の定番アイテム。ロング丈にファーフード、中綿のインサレーション……と、その無骨な出で立ちはミリタリーギアのなせるものです。

そのN-3Bに、今どきのラグジュアリーストリート的なグラフィックアレンジを施したのがこのモデル。モチーフとなったのはグリーンベレーと、そのアイコニックなパラシュート降下技術のHALOです。

通常はオリジナルにのっとって、無地で仕上げられることがほとんどのN-3B。N-3Bを元ネタにした数々のアウターも、ベーシックが好まれるトレンドもありほぼ無地でしょう。なのでここまでパンチのあるデザインは斬新かつ新鮮!

アヴィレックスは米空軍にフライトジャケットを供給していた正式コントラクターですから、厳しいミルスペックも、由緒という面でも非の打ちどころなし。正統派かつストリートアレンジの利いた、稀有な存在なのです。

 
♯N-3Bの特徴を継承しつつ更新

N-3Bの特徴を継承

ポリエステルとコットンで高密度に織り上げたグログラン生地を採用。中綿はサーモライトで保温力がUP。N-3Bの特徴であるフロントの防風フラップがボタン留め→ジップとなり、防寒性もUP。

サーモライト
 
♯グリーンベレーとは?

グリーンベレー

アメリカ陸軍特殊部隊のことで、主に対ゲリラ戦を担当。世界の紛争地帯で平和維持と解決に活躍する。緑(グリーン)のベレー帽が制帽であることにちなむ。
 
♯機能美の塊と称されるN-3B

N-3B

米軍のフライトジャケットで、主に機内常務員や地上員のために防寒性を極めたコートタイプ。フードにはファーが施され、中綿入りで防寒性を高めている。
 

♯正式コントラクタ- ♯ヘイロー ♯ラグジュアリーストリート

(問)AVIREX 新宿
☎ 03-5367-2013
https://www.avirex-usa.com/
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年1月号の記事を再構成]写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/礒村真介

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ