array(36) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/60059/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "hQ3bBTcYv6lz15Wmi9g9HOOH_ur94IGK2FOud3umStcwY3QaC5Oa3w=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 6c2e384f59feb64a0c739aee7f890066.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(13) "157.55.39.136"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["HTTP_PRAGMA"]=>
  string(8) "no-cache"
  ["HTTP_CACHE_CONTROL"]=>
  string(8) "no-cache"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.97"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "50962"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/60059/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1547828912"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
コレ見て挑戦してみよう! 憧れのデニム on デニムスタイル|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ワーク×デニム

ワークの定番ともいえるデニムオンデニムは、憧れるけど失敗しそうで挑戦しにくいスタイル。組み合わせは他のセットアップと同じ発想で、まずは上下同色をチョイスしよう!

濃紺のセットアップで品のよさを演出
リーバイス ビンテージ クロージングのデニムジャケット×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

リーバイス ビンテージ クロージングのデニムジャケット×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

ジャケットのセットアップスタイル同様、デニムオンデニムでも濃紺ベースなら難易度も低めに。アメリカブランドのオンパレードなのにワーク臭がしないのは、デニムの細さや、タートルネックのチョイスのおかげだ。主役にしがちなネイティブベストをレイヤードすれば、さらに玄人な装いに。

モデル着用/アー・ペー・セーのプチニュースタンダード2万円(アー・ペー・セー カスタマーサービス) リーバイス ビンテージ クロージングのデニムジャケット4万8000円(リーバイ・ストラウス ジャパン) センチネラのベスト8万円(ビームス プラス原宿) エディフィスのニット1万3000円(エディフィス 新宿) パラブーツの靴8万4000円(パラブーツ青山店) カポジーロ フィレンツェの帽子6800円(トール フリー) スーパー バイ レトロスーパーフューチャーの眼鏡2万7000円(ブリンク・ベース)

1UPテク!

シックなネイティブベストで大人の個性を主張しよう!

シックなネイティブベストで大人の個性を主張しよう!
デニムオンデニム×ネイティブベストというアメカジ合わせなのにシック。ひとつひとつが主役級の定番アイテムでも落ち着いたトーンで構成することで、大人っぽさが生まれるのだ。
 

色落ちジャケットもブルースリムでラフさを軽減
リーバイス オーソライズド ビンテージのデニムジャケット×クロのディアマンテ

リーバイス オーソライズド ビンテージのデニムジャケット×クロのディアマンテ

一歩間違えたらカムバック’80sなコーディネートになってしまいがち。が、リジッドのスタイリングと同様スリムデニムを選択し、色のトーンを合わせると意外とアリでしょ? デニムジャケットは着丈が短いので、インナーには着丈の長めなTシャツを合わせてデニムとの架け橋にするのがオススメ。

モデル着用/クロのディアマンテ2万3000円(クロ ギンザ) リーバイス オーソライズド ビンテージのデニムジャケット2万5000円(リーバイ・ストラウス ジャパン)デッドフィーリングスのロングTシャツ1万円(ネペンテス) コンバースのスニーカー1万2000円(コンバースインフォメーションセンター)

1UPテク!

Tシャツの裾はジャケットより長く!

Tシャツの裾はジャケットより長く!
デニムオンデニムのコーデのキモは、Ⅰラインのシルエットを保つこと。そのために、着丈の長い(パンツのジップ部分の中間くらい)Tシャツを挟み、上下の馴染みをよくするのが鉄則だ。
 

カバーオールにはド直球のリジッドワイド!
オアスロウのデニムジャケット×オアスロウの101ダッドジーンズ

オアスロウのデニムジャケット×オアスロウの101ダッドジーンズ

濃紺のカバーオールは普遍的なアメカジアイテムゆえ、馴染みのいいリジッドワイドを合わせるのが正解だ。インナーはシャツやタイ、ジレでトラッド風味に味付けし、無骨さを緩和。

モデル着用/オアスロウの101ダッドジーンズ1万3000円(ベースデニムプロダクツ) オアスロウのデニムジャケット2万4800円(ベースデニムプロダクツ) ビームス プラスのベスト1万9000円 ローイング ブレザーズのシャツ1万9000円(以上、ビームス プラス 原宿) フガマッリのタイ1万4000円(ビームス ハウス 丸の内) クラークス オリジナルズの靴2万3000円(クラークスジャパン) アメリカン トテンチの帽子5000円(ユーソニアン グッズ ストア) ルノアの眼鏡3万7000円(ザ パークサイド ルーム)

1UPテク!

シャツにネクタイをインして立体感を
シャツにネクタイをインして立体感を

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

facebook facebook WEAR_ロゴ