ここ数年、提案されるボトムスのほとんどが、ワイドパンツとアウトドア系パンツばかりで、飽きてきたという諸兄も少なくないでしょう。たしかに、着心地がよくてケアが楽チンというのは利点ですが、あまりに流行りすぎて食傷ぎみという方も少なくないのでは? そこで、今一度見直したいのがカジュアルスタイルの定番であるジーンズ。

穿き込むほどに増す味わいと骨太なルックス、数々のスタイルアイコンたちに愛されてきた歴史は、あらゆるボトムスの中でも突出した存在。あまりに普遍的なアイテムゆえ、つい穿き慣れた手持ちのもので済ませてしまいそうですが、ちょっと待った! 秋冬の新作には、目を見張るような進化・深化を遂げたアイテムが豊作だからです。

ジーンズ本来のオーセンティックな魅力を現代によみがえらせたもの、ストレッチ素材によって従来のジーンズの弱点を克服したもの、ありそうでなかった斬新な加工技術など……その方向性はブランドによって異なりますが、この手があったか!と膝を打つような秀作を人気ブランドから厳選。それでは早速、ご紹介していきましょう。

LEVI’S VINTAGE CLOTHINGの551Z
リーバイス史上初の防縮加工テーパードが完全復刻

やや細身のシルエットが特徴の551Zは、シンプルに男っぽく着こなすのが正解。ドリズラージャケットとローテクソニーカーを黒で揃え、インナーにはチェックシャツを。映画に出てきそうな古典的フィフティーズスタイルが、今また気になるのです。

リーバイス®︎ ビンテージ クロージングのデニム2万8000円。(問)リーバイ・ストラウス ジャパン TEL.0120-099-501 マックレガーのブルゾン3万7000円。(問)シップス 渋谷店 TEL.03-3496-0481 ビームスのシャツ1万4000円。(問)ビームス 原宿 TEL.03-3470-3947 コンバースの靴5800円。(問)コンバースインフォメーションセンター TEL.0120-819-217

リーバイス®が初めてジッパーを採用したのは、1954年の501®Zでした。ただし、防縮加工がなされていなかったため、洗濯するとジッパーがゆがんでしまうという欠点がありました。そこで、度重なる改良を経て1961年に生まれた551Zに、初めて防縮加工(=PRE SHRUNK)を施したデニム生地が採用されました。アメリカ東部のアイビーたちを意識して、細身のシルエットに。壊れにくいジッパーフライと洗練されたシルエットが人気を博し、後に名作となる505™へ引き継がれていくことになります。リーバイス®︎ ビンテージ クロージングのデニム2万8000円。(問)リーバイ・ストラウス ジャパン TEL.0120-099-501

Detail Check

 

DIESELのVELVETJEANS
ベルベット加工で意外性のあるモノトーンスタイルに

随所が色落ちしたベルベット加工によって、深みのある表情になったスリムフィットジーンズが主役。白いロンTの上にオーバーサイジングなポロシャツをレイヤード。今っぽいストリートスタイルでありながら、ブーツとウォレットチェーンで辛口に仕上げよう。

ディーゼルのジーンズ4万2000円。カットソー1万800円、手に持ったGジャン5万3000円、ウォレットチェーン1万1800円。以上(問)ディーゼル ジャパン TEL.0120-55-1978 ビューティ&ユースのポロシャツ7000円。(問)ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 TEL.03-5428-1893 アヤメの眼鏡3万円。(問)コンティニュ TEL.03-3792-8978 レッド・ウィングの靴3万5000円。(問)スティーブン アラン トーキョー TEL.03-5428-4747

デザイナーズデニムの先駆けであり、今や世界的なファッションブランドとして知られるディーゼル。これまで数々の先鋭的なデニムを発表してきましたが、秋冬に登場するのがこちらのベルベットジーンズ。デニム表面にフロッキー加工を施し、さらにユーズド加工を施すことで、デニム特有のアタリやヒゲはそのままに、ベルベットの光沢感が楽しめるのです。光の当たり具合で深い陰影が生まれ、これまでにない表情に。シルエットはローライズのスリムフィットですが、ストレッチが効いているので締め付け感が少なく快適。ディーゼルのデニム4万2000円。(問)ディーゼル ジャパン TEL.0120-55-1978

Detail Check

 

G-STAR RAWのCITISHIELD
アクティブな都市生活者のための機能性ジーンズ

環境に配慮したPFCフリーの撥水加工を施したジーンズの機能性を引き出すために、アウターも撥水素材のマウンパを。ストレッチデニムと立体裁断による動きやすさに加え、裾の絞り具合を調節できるので自転車乗りに最適。デニムがあることで、どこか90年代的な配色も今の気分。

ジースター ロゥのデニム2万6000円。(問)ジースター インターナショナル TEL.03-6890-5620 ザ・ノース・フェイス パープルレーベルのジャケット3万2000円。(問)モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿店 TEL.03-5464-2773 ビューティ&ユースのカットソー7000円。(問)ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 TEL.03-5428-1893 アイヴァン 7285のサングラス4万9000円。(問)コンティニュエ TEL.03-3792-8978 リーダーバイクの自転車18万5000円~。(問)ブローチャーズ ハラジュク TEL.03-6804-3115 スニーカーはスタイリスト私物

注目すべき新コレクション“シティシールド”から、都市生活者のニーズに応えるべく、加工とディテールを見直した革新的なジーンズが登場。サスティナブルを意識し、オーガニックコットンによるデニム生地に、有害物質の排出を抑えた撥水加工を施しています。止水ジップを加えたサイドジップポケット、内側に配したボタン付きのテープによって調節可能な裾など、アウトドアブランド顔負けの機能性を誇ります。さらに、ヒップポケット内には盗難防止用の隠しポケットを装備。スリムフィットですが、得意の立体裁断とストレッチデニムでノンストレス。ジースター ロゥのデニム2万6000円。(問)ジースター インターナショナル TEL.03-6890-5620

Detail Check

 

DENHAMのロークロッチ クロップ
スラックス感覚で取り入れたい大人のテーパード型

ウエストから太ももにかけてゆったりと、膝から裾へかけてテーパードさせたシルエットを活かして上品な着こなしに。タートルネックの上にシャツを重ねて、ちょうどいいゆるさを演出。クロップト丈の足元には端正なローファーを選んで、素足見せがいい。

デンハムのジーンズ3万3000円。(問)デンハム・ジャパン TEL.03-3496-1086 ビームスのシャツ1万1000円。(問)ビームス 原宿 TEL.03-3470-3947 フェデッリのニット4万4000円。(問)伊勢丹新宿店 TEL.03-3352-1111 チューダーのヴィンテージ時計21万円。(問)コンティニュエ エクストラ・スペース TEL.03-3792-8979 ジェイエムウエストンのローファー10万円。(問)ジェイエムウエストン 青山店 TEL.03-6805-1691

アメリカ、イタリアに次ぐジーンズ大国として、’00年代に急浮上したのがオランダのアムステルダム。彼の地で2008年に創業したデンハムは、クラフツマンシップあふれる独自のカッティングとディテールへのこだわりで確固たる地位をものしています。新作のロークロッチ クロップというモデルは、ワタリに余裕があり、裾へ向けて細くなるテーパードシルエット。クリーンな印象のノンウォッシュデニと相まって、タック入りスラックスのような上品な印象に。微量にライクラを入れたストレッチで、動きやすさも確保。デンハムのデニム3万3000円。(問)デンハム・ジャパン TEL.03-3496-1086

Detail Check

 

YANUKのBEN
ヴィンテージの雰囲気を気負わず今っぽく

ジーンズ本来の骨太さと風合いを再現し、現代的なクロップト丈にアレンジした新作は、スウェットパーカとキャップを合わせてスポーティに。足元にはストリートに寄りすぎないようにデザートブーツをチョイス。抜け感があって、クリーンなデニムカジュアルに。

ヤヌークのジーンズ2万6000円。(問)カイタックインターナショナル TEL.03-5722-3684 チャンピオンのパーカ9500円。(問)ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 TEL.03-5428-1893 フェリージの鞄6万円。(問)エストネーション TEL.0120-503-971 クラークスの靴2万3000円。(問)ビームス 原宿 TEL.03-3470-3947 その他はスタイリスト私物

マニアでなくても、ヴィンテージにはやはり心惹かれるものですが、高価でなかなか手が出ない……。そんな諸兄におすすめしたいのが、ヤヌークの新作BENです。LAのプレミアムジーンズブランドとして誕生し、現在はデニムの聖地・岡山で生産を行っています。今季は、原宿の名店ベルベルジンの藤原氏をディレクターとして招聘。ヴィンテージに精通した氏の知見を反映させ、素材・縫製・加工からシルエットまで徹底的にこだわり抜いています。クロップト丈にアレンジすることで、ヴィンテージ特有の野暮ったさを払拭。ヤヌークのジーンズ2万6000円。(問)カイタックインターナショナル TEL.03-5722-3684

Detail Check

※表示価格は税抜き


写真/植野 淳 構成・文/川瀬拓郎 スタイリング/宮崎 司 ヘアメイク/sachi

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ