衣類スチーマーはアイロンより手軽に、さらに短時間で服のシワ取りができますが、じつは服の種類や素材により、得手不得手もあるんです。そこで、衣類スチーマーが得意な衣類、アイロンを使ったほうが早く、しっかりシワ取りができる衣類をチェックしておきましょう。あと、レーヨンのように熱に弱くアイロン不可の素材には、衣類スチーマーも使えませんので、衣類についている絵表示のアイロン記号も使う前に確認しましょう。

スチーマー派!?な衣類

形状記憶素材のシャツ

衣類スチーマーで最も効率的にシワ伸ばしできるのが形状記憶素材のシャツ。残ったシワが瞬時に消滅。ただし、形状記憶でない綿100%シャツはアイロンのほうが早いです。

リネン素材のワイシャツ

リネン素材のワイシャツなどは、一回着るともうシワだらけになってしまいます。しかし、衣類スチーマーを使えば、短時間でシワ伸ばしが可能!! しまいジワの除去も楽チン。

テーラードのジャケット

アイロンだと毛足がつぶれてテカリが出てしまうテーラードのジャケットも、スチームなら、ふんわり仕上げられます。ウールなどは生地から1cmほど浮かせる感じで使います。

ネクタイ

アイロンをかけると縁にスジが付いてしまうので、スチームの浮かしがけが吉!! ネクタイの内側に丸めた新聞紙を通して、シワを消していくと新品のように蘇りますよ!

プリントTシャツ

Tシャツのプリントがある部分に直接アイロンを当ててしまうと、ブリント部分が溶けてしまう危険性がありますが、これもスチームの浮かしがけで、当て布なしでスッキリ!!

アイロン派な衣類

コットン素材の服

コットン(綿)は、繊維が伸びにくい性質があるため、スチームだけではシワが伸びません。綿100%のシャツなどは、アイロンとアイロン台を使いしっかりプレスが◎!

クリースのあるパンツ

ビジネススーツのパンツのように、中心にクリース(センタープレス)が入ったパンツ。クリースをビシッとキメるなら、定期的にアイロンがけで折り目をキープしましょう。


写真/植野 淳 文/伊奈卓哉 スタイリング/佐々木 誠

特集・連載「いま人気のおすすめ衣類スチーマー徹底ガイド」の最新記事

衣類スチーマーとアイロンはどう使い分けるの?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ