このたび、希少な国産スニーカーで知られるブルーオーバーとビギンのアツ~いタッグが実現! 出来上がったのはブルーオーバーのたしかなモノ作りを背景に、日本人の足にピタリとハマる楽チン紳士靴。”ドレスニーカー”とでもいいましょうか、革靴とスニーカーのど真ん中を行く、ストレートチップです。するとこれを見た伊勢丹、ジェイアール名古屋タカシマヤ、阪急メンズのバイヤーの各氏が「こんなの今までにない!」と共感。なんとなんと、各店で受注会の開催も決まっちゃったんです(大感謝!)。そんなブルーオーバー×ビギンのコラボシューズについて、3人の目利きがシンパシーびんびんのワケを語ってくれました。


左から阪急阪神百貨店・芝崎さん、ジェイアール名古屋タカシマヤ・岩崎さん、三越伊勢丹・田畑さん。3人とも各百貨店で紳士靴のバイヤーを務める。(以下敬称略)

本当のスニーカーではまだまだ通勤しにくい
履き心地スニーカー、なのに正当なドレス顔。これがリアルなニーズ

田畑 大阪、名古屋、東京と地域は離れてますが、3人とも顔見知りですね()

岩崎 みんなドレスシューズを扱うバイヤーですもんね。

芝崎 そして3人とも、このblueover×Beginの靴に食い付いた、と。

田畑 ブルーオーバーは基本、スニーカーブランドなのに、ってのが面白いですよね。

芝崎 ええ。阪急と同じ、大阪のブランドですからよく知ってましたが、一本とられました。今の時代に求められているビジネスシューズの、ど真ん中って感じがします。

岩崎 これもやはり、近年のビジネススタイルの変化が大きく関わってますよね?

芝崎 間違いないと思います。まずビジネススタイルのカジュアル化ですね。スーツではなくセットアップでもOKという流れが23年前から加速、それに伴って足元の事情も変わってきた。

田畑 そうですね。それに気候の変化もあると思います。猛暑、残暑も厳しく、突然ゲリラ豪雨に見舞われたりするようになりました。実際にお客様から、ビジネスで高価な靴を履きにくくなったという声を聞きます。

岩崎 私もよく聞きますよ。カッチリしたものが売れにくくなってきてますね。

田畑 そして働き方改革、スマホの普及も大きいと思うんです。最近のビジネスマンは昔と違って、限られた時間のなかでスケジュールを細かく管理して、一日中動き回る人が多いじゃないですか? 一日あたりの移動距離は以前よりはるかに増えている気がします。

岩崎 なるほど、すると歩きやすい靴が求められると!

芝崎 たしかに最近は、何か機能性がないと売れないってところ、ありませんか?

田畑 わかります!

芝崎 これが昔と違うところですよね。以前は本格的なグッドイヤー製法、名門タンナーの革、名作の木型といった、こだわりのスペック、ディテールが求められていたけど、今のニーズにあるスペックは、実用的な機能なんですよね。

岩崎 スーツとも似てますよね。上質な生地、お台場仕立て、本切羽というディテール至上主義から、ファンクションのニーズが注目されている。ビジネススタイルの多様化に伴って、個人のテンション、ライフスタイルに合ったモノや機能が重要視されてきてるんですよね。

芝崎 そこで市民権を得たのがスニーカー通勤なんですが、それでもスニーカーではカジュアルすぎるという声もあります。

田畑 たしかに私の印象も、西へ行くほどビジネススタイルは保守的な気がします。

岩崎 名古屋は保守的、カッチリしてますね。

芝崎 大阪もビジネスだと保守的なんですよ。東京が一番、スマートに遊んでると思う。ただブルーオーバー×ビギンの今作は、そうしたビジネスマンのあらゆるニーズに応える一足だと思います。

田畑 それこそ、我々一同がバイイングした一因かもしれませんね。

岩崎 デザインはドレスの基本、黒の内羽根ストレートチップ。でもブルーオーバーらしく、アウトソールはソフトなビブラムソール。いわばスニーカーソールに近いものですね。近年はドレスシューズのブランドもスニーカー的な、軽快な歩きやすさを意識したモデルをリリースするようになったけど、スニーカーブランドがここまでドレスに寄せた靴ってほぼなかった。

芝崎 そこも新鮮ですよね。

岩崎 正直私は前から、スニーカーブランドがスニーカーソールでドレス顔のシューズを作ったら、絶対売れるって思ってました。ナイキ、アディダスとかが作ったら、絶対売れるって。

芝崎 そのバイヤー目線、わかります(笑)。ただブルーオーバーはスニーカーだけでなく、革靴もリリースしていて、そうしたモノ作りのノウハウがあるのも大きい。例えばしっかりした革のアッパーでないと、履き続けると伸びてしまうおそれもあります。それに幅広、甲高なラストを使うなど、日本人の足を熟知したうえで作れるのが素晴らしいんです。



田畑 そうですよね。そしてアッパーにはなめしの段階から撥水加工が施されている。雨でも気を使わない、汚れにくい、まさに時代のニーズを捉えた機能性ですよね。

芝崎 革も日本有数の産地、姫路産の本格派ですからね。

田畑 あと同じモデルで、製法をグッドイヤーとマッケイの2種から選べるのも見所ですね。

岩崎 それも気に入ってます! 丈夫で履くほどに足に馴染むグッドイヤー。一方、軽くて返りのいいマッケイ。ニーズやスタイルに合わせて選べるし、店頭でのセールストークにも使える。

芝崎 きっとお客さんの心、つかみやすいですよね。グッドイヤーは製法上、コバが張り出してちょっとぽってりしたフォルム。ソフトなソールだし、今どきのカジュアルに履けるグッドイヤー靴としてもいい。私はドレスダウンに使ってみたり、カジュアルでワイドパンツに合わせるのも気分ですね。

田畑 私も普段はグッドイヤー派ですが、ブルーオーバー×ビギンならマッケイを選びそう。軽快な返りのマッケイは、より機能的でスニーカーライクな、本作の理に適ってると思うんですよ。

芝崎 ごもっともです(笑)。

田畑 またコバが張り出してない分、すっきりスマートで、着こなしのバランスもとりやすい。でもこの選択肢が、ブルーオーバー×ビギンの狙いでしょ?

岩崎 そうそう、どっちがいいとかではなく、いろんなニーズに応えられる仕掛けですもんね。

芝崎 いや~、こんなモデルってホント、ありそうでなかった。すごくマスに向いてるのに、唯一無二のシューズですよ!

田畑 ビジネスシューズで迷ったら、ブルーオーバー×ビギンで間違いないですね!

profile
三越伊勢丹 田畑智康さん
長年ドレスシューズのバイヤーを務め、国内外の実力派ブランド、名作シューズを見続けてきた靴の達人。時流に適ったセレクト、知る人ぞ知るブランドの発掘にも定評がある。

ジェイアール名古屋タカシマヤ 岩崎好博さん
紳士靴をはじめ、鞄、革小物のセレクトを行うバイイングチームのマネージャー。ブルーオーバー×ビギンの今作は、グッドイヤータイプをグレーのセットアップで合わせたいとか。

阪急阪神百貨店 芝崎優輔さん
紳士靴と革小物のバイイングを担当。国内外のブランド、トレンドに精通し、大人気の、阪急メンズ別注企画の仕掛人でもある。兵庫県出身、根っからのタイガースファン。

きちんとしたいカジュアルシーンから、冠婚葬祭にも対応
スニーカーソール、クッション性に優れる踵部や履き口は足にとにかく優しい


カラーはブラック、デザインは内羽根式のストレートチップ。いわゆるビジネスから冠婚葬祭まで使える、男の基本靴だ。グッドイヤーとマッケイ製法から選べ、ともに木型とデザイン、素材は同じ。ただ製法上、コバの張り出しの違いにより、見た目の雰囲気が異なる。アッパーには姫路産の、撥水加工を施した牛革を使用。アウトソールには、クッション性とグリップに優れる、軽快なビブラムソールを使用。ルックスもドレスシューズ然としていて、スニーカーソールにありがちなギャップを感じさせない。踵部分には高機能ウレタン「PORON」を採用し、長時間の歩行でもとにかく疲れにくい。また履き口にはスニーカーに見られる、クッション材入りのサポートを加えられており、足首へのあたりがソフト。上の着用カットを見ての通り、スーツの足元にもすんなり、カジュアルでもスマートな印象を底上げできる。


こちらはグッドイヤー製法のタイプ。コバの出し縫いがあるため、マッケイモデルに比べるとやや幅広で、ぽってりと丸みを帯びたフォルムに。履くほどに足に馴染み、長く愛用できることもグッドイヤーならではのメリットだ。4万6200円(受注生産。お渡しは2020年4月予定)


グッドイヤーほど複雑な構造でない分、軽く、ソールの返りがいいマッケイ製法。しかも本作は快適なビブラムソール。つまり軽快な歩き心地を重視するなら、マッケイがベターかも。すっきりしたフォルムが特徴で、細身のスーツなどにも合わせやすい。3万3000円(受注生産。お渡しは2020年4月予定)

オーダーは全国3か所の百貨店&ビギンマーケットで受付中
・東京/伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=紳士靴 [2019年11月13日(水)~11月19日(火)] /TEL: 03-3352-1111
・名古屋/ジェイアール名古屋タカシマヤ [2019年10月23日(水)~10月27 日(日)] /TEL: 052-566-1101
・大阪/阪急メンズ大阪 1階 紳士靴 [2019年10月30日(水)~11月5日(火)] /TEL:06-6361-1381
・ビギンマーケット [2019年10月16日(水)~11月30日(土)23:59]/https://market.e-begin.jp/


blueover | ブルーオーバー

Begin別注 DAN マッケイ

33,000円

詳しくはこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ