string(38) "https://www.e-begin.jp/article/369941/"
int(1)
int(1)
  

アヴィレックス

作り手の熱い思いが詰まることで生まれた、価格以上の価値があるいいもの、つまり「お値打ちモノ」。ここでは編集部が足と口コミで見つけてきた「お値打ちモノ」の数々をシェアします!
 

アヴィレックスのMA-1 MOD. “HALO”黒

アヴィレックス
MA-1 MOD. “HALO”

今季のコレクションテーマである「ミリタリーチャンプ」を体現する、中綿入りのMA-1タイプブルゾン。超高難度技術のHALOジャンプをモチーフに、ラグジュアリーストリートテイストのデザインへと昇華される。M~XXL。黒、白のほか全4色。各2万6800円。

アヴィレックスのMA-1 MOD. “HALO”白

ビギン編集部 マスイ

ミリタリーをモダンに再構築した個性派ジャケット!
(ビギン編集部 マスイ)

アウターにはまだ気が早いかもしれませんが、ノベルティが個数限定につきいち早くご紹介!

アヴィレックス=ミリタリーの本家本元。今なお不動の定番として君臨し続けるのは、ミリタリーの気分を時代に合わせてタウンユースに落とし込んできたから。近年はモダンかつストリート的なアレンジを得意とします。

その真骨頂がこのMA-1。パッと見「これがMA-1?」とも思えるデザインですが、トレンドを汲み取ったデザインのテーマは「ミリタリーキャンプ」、つまりは米軍による屋外で展開する軍のベースがモチーフとなっています。

背中のHALOの文字は、視認外である1万mの高高度を飛ぶ航空機から降下し、地上スレスレ300mほどの低高度でやっとパラシュートを開くという「HALOジャンプ」を意味します。潜入作戦用の難ミッションです。

モダンなデザインでも浮ついたところのない、本物由来のバックボーンがアヴィレックスの真骨頂。キャンペーン中につき、これを購入すると先着でオリジナルポンチョが手に入るというのもじつにお値打ちなのです。
 
♯後ろ姿もしっかり主張

後ろのデカロゴ

デカロゴにて、米軍特殊部隊のパラシュート降下術「HALO」ジャンプ(高高度降下低高度開傘)の文字が。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の目玉シーンのアレね。
 
♯ワッペンは取り外し可能

取り外し可能なオリジナルワッペン

本来軍の階級等を示す腕章などを取り付けるベルクロ部に、オリジナルワッペンが付属。AMCとはアヴィレックス・ミリタリー・キャンプの略。
 
♯レインポンチョがもらえる?

アウトドアフィールドを意識したレインポンチョ

「ミリタリーキャンプ」コレクションにちなみ、アウトドアフィールドを意識したレインポンチョが手に入るキャンペーンを展開中。直営店等で、対象商品を税込み2万5000円以上購入した先着6000名!に提供される。
 

♯高高度降下低高度開傘 ♯ミリタリーキャンプ ♯ポンチョを狙え

(問)アヴィレックス 新宿店
☎ 03-5367-2013
www.avirex-usa.com/camp
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年10月号の記事を再構成]写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/礒村真介

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ