お値打ちモノグラム19年9月号ヒューストン

作り手の熱い思いが詰まることで生まれた、価格以上の価値があるいいもの、つまり「お値打ちモノ」。ここでは編集部が足と口コミで見つけてきた「お値打ちモノ」の数々をシェアします!
 
ヒューストンのミリタリーアロハシャツ

ヒューストン
ミリタリーアロハシャツ

肌触りのよいレーヨン素材を採用したアロハシャツ。柄はリーフカモとデザートカモが用意され、ボタンはオリーブ色の4つ目ボタンと、全体の味付けはミリタリーだ。袖口が狭めで、全体的にスタイリッシュなシルエット。両裾にスリット入り。M~XL。各8900円。

ヒューストンのミリタリーアロハシャツ

ビギン編集部 スガ

ありそうでなかったアロハシャツ×ミリタリーが目新しくてイイ感じ
(ビギン編集部 スガ)

その手があったか! で、勝手ながらタクティカルアロハと名付けたい

ここ数シーズン底堅く人気継続中のアロハシャツ。それだけに巷のアロハと差をつけるのが難しいとも言えますが、「×ミリタリー」という手があったとは!

この新戦力を開発したのはヒューストン。日本発のオーセンティックミリタリーブランドです。

もともとコンパクトなシルエットのレーヨンアロハは同社の定番アイテムでしたが、この夏は満を持してのカモフラージュ柄がリリース。

タグやボタン、ポケットなどの細部が無骨なミリタリーディテールのため、パッと見の雰囲気はアロハシャツのそれとはだいぶ異なります。

でも、袖を通してみれば涼しい開衿のアロハシャツ。無骨すぎずリラックスしすぎずの塩梅が、今までのアロハとは一線を画します。日本人の体型にジャストなサイズ感も魅力。

衿元の第1ボタンまで留めれば、また違った印象の着こなしも。と、コーディネートの新鮮な武器として、アウターでも一枚でもフル活躍するでしょう!
 

♯ヒューストンって?

ヒューストンのロゴ

ユニオントレーディング(旧マキノ商事)によるブランド。日本で初めて自社オリジナルのフライトジャケットを生み出した、日本発のオーセンティックミリタリーブランドだ。

♯リップストップの生地を使用

リップストップの生地を使用

ポケット部分にはポリエステル製のリップストップ生地を採用。引き裂き防止の太い繊維が格子状に編み込まれ、強度を増している。

♯よりミリタリーチックなアイテムもあり

ハーフスリーブシャツとカーゴショーツ

左上/ヘビーウエイトのポプリン生地にミリタリーワッペンをちりばめた、男らしいハーフスリーブシャツ。5900円。右下/シェル素材のカーゴショーツ。ワイドシルエットを採用。7900円。
 

♯迷彩柄 ♯オープンカラー ♯レーヨン

(問)ユニオンネットストア
☎ 048-643-5110
https://www.houston-book.com/
 

※表示価格は税抜き


[ビギン2019年9月号の記事を再構成]写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/礒村真介

特集・連載「お値打ちモノgram」の最新記事

ここまでミリタリーなアロハシャツってありそうでなかった!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ