string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  

旅先でキャンピングカーをレンタルするスタイルをオススメする5つの理由

これからキャンピングカーの購入を検討している人にオススメしたいのが、まずはレンタルで体験してみること。特に、最近はキャンピングカーのレンタルサービスも増えているので、気軽に体験ができるようになっています。休日にキャンピングカーを借りて出かけるのもいいですが、筆者が実際に体験してみて予想以上に楽しかったのが、旅先でキャンピングカーをレンタルするというスタイル。沖縄県の西表島で体験してきましたので、その模様をレポートするとともに、オススメしたい理由をお伝えしましょう。

旅先でキャンピングカーをレンタルするスタイルをオススメする5つの理由

【理由その1】
レンタカー+宿泊と同等の費用

西表島は言わずと知れた沖縄県の八重山列島に属する島。島の面積は広いのですが、公共の交通機関は1日4便のバスしかないので、宿泊する人はレンタカーを借りることが多いようです。で、家族4人の宿泊費とレンタカーの費用を考えると、キャンピングカーを借りて泊まるのとあまり変わりません。それならば島内を自由に移動できて、景色のいい場所で泊まれたほうが気分がよさそうと、キャンピングカーをレンタルしてみることにしました。利用したのは島内で唯一キャンピングカーをレンタルできる「メラマウリゾート」(http://www.mellemau.com/campingcar/)です。

旅先でキャンピングカーをレンタルするスタイルをオススメする5つの理由

【理由その2】
運転も気負わずにできる

初めてキャンピングカーを運転するとき、気になるのはやはりその車体サイズでしょう。特にレンタカーに多いキャブコンと呼ばれるタイプのキャンピングカーはサイズも大きく、いきなり運転して出かけるのはハードルが高く感じるかもしれません。その点、西表島の交通量は少なく、狭い住宅地の中を通り抜けたりすることも少ないので、キャンピングカーデビューには最適。特にキャブコンタイプは横風の影響を受けやすく、スピードを出しすぎると横転の危険もあったりするのですが、島内にはスピードを出すような道があまりなく、急いで移動するようなこともないので、気分的に余裕を持って運転できます。

旅先でキャンピングカーをレンタルするスタイルをオススメする5つの理由

【理由その3】
車中泊に向くスポットが多い

キャンピングカーや車中泊に慣れていないと、意外と迷うことになるのが「どこで泊まるか?」ということ。クルマが駐められるスペースがあるからといって、どこでも泊まっていいわけではありませんし、景色がよくていい気分で目覚められるスポットを探すのは、知っている場所でないと割と難しかったりします。でも、西表島は景色のいいスポットが多いですし、「メラマウリゾート」ならクルマを借りる際にオススメの場所をいろいろと教えてくれます。島内は公共のトイレ施設なども充実していて、しかもキレイなのでその辺の心配もありません。

旅先でキャンピングカーをレンタルするスタイルをオススメする5つの理由

【理由その4】
サポートが充実している

今回利用した「メラマウリゾート」では、キャンピングカーを借りる際に運転に注意するべきポイントや、「この店に行くなら駐車場はここを利用するといい」といった情報を実に細かく教えてくれます。ガソリンスタンドはどこが入れやすいなどということまで教えてくれるのは、移動範囲が限られる島ならではのポイントでしょう。また、寝具やシャワーを浴びる際に使うシャンプーなど、さらに夜に車外に出る際のヘッドランプなどまで全て貸してもらえるので、手ぶらに近い状態で訪れてもキャンピングカー生活を楽しむことができます。

旅先でキャンピングカーをレンタルするスタイルをオススメする5つの理由

【理由その5】
リゾート気分を満喫できる

キャンピングカーの魅力は、ちょっとしたお出かけでも非日常気分を味わえること。そういう意味では、豊かな自然など見どころの多い旅先でレンタルするのはオススメです。ホテルのベッドで目覚めるのもいいですが、海の見える岬で目覚めてそのまま車外で朝食を食べたりすると、よりその土地の空気感などを味わえます。自宅近くでキャンピングカーを借りて出かけるのも楽しいですが、出かけた先でレンタルすれば気分のいい場所だけを運転できるので、ドライバーも気持ちいいですし、寝泊まりする家族もよりリゾート気分を満喫してくれるはずです。

写真・文/増谷茂樹

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ